PL学園

「PL学園」に関するニュース記事一覧です。「PL学園」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

PL学園の人気記事話題にあがった記事からピックアップ

PL学園の新着記事RSS2016/12/04更新 最新情報をチェック!

PL学園11・3「ラストゲーム」3年生の引退試合
大阪大会で初戦敗退し涙ながらに整列するPL学園ナイン(写真は2016年7月15日) 今夏大阪大会で休部したPL学園硬式野球部の“ラスト...
松坂から4安打、PL学園の核弾頭・田中一徳の後悔
田中一徳(横浜ベイスターズ) 田中一徳 (Kazunori Tanaka) 1981年生まれ。兵庫県尼崎市出身。PL学園高校では2年生...
 誰しも若い頃、胸を熱くし、夢中になった漫画があったことだろう。しかし多忙になるにつれ、漫画を手に取る機会も少なくなっていく。人生も折...
夏の終わりにドラフトライター小関順二氏が振り返る『PL学園の軌跡』
今年の夏の甲子園も昨日で幕を閉じたが、この夏は様々なドラマがあり、また涙もあった。その中でも地区大会中に大きな注目を集めたのが、今夏で...
これが事実上の「決勝戦」なのか……。夏の甲子園が開幕して1週間、すべての出場校が登場し早くも2回戦が行なわれているが、今日14日の第4...
佐久長聖・鈴木“兄弟甲子園”も敗れる 13歳上の兄がPL学園で出場
「全国高校野球・1回戦、鳴門3-2佐久長聖」(7日、甲子園球場) 聖地に立って、あらためて兄の大きさを知った。「チャンスで三振したこと...
一時代を築いたPL学園「最後の夏」が終焉――かつて日本中を席巻した名門のいない甲子園を思う
夏の風物詩『全国高校野球選手権大会』。100年を超える歴史の中で、幾多の名勝負・名場面を生み出してきた通称『夏の甲子園』が8月7日から...
《PL学園・最後の夏に挑んだ親子のドキュメント》二重苦―PL学園野球部休部と大病―の先に輝く光
PL学園野球部13名の一人、土井塁人の父・崇正は、筆者の高校の後輩である。 一方、世間では「PL学園野球部の最後の戦士」、しかも「急性...
 8月。間もなく、甲子園本大会が幕を開ける。今年の地方大会は例年以上の接戦、番狂わせのゲームが多く、見どころに尽きなかった。  そのな...
山田哲人(ヤクルト)、高校時代に覚醒をもたらした2つのPL学園戦
8月。間もなく、甲子園本大会が幕を開ける。今年の地方大会は例年以上の接戦、番狂わせのゲームが多く、見どころに尽きなかった。 そのなかの...
早実、PL学園など/甲子園出場を逃した主なチーム
早実対八王子学園八王子 試合後の囲み取材で涙を拭う早実・清宮(撮影・足立雅史) 夏の甲子園を目指す地方大会は31日、全日程が終了。地方...
PL学園野球部が伝統に幕、「帰れる場所をつくっていただきたいです」
甲子園で有名だったアルプススタンドの鮮やかな「PL」の人文字による応援。写真は2003年の第...
PL学園野球部は休部するのにOBへ寄付の要請があったのはなぜか
101年の高校野球史に偉業を刻んだPL学園野球部が事情上の消滅となった。 学園側は2年前から新入部員の募集を止めていたため、7月15日...
PL学園の輝かしい歴史に“終止符”...大阪勢力図の変化とは
ヤクルト・山田哲人【写真:編集部】 大阪を支配する2大勢力、大阪桐蔭と履正社 PL学園の輝かしい歴史に終止符が打たれたこ...
“最後の夏“を終えたPL学園 2004年以降も数々の逸材輩出、その顔ぶれは?
今季からドジャースでプレーしているPL学園2007年卒・前田健太【写真:Getty Images】 名選手だけでなく、漫...
高校野球の名門、PL学園は2016年7月15日に行われた第98回全国高校野球選手権大会大阪大会の初戦(2回戦)で、東大阪大柏原に6-7...
PL学園の今後はどうなる?再興は可能か?
KKコンビの時代、松坂率いる横浜との延長17回の激闘と、PL学園は甲子園に歴史を刻んできた。 春夏制覇を含め、春3度、夏4度の甲子園優...
PL学園野球部が初戦敗退で休部!ファンから悪しき伝統を悔やむ声
高校野球の名門PL学園が夏の全国高校野球選手権大会大阪府大会1回戦で東大阪大柏原に接戦の末敗れ、栄光の歴史にひとまずの幕を閉じた。 最...
“最後の夏“を終えたPL学園 1990年代には数々の逸材を輩出、その顔ぶれは?
松井稼頭央、サブロー、今江敏晃などプロで活躍する野手が多く占める PL学園の最後の夏は、初戦で東大阪大柏原に6-7で敗戦。多くの高校野...
PL学園OBなきぼくろ氏「復活糸口になる漫画を」
なきぼくろ氏<高校野球大阪大会:東大阪大柏原7-6PL学園>◇15日◇2回戦◇花園中央公園野球場 今夏限りで休部するPL学園が初戦で散...