心理学

「心理学」に関するニュース記事一覧です。「心理学」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

心理学の人気記事話題にあがった記事からピックアップ

  • 恋愛のテクニックは古今東西さまざま。専門家を名乗る方々も世の中にはたくさんいます。そのようなある意味プロと言える方々でも意識しているのが「心理的要素」、つまり心理学です。今回はこの恋愛心理学について記載していきます。恋愛心理学とは?そ...
    恋愛心理学の4つの法則と心をつかむ7つの恋愛テクニック

心理学の新着記事RSS2018/02/24更新 最新情報をチェック!

【心理学】恋が女性をキレイにする科学的理由
「恋をするとキレイになる」。もとが広告のコピーなのか女性誌の見出しなのかは不明だが、よく聞く言葉だ。これだけ常套句のように使われるとい...
【心理学】「恋は盲目」はウソだった?
「恋は盲目」という言葉がある。相手に対する恋心が強すぎるあまり、まわりが見えなくなって正常な判断ができなくなってしまう 状態を表すもの...
「不倫夫の記憶」を心理学で捨て去る方法
配偶者の不倫を知ったとき、「許して楽になりたい」と願っても、「怒り」から自由になるのは難しい。相手が責任を認めない限り、脳は「怒り」や...
【心理学】非婚化の原因は恋愛至上主義にあり!?
国勢調査によると、男性の未婚率は25~29歳で7割、30~34歳で5割弱に上る。1980年にはそれぞれ55.2%と21.5%であったこ...
なぜ男は"裾クイ"に弱いのか... 拗らせ女子に届け! 心理学者が「君に届け」から恋愛指南
「恋愛セオリー 『君に届け』が教えてくれる手の届かない恋を成就させる方法」1,404円(税込)もっと画像を見る少女マンガ『君に届け』を...
挫折せずに仕事を毎日続けるコツ 仕事の渋滞を「心理学」で解決
仕事をためないために「毎日やる」ことは重要ですが、そこには困難な壁が立ちはだかり、毎日やると決めても仕事がたまりがちなものです。また、...
なぜ仕事はたまるのか? 『仕事の渋滞は「心理学」で解決できる』より
仕事をまとめて一気に処理しようとする人は多いようですが、果たしてそれは今の時代に適切な方法なのでしょうか?仕事がたまるのは能力ではなく...
【心理学】「女性は押しに弱い」って本当?
恋に悩む男性の方々に朗報! よく「女性は押しに弱い」と聞くけれど、心理学的にはこれはあながち間違いではないんだとか。要するに、愛の告白...
【心理学】男女別!ヤキモチが焼ける体の部位
カップルの揉め事の多くは、どちらかのヤキモチに原因があるといっても過言ではないだろう。恋人が自分以外の異性と仲良くしている様子を見て、...
「つみたてNISA」は楽して合理的に投資できる選択肢〜マネーハック心理学
2018年1月から、私たちにとってはなかなか良い制度がひとつスタートしました。「つみたてNISA」です。NISAというのは少額投資非課...
見ためを極めて相手を見抜こう『「なるほど!」とわかる マンガ見ための心理学』
あっという間に1月が終了し、2月に突入。出会いと別れの季節が徐々に近づいているということで、今回は見ためについての1冊を紹介します。 ...
心理学者・晴香葉子さん&DJあおいさんがアンサー! 6つのタイプ別“恋ができない女子”からの脱出法
巷はバレンタインで盛り上がっているのに、その陰で人知れず悩む乙女たちが実はたくさんいるんです。今回は、“恋ができない”状況から抜け出す...
【心理学】スキンシップへの意識に男女差あり
女性からさりげないボディタッチを受けると、思わずドキッとしてしまうことがある。男の単純さを思い知らされる場面だ。だが、男性から女性に対...
【心理学】ムラムラ...は恋愛成就のチャンス
世の中にはまるで色気を感じさせない女性もいれば、見るからにエロティックな女性もいる。これは単にプロポーションの問題ではなく、男側の気分...
誰にでも苦手な相手は存在する。「アドラー心理学」を日常生活に役立てる方法
タイトルからもわかるとおり、『悩みが消える「勇気」の心理学 アドラー超入門』(永藤かおる著、岩井俊憲監修、ディスカヴァー・トゥエンテ...
恋愛心理学の4つの法則と心をつかむ7つの恋愛テクニック
恋愛のテクニックは古今東西さまざま。専門家を名乗る方々も世の中にはたくさんいます。そのようなある意味プロと言える方々でも意識しているの...
【心理学】心理実験でわかった“ベスト”な浮気への対応
連日メディアを賑わせる、不倫や浮気の話題。やはりこの手のゴシップは人々の関心を引き付けてやまないようで、「え、あの人が!」と驚かされた...
【心理学】「誰しもナルシスト」実証される!?
自分の容姿について、妙に自信ありげな人がいる。キメ顔で写真に収まっている人を見ると、思わず「ナルシストめ…」と心で毒づいてしまうのは筆...