噴火

「噴火」に関するニュース記事一覧です。「噴火」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

噴火の人気記事話題にあがった記事からピックアップ

噴火の新着記事RSS2017/06/27更新 最新情報をチェック!

「櫻井翔タイプじゃない」尼神インター・誠子、『VS嵐』での発言に「何様だよ」とファン大噴火
ウインクなう pic.twitter.com/Sj4Okfx5St — 尼神インター 誠子 (@seiko1204) 2017年5月2...
なんと面積9倍に!噴火で爆誕した島とドッキングし超拡大した西之島を反映した地図が刊行
2013年11月20日、小笠原諸島の西之島で噴火があったことを覚えているでしょうか? 小笠原諸島付近の噴火でできた新しい島、今もなお...
変わる活火山の定義:日光男体山「7000年前の噴火確認」活火山に認定
中禅寺湖を望む日光男体山(及川輝樹さんが2008年9月に撮影/気象庁)40代以上であれば、火山には「活火山」「休火山」「死火山」の3種...
西之島「噴火前の9倍に」せっかく地図ができたのに...地理院25年ぶりに改定
西之島の新旧地図の比較。右が国土地理院が25年ぶりに更新した最新版(提供:国土地理院)国土地理院は21日、噴火によって約9倍に広がった...
カムチャッカ五大火山が一斉噴火 航空コードはオール危険度2
近年、最大規模の噴火を起こしたシベルチ山では、溶岩ドームが成長しつつある(volkstat.ru)北海道のはるか北東に位置するロシア・...
噴火兆候は?日光市の「男体山」 新たに活火山認定
上記画像またはこの文言をクリックすると元記事にて動画が再生できます 栃木県日光市の男体山について、気象庁は新たに「活火山」に認定しまし...
西之島の噴火活動「2014〜2015年並み」溶岩塊1分毎に噴出
前回と同程度にマグマ活動が活発化している西之島(気象庁気象研究所)今年4月、約1年5カ月ぶりに噴火活動を再開した小笠原諸島の西之島につ...
再び噴火の西之島 最初の噴火時と同じくらい活発に
上記画像またはこの文言をクリックすると元記事にて動画が再生できます 再び噴火した小笠原諸島の西之島の活動が、最初に噴火した当時と同じく...
イエローストーン国立公園 がかかえる火山の時限爆弾、マグマと噴火の関連性(アメリカ)
アメリカ、アイダホ州、モンタナ州、及びワイオミング州に位置するイエローストーン国立公園は北アメリカ大陸最大の火山地帯に位置する。現在で...
気象庁は16日、桜島(火口周辺警報=噴火警戒レベル3、入山規制が継続)に関する解説情報を出した。それによると、桜島は南岳山頂火口および...
中米コスタリカ 噴火で泥流発生 有毒ガス広がり 野生生物死滅か?
リンコン・デ・ラ・ビエハ火山の噴火で発生した泥流。硫化水素を含む火山性堆積物が一気に流れ落ちる(OVSICORI-UNA)中米コスタリ...
最高危険度の赤色航空コード!第二の西之島・ボゴスロフの噴火が止まらない!
アラスカ・アリューシャン列島のボゴスロフ火山が再び噴火した(写真は11日の噴火のようす/Cyrus Read/AVO/USGS)13日...
普賢岳噴火の脅威を肌で感じる 南島原市「道の駅みずなし本陣」
島原半島にある雲仙岳と、有明海に挟まれた場所に建つのが道の駅「みずなし本陣」です。施設内には島原名産のお土産や、地元食材による郷土料理...
カムチャッカ半島東部・二大火山で爆発的噴火続く 南部も活発化
カムチャッカ半島最高峰でカムチャッカ富士とも異名を持つクリュチェフスカヤ山で大規模な爆発的噴火が発生(写真は昨年9月28日の噴火の様子...
チリ・アンデス山脈 ネバドスの大噴火に続きコパウエも警戒レベル引き上げ...
「万年雪」を意味する「ネバドス」も真っ黒に変わる5日の爆発的噴火(SERNAGEOMIN)南米アンデス山脈では、チリとアルゼンチンの国...
桜島で噴火、噴煙が火口から高さ3200mまで到達
みぃやさん(鹿児島県垂水市)2017/06/06 08:30 ウェザーニュース今日6日(火)7時56分頃、桜島の昭和火口で噴火があり、...
噴火の代名詞ストロンボリで活動激化 地下浅いマグマだまり明らかに
地中海の灯台と称されるイタリア・ストロンボリ島のストロンボリ火山が火山活動を激化させている(撮影:Thierry Basset)イタリ...
西之島 噴火再開から1カ月 止まぬ噴煙 溶岩流で海面が茶色に
今月24日の西之島のようす(撮影:海上保安庁)噴火活動の再開から1カ月余り経過した小笠原諸島の西之島では、現在も噴煙が盛んに上昇してい...