噴火

「噴火」に関するニュース記事一覧です。「噴火」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

噴火の新着記事RSS2016/12/11更新 最新情報をチェック!

噴火が起きた時の避難計画を自治体が作るためのポイントをまとめた政府の手引きが公表されました。地元住民だけでなく、登山者や観光客の避難も...
突発噴火時は「緊急退避」を、避難計画の手引き改定
 戦後最悪の火山災害となったおととし9月の御嶽山の噴火を踏まえて、活火山の周辺にある自治体が避難計画を立てる際の手引きを内閣府が...
内閣府は9日、突発的な火山噴火に対応するため、自治体が策定する避難計画の手引を改定した。噴火警戒レベルが1であっても、噴気や地割れなど...
日本気象協会が選ぶ「2016年お天気10大ニュース・ランキング」決定 1位は「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」
日本気象協会は「2016年お天気10大ニュース・ランキング」を発表。第1位には「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」が選ばれ...
大噴火30年 伊豆大島「火山対策の課題」
今年は10月に熊本県の阿蘇中岳で36年ぶりの爆発的噴火が起き、西日本の広い範囲で火山灰が降りた。2014年、戦後最悪の火山災害となった...
福岡管区気象台と鹿児島地方気象台は、これまで火山名「霧島山」で火山活動状況などを知らせていた「えびの高原(硫黄山)周辺」について、6日...
箱根山噴火→風評被害も補償 東京海上日動が新商品
箱根山噴火の風評被害などを補償する商品が登場しました。 東京海上日動は、今月から、神奈川県の箱根山が噴火した場合に、旅館などに一定額を...
2017年は「死者1億人」のカルデラ噴火と南海トラフ地震に注意!? 科学者&予言者が危惧する地震・噴火まとめ
イメージ画像:「Thinkstock」より ■スーパームーンと地震の関係は偶然ではない!  今月14日、ニュージーランド南島クライスト...
日光白根山と霧島山にも噴火警戒レベル適用へ
国内で噴火警戒レベルが運用されている火山(提供:気象庁)栃木と群馬の県境に位置する日光白根山と、鹿児島と宮崎にまたがる霧島山のえびの高...
気象庁は、日光白根山と霧島連山の硫黄山で、来月6日から火山の活動状況に応じて警戒範囲などを定めた『噴火警戒レベル』の運用を始めると発表...
伊豆大島で噴火に備え訓練 課題検証へ
噴火による全島避難から30年の21日、伊豆大島では島の全域に避難指示が出たという想定で訓練が行われた。  訓練は三原山が噴火して島の...
三原山大噴火30年 次は?...気になる周期とデータ
火山の噴火で、島に住むすべての住民1万人が避難した日から30年が経ちました。
三原山大噴火から30年 “全島避難”防災訓練
伊豆大島の三原山の大噴火から21日で30年です。東京・大島町などでは、住民や警視庁、自衛隊などによる大規模な防災訓練が行われました。 ...
全島避難から30年 三原山噴火に備え訓練
三原山の噴火による全島避難から30年が経過した21日、伊豆大島では次の噴火に備えて訓練が行われた。  訓練は、三原山が噴火して避難指...
千島列島北部のエベコ火山が噴火
カムチャッカ半島の南に位置する千島列島北部のエベコ火山(写真は2009年の噴火の様子/撮影:Leonid Kotenko/ Insti...
阿蘇山噴火!! 予知はできた?地震・火山列島を検証する
阿蘇山噴火!! 予知はできた?地震・火山列島を検証する月刊SORA 11月号より2016/11/11 17:21 ウェザーニュース去る...
熊本地震→阿蘇山噴火→博多陥没... 九州で不幸が連続する理由を徹底考察
画像は「ANNnewsCH」より引用  今年に入ってから、九州は立て続けの災難に見舞われている。4月14日の熊本地震、6月の豪雨、10...
登別温泉の大正地獄 熱湯噴出が断続的に続く 噴火の予兆なし
高さ1.5〜2メートルまで熱湯が噴出している登別温泉町の大正地獄(提供:札幌管区気象台)北海道の登別温泉近郊にある間欠泉「大正地獄」で...
南米アンデスの高原に超巨大火山の噴火につながるマグマドームを発見
南米アンデス山脈の山々の間に広がるアルティプラーノ高原で、マグマだまりが隆起してできた世界で2番目に大きなドーム状の地形を、米地質調査...
噴火から3年の「西之島」 測量船「昭洋」が調査へ
海底火山の噴火によって拡大した小笠原諸島の西之島を調査するため、海上保安庁の測量船が東京・お台場から出港しました。 西之島は2013年...