憲法9条

「憲法9条」に関するニュース記事一覧です。「憲法9条」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

憲法9条の人気記事話題にあがった記事からピックアップ

憲法9条の新着記事RSS2016/12/06更新 最新情報をチェック!

憲法9条のことを外国人は知らない --- 神谷 匠蔵
ときどき見かける護憲派の議論の中に、憲法9条は「世界に誇れる平和の規範」という主張がある。実際NHKの世論調査などによると、世界に先駆...
吉永小百合が「戦争反対を言えない空気」に危機感を表明し「憲法9条は絶対に変えさせない」と戦闘宣言
TBSラジオ『今晩は吉永小百合です』公式サイトより 日本を代表する女優・吉永小百合が、71度目の終戦記念日を直前に控えて、反戦と平和、...
憲法9条を守ろうとする人が「自衛隊は大切」とは絶対に言わぬ二枚舌
参院選は自民、公明の与党大勝となり、野党は惨敗という結果に終わりました。一方、参院選で憲法9条の改正に言及しない安倍首相の選挙戦略に...
イギリスの二の舞? 国民投票で憲法9条改正が現実的になる危険性とは
国民投票でEUからの離脱を選択し、全世界を驚かせたイギリス。 投票やり直しを求める署名が集まるなど混...
いまさら聞けない「憲法9条と自衛隊」~本当に「憲法改正」は必要なのか?
〔PHOTO〕gettyimages 文/木村草太(首都大学東京教授) 前編【憲法学者・木村草太が各党の「改憲」マニフェストを読む】は...
憲法9条改正に賛成の可能性示す おおさか維新
おおさか維新の会の馬場幹事長は、憲法9条の改正について「国民投票に掛けられる可能性を否定するものではない」と述べ、賛成することがあり得...
憲法9条めぐり識者4人が激論 「改正を」「護るべき」「削除を」...
憲法9条について異なる立場を取る識者4人の意見を戦わせるイベント「公開熟議 どうする?憲法9条」が2016年6月8日、東京・内幸町の日...
「メディアは両論併記ではなく、議論の場を作るべき」GoHooが「憲法9条」シンポ
日本報道検証機構の楊井人文代表昨年の安保法制の成立をめぐる議論の過程で注目を集めた「憲法9条」。今後、憲法改正論議が進めば、憲法9条の...
芸能人が「憲法9条を守れ」と主張し始めた! 鶴瓶、たけし、坂上忍、中居正広、渡辺謙、山崎まさよしも...
左・笑福亭鶴瓶公式サイト「つるべ.net」/中・山崎まさよし OFFICIAL WEBSITE/右・アヴァンセプロダクション・スクール...
今日が命日...忌野清志郎の「表現の自由を奪う圧力」との闘い、そして憲法9条への美しすぎるメッセージ
DVD『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM #1〜入門編〜』 (ユニバーサル ミュージック) 2009年の5月2日...
日本の未来予測した米書「核保有」「憲法9条改正」を予言
米国で話題の書 アメリカで発売され、話題となっているかつての「日本叩き」の急先鋒であるクライド・プレストウィッツ氏の書『JAPAN R...
改憲選挙を前にして考える――憲法9条vsコスタリカ憲法
「非軍備で戦争の意思がないことを示すことが抑止力になっている」  いよいよ憲法改正が政治的スケジュールに乗るか乗らないかという話題が世...
憲法9条を大声で斉唱する予備校の動画が流出!宗教かよと話題に
国民は、昨年からにわかに日本が戦争状態に突入するのではないかという不安がこみあげてきて、その発端となっているのが、安全保障関連法案の改...
在任中に憲法改正を宣言した安倍首相を倉本聰が強烈批判!「平和のために憲法9条という卑怯を引き受けろ」
倉本聰『昭和からの遺言』(双葉社) ついに安倍首相が2日の国会で憲法改正について「私の在任中に成し遂げたいと考えている」と表明、今年夏...
「憲法9条にノーベル平和賞」で喜ぶのは韓国 「反日」で鳴らす米国人学者も関与、政治的意図は明確だ
日本の実行委員会は、発足当初から韓国はじめ中国、米国などに憲法9条をノーベル平和賞の候補として推薦することを熱心に呼びかけてきた。こう...
日本の憲法9条にノーベル平和賞を運動 韓国で活発に
日本の護憲派を韓国が後押しする構図 Rodrigo Reyes Marin/AFLO 韓国は慰安婦問題等で直接的に日本を批判するだけで...
護憲派でも改憲派でもない、今こそ議論すべき憲法9条改正「第3の選択肢」とは?
今年の夏に控えた参院選で争点になりそうなのが、安倍首相が強い意欲を示す「憲法改正」だ。今後、「改憲派」と「護憲派」の間で激しい論争が繰...
「護憲派」太田 憲法9条に持論2分半
「護憲派」を自任する爆笑問題の太田光(50)が13日放送のTBS系「サンデージャポン」(日曜、前10・00)で、憲法9条について2分2...
一周忌に改めて明かされた菅原文太の憂国の思い...「安倍首相は深く考えていない」「憲法9条は死守せねば」
『菅原文太 日本人の底力』(宝島社) 戦後70年という節目の最後の月に飛び込んできた、作家・野坂昭如氏の訃報。戦争の悲惨さを訴え、最期...