高齢者

「高齢者」に関するニュース記事一覧です。「高齢者」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

高齢者の新着記事RSS2017/02/28更新 最新情報をチェック!

高齢者の肝がん手術 方針の違いで5年生存率に大きな差が...
患者の選択の概念図(週刊朝日ムック『いい病院2017』より)  高齢者(75歳以上)のがん手術は、余命を延ばしているのか? 週刊朝...
障害者や高齢者も楽しめる「デュアルスキー」 長野で試乗会
障害者や高齢者、スキーの未経験者でも雪のゲレンデが楽しめるデュアルスキー(着座式スキー)の試乗会が長野県飯綱町(いいづなまち)のスキー...
駐車場内で高齢者運転のクルマが暴走、店の建物に突っ込む
21日午前10時55分ごろ、栃木県矢板市内にある商業施設敷地内の駐車場で乗用車が暴走し、ドラッグストアの建物に突っ込む事故が起きた。こ...
郵便局、全国2万局で格安スマホ販売の衝撃と不安要因...カタログ販売で高齢者囲い込み
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、MVNO(仮想移動体通信事業者)として展開する個人向けモバイル通信サービス「IIJmio」と...
高齢者「75歳以上」は妥当?
慣例的に65歳以上とされている高齢者の定義を、75歳以上に引き上げてはどうか-。日本老年学会などが先月行った提言は、元気な高齢者に社会...
多発する高齢者の踏切事故 警視庁が緊急対策会議
東京都内の踏切で高齢者が電車にはねられて死亡する事故が相次いでいることを受け、警視庁が鉄道会社などと緊急の対策会議を行いました。 10...
[埼玉県]高齢者安全運転推進員を派遣
埼玉県(732万3400人)は、高齢ドライバーが原因となる交通事故を防止するため、高齢者安全運転推進員を派遣して講習会を実施している。...
「老後に必要な資金が十分」と回答した高齢者の割合は?
老いの工学研究所はこのほど、「高齢期への備えに関する調査」の結果を明らかにした。同調査は1月25日~2月10日、41歳~86歳の男女2...
高齢者の入居に「拒否感」を覚える民間賃貸住宅の家主は7割に上るという。超高齢社会にとって由々しき数字である。 一方で人口減などから、ア...
高齢者の社会参加は十分か-65歳以上高齢者の就業状況の変化
総務省統計局の「労働力調査」によれば、高齢者、特に65~74歳における就業率は、男女とも概ね一貫して上昇しており、特に60代後半の男性...
不動産業界から高齢者施設まで!スマートロックを応用したIoTエントランス
ライナフは20日、同社が提供する「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」が、三井不動産レジデンシャルリースの一部物件に導...
「昼間に」「近所で」「操作をミスって」起こる高齢者の運転事故
「車両単独」による「工作物衝突」 超高齢社会に突入している日本では、高齢者が交通事故の主役に躍り出ている。警察庁が1月19日に開催した...
激増する認知症高齢者による交通死亡事故、なぜ釈放・不起訴も?80歳以上の4割免許所有
昨年10月、横浜市で児童の列に軽トラックが突っ込み、小学1年生の男の子1人が死亡したほか、7人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法...
誇りとやりがいを持つ『高齢者風俗嬢』が日本に一石を投じる
昨秋の米大統領選に続き、今年は仏大統領選や独総選挙など欧州でも重要な政治日程が続く。水島治郎『ポピュリズムとは何か』(中公新書)は、日...
高齢者の“セルフネグレクト”が問題に...本人と家族が行うべき対処方法
2017年2月17日(金)千葉県で昨年5月に足が壊死した状態の高齢女性が、ゴミがたまった部屋から救出されていたことがわかりました。(参...
<台湾発ニッポン再発見>対岸の火事ではない...高齢者の貧困が社会をむしばんでいる
13日、台北市郊外を走るお花見ツアーの観光バスが横転し、32人の死者を出す大惨事が起きた。15日付の台湾紙・聯合報は、日本で発生した類...
日本では労働力不足を補うため75歳からが高齢者に?=「十数年後の中国を見たような気がする」―中国ネット
19日、中国の金融情報サイト匯通網が、日本では労働力不足を補うために、75歳から高齢者とすることを専門家が提案していると伝えた。これに...
「高齢者の失踪」は、近いうちになくなるかもしれない
Photo credit: h.koppdelaney via VisualHunt / CC BY-ND 冒頭から私事になり恐縮...
高齢者の過半数が望む「最期を自宅で迎える」ためのステップ3
「住み慣れた家で死にたい」。そう望む高齢者は、全体の約55%にものぼる。国が病院での入院期間を短くし、在宅で療養するようにシフトしてい...
風俗、東京五輪で壊滅危機か...梅毒など性病増加が深刻化、高齢者の風俗店利用増も原因
「男一度は伊勢と吉原」 ――かつては伊勢神宮参拝と並び称され、「一度は行かないと男になれない」といわれた遊郭の街は、現在はソープランド...