高齢者

「高齢者」に関するニュース記事一覧です。「高齢者」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

高齢者の人気記事話題にあがった記事からピックアップ

高齢者の新着記事RSS2017/07/27更新 最新情報をチェック!

おしゃべりロボットも登場、高齢者見守りサービスの未来
ここ数年で高齢者見守りサービスが爆発的に増えている。その理由としてあげられるのは、高齢化した親を心配する家族からのニーズが高まっている...
「高齢者見守りサービス」ニーズ高める“2025年問題”とは?
「日本の高齢化はこれからさらに加速し、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になるのが2025年です。認知症患者も増加し...
高齢者の悩みに朗報「便もれ」対応専用パッド登場、市場規模拡大の見通し
高齢者を中心に軽い便失禁(便もれ)で悩む人は多い。なかなか人に言えない身体の悩みだが、衛生用品大手ユニ・チャームの2万人を対象にした調...
完全に"詰んだ"「貧困高齢者」が爆増する
「高齢者は裕福だ」というイメージはもう間違いだ。高齢者が裕福だったのは「団塊の世代」の以前まで。50歳代では5割近くが「国民年金未納」...
『とくダネ!』小倉智昭も納得 認知症高齢者の行方不明に「GPS導入」も
(CreativaImages/iStock/Thinkstock)年々増加傾向にある、認知症高齢者の行方不明。2016年は、1万54...
高齢者がより活躍できる労働市場の構築を目指して-同一労働同一賃金の原則が高齢者にも適用できる取り組みの実施を-
■要旨政府は労働力人口の減少に対応する目的で2004年に高齢者雇用安定法を改正(2006年4月1日施行)し、それまで努力義務であった ...
高齢者が最良の治療を安価で受ける方法
手術やリハビリ、通院や入院、そして薬にもお金は必要。いざ病気を患ったとき、いったいいくら必要になるのか。いまのうちに準備しておくべきこ...
高齢者の歩行速度に合わせて青信号を自動調整するスマホアプリ「CrossWalk」
歩行者用信号は一定の歩行速度を前提にシステム化されているため、高齢者ら、歩行の遅い人にとっては、青信号の時間が短すぎ、横断歩道を安全に...
高齢者世帯と学生をつなぐ世代間同居のためのマッチングサイト「nesterly」
高齢者が、自宅の空き部屋を学生に貸し出し、ともに暮らす“世代間同居”が、1990年代以降、欧米で少しづつみられるようになってきた。 米...
高齢者向けコンパニオン・ロボットにトヨタが16億円出資
高齢者の生活を手助けする向けコンパニオン・ロボットを開発するイスラエルのインスティチューション・ロボティクスが、トヨタ・リサーチ・イン...
“パラサイト孫”のため食費節約...高齢者たちの悲惨な肉声
子育てが終わり、悠々自適な老後を楽しむはずが、待っていたのは子や孫に“パラサイト(寄生)”される日々。いまや社会問題化しているという、...
キレる高齢者が続出。なぜ「怒り」を抑えることができないのか?
周囲のことなどお構いなしに、怒りを露わにする高齢者の増加が顕著となっています。無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著...
米国大使館、「熱中症で倒れた高齢者を助けず」を否定―中国
13日、北京の米国大使館は、同大使館の中国人職員がビザ申請に来ていた高齢者が熱中症で倒れても助けなかったとする情報を否定した。資料写真...
ソフトバンク、スマホアプリで全国横断的な認知症高齢者見守り支援サービス
ソフトバンクは7月13日、厚生労働省が取り組んでいる広域での認知症高齢者等見守り事業への協力にあたり、同省の外郭団体である全国キャラバ...
99U:クリエイターにとっては、いわゆる定年である65歳は人生のゴールではなく、中間地点に過ぎません。今回は、67歳から101歳までの...
最後まで自分らしく生きるために...終末期医療の現場から高齢者医療を考える
『ラストディナー 高齢者医療の現場から』(老寿サナトリウム/幻冬舎)  この世に生まれてきた以上私たちはいつか必ず死ぬ。親しい家族や友...
無料で乗車した高齢者が妊婦をののしる? ソウル地下鉄の「妊産婦席」に賛否両論
ソウルの地下鉄の車両に1両に2席ずつある「妊産婦配慮席」が賛否両論を呼んでいる。実際に妊婦が「席を譲れ」と要求する老人男性にお腹を殴ら...
熱中症は梅雨明け~お盆に多発!運動・仕事中の男性と高齢者は要注意
日本救急医学会によると、熱中症の救急搬送は、梅雨明けの7月上旬から上昇、7月中旬~8月上旬にピークを迎える。  発症時刻は12~15時...
高齢者のお友だちロボットを作るIntuition RoboticsがToyota Research Instituteから$14Mを調達、早くもメリットあり
高齢者ケアのためのアシスタントロボットElliQを作っているIntuition Roboticsが、サンフランシスコにオフィスを開いた...
高齢者や耳の不自由な人でも振動で周囲の危険音を察知できるネックバンド「NUGUNA Neckband」
外でイヤホンを使う人ならわかるはずだが、耳から入る情報を遮断すると周囲の危険を察知する能力が圧倒的に下がってしまうもの。アメリカでは過...