共産党

「共産党」に関するニュース記事一覧です。「共産党」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

共産党の新着記事RSS2020/02/22更新 最新情報をチェック!

米、中国メディアへの規制強化 共産党の「宣伝活動」を非難
中国国営新華社通信のロゴ(2008年3月4日撮影、資料写真)。 【AFP=時事】米国は18日、中国国営メディア5社を外交使節団に分類...
共産党の「敵の出方論」は暴力革命である
安倍首相の共産党「暴力革命」国会答弁 安倍首相は2月13日の衆議院本会議で、日本維新の会の足立康史衆議院議員から共産党を破壊活動防止法...
共産党・小池晃議員が安倍政権を猛批判「侵略戦争を正当化」「中国批判に腰が引けている」
日本共産党書記局長の小池晃参議院議員  2月10日、一般社団法人KJプロジェクトが主催する「第8回日韓記者・市民セミナー」で、日本共産...
日本共産党はなぜ「暴力革命」の方針をとったのか
衆院本会議で、首相、「日本共産党は現在においても暴力革命の方針に変更はない」と攻撃した。昨年3月の公安調査庁の答弁を一言一句違わずにの...
志位氏が小沢塾で講演!共産党の変質は本物なのか?
共産党の志位さんが小沢一郎氏の政治塾で講演したそうだ。 「志位氏、小沢氏政治塾で講演 野党連合政権へ『決断を』」安倍政権を倒すという...
日本共産党・田村智子参院議員に聞く 「授業料値上げ・有利子の奨学金で異常事態が拡がっている」
各党の青年局長・若者担当議員に聞くインタビューシリーズ、第3弾は、日本共産党で青年学生委員会の責任者を務め、今年1月からは政策委員長と...
新型肺炎、ついに中国国内で習近平主席の稚拙な対応への批判高まる...共産党内部や国民から
1月23日、中国共産党の祝賀会に出席する習近平氏(新華社/アフロ)  新型肺炎への対応の不備を中国共産党指導部が初めて認めた。共同通信...
新型肺炎ショックが、中国共産党の「致命的弱体化」をさらけ出した
各地に「小国家」が現れ始めた 新型肺炎の感染拡大が止まらない。中国では、村人たちが自衛のために土やレンガを積み上げて、外部との交通を遮...
武漢肺炎で見る中国共産党の「詭弁」
中国武漢肺炎に関する2本の記事の内容を紹介する。 最初は、駐イスラエルのダイ・ユミン中国代理大使(Dai Yuming)がテルアビブで...
激戦の京都市長選は現職勝利。そもそも共産党と「野党共闘」に無理があるのでは・・・
こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 京都市長選 現職の門川大作氏 4回目の当選確実https://t.co/V...
日本共産党は「批判」に寛容か?
日本共産党は批判にどう「反応」したのか? 世間には「日本共産党論」が溢れている。その内容はやはり民主集中制と自衛隊・天皇制度の廃止を論...
共産党の悪口はヘイトか?京都市長選挙の茶番
「与野党相乗り現職」陣営が出した「大切な京都に共産党の市長は『NO』」という広告に対して、「共産党山本太郎相乗り陣営」やその支持者たち...
枝野氏、共産党NO広告を「存じ上げない」? 立憲・国民、両代表の苦しいコメント
京都市長選(2020年2月2日投開票)で現職候補の選挙母体が共産党を批判する内容の選挙広告を出した問題で、立憲民主党と国民民主党の両代...
新型肺炎は、中国共産党支配の「終わりの始まり」かもしれない
「武漢封鎖」と「チェルノブイリ」の類似性 感染が拡大している新型肺炎は、中国の政治指導体制に重大な影響を与えるのではないか。チェルノブ...
京都市長選「第3の男」村山候補参戦で共産党市長誕生は間違い
現在、2月2日投開票の京都市長選にて、自民・公明・立憲民主・国民民主・社会民主の相乗り現職と新人に2名による闘いが展開されている。 新...
「二段階革命」を狙う日本共産党「野党連合政権」の危険性
日本共産党の「二段階革命」とは何か 日本共産党は「二段階革命」を党の基本方針としている。「二段階革命」とは「現代日本の異常な対米従属と...
台湾総統選、蔡英文が圧勝 中国共産党「嫌われる理由」
実績の乏しい現職と地味な野党候補の対決で低調も予想された1月11日の台湾総統選で、民進党の蔡英文総統(63)が史上最多得票で再選を果た...