生活保護

「生活保護」に関するニュース記事一覧です。「生活保護」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

生活保護の新着記事RSS2017/02/26更新 最新情報をチェック!

働いて収入があるのに、これを隠して虚偽の申告書を提出し、生活保護費をだまし取っていたとして、福岡県警田川署は23日、福岡県飯塚市、飲食...
年間560万円の生活保護を受給するシングルマザー、13人目を妊娠中(英)
「赤ちゃんをこの腕に抱く瞬間がもうたまらない。私、赤ちゃんが大好きなんです」という34歳の女性が、このほど13人目の子供を妊娠中だ。末...
生活保護制度を悪用して裕福な生活を送る外国人が急増
freeangle / PIXTA(ピクスタ) アジア諸国において、日本の物価はトップレベルに位置している。その一方で、福祉も充実して...
SHAT問題で弁護士が指摘「“生活保護イコール不正受給”は間違ったイメージ」
小田原市の職員がつくったおそろいのジャンパーのバックプリントには「SHAT」の略称と乱暴な決意表明が。SWATをまねた“警察ごっこ”だ...
小田原市職員が「SHAT」を日本語で「生活保護悪撲滅チーム」と書かなかったワケ
ジャンパーの背中に大きくプリントした「SHAT」の文字。“生活保護悪撲滅チーム”の頭文字をつなげた略称だという。下に英文で「不正受給す...
山谷の住人が告発「福祉と銀行に生活保護費ピンハネされてました」
日雇い労働者の町から福祉の町へ フォークの神様と言われた岡林信康が名曲『山谷ブルース』で「今日の仕事はつらかった あとは焼酎をあおるだ...
家族から暴力、職場のパワハラ...生活保護受給者になった女性の現実「60件も仕事の面接で落ち、私はもう無理」
生活保護を巡る議論が再び巻き起こっている。生活保護受給者は「家族に頼れないのか」と言われることもあるが、実は本人がDVや虐待を受けてい...
「生活保護なめんな」 8種類も関連グッズが...
神奈川県小田原市の職員が「生活保護なめんな」と書かれたジャンパーを着ていた問題で、他にもマグカップやボールペンなど8種類の関連グッズが...
「不正受給する余裕なんてない」生活保護受給者のリアル
“小田原ジャンパー事件”を機にあらためて注目される生活保護。不正受給対策ばかりが叫ばれるなか、実際の受給者たちは何を思い、どのような生...
生活保護の受給者バッシング 防ぐには自立支援策が必要
雇用保険や年金など自立支援策が必要 職員が生活保護に関する業務に携わる際に、「なめんな」と書かれたジャンパーを着ていたことで小田原市役...
自治体の生活保護費10年で5倍等という不都合な真実
先日、小田原市の生活保護担当職員が、「生活保護なめんな」と印刷されたジャンパーを受給世帯訪問の際に着ていたことが問題となり、大きなニュ...
「生活保護急増」というシャレにならない現実〜自治体別データで見る
先日、小田原市の生活保護担当職員が、「生活保護なめんな」と印刷されたジャンパーを受給世帯訪問の際に着ていたことが問題となり、大きなニュ...
生活保護に対する誤った認識を与えかねない「なめんな」ジャンパー
市職員が生活保護「なめんな」のジャンパー 神奈川県小田原市の生活保護を担当する職員らが、ローマ字で「保護なめんな」と書いたエンブレムが...
生活保護にかかわる小田原市職員、異動希望者多い
危険と隣り合わせ。生活保護に関わる仕事の実態とは「不正受給撲滅のために闘ってほしい」「応援している。負けるな」。意外にも、渦中の小田原...
子どもの未来のために、生活保護を受けられなかったリアルな体験談
子どもの貧困問題に取り組む、NPO法人フローレンスの駒崎です。 先日、「「生活保護家庭の子は大学行っちゃダメ問題」が、国会で安倍総理に...
「ドヤ街」で高齢者増加、背景に生活保護行政 稲葉剛氏が対応批判
日雇い労働者が集まる「ドヤ街」の風景が変わりつつある。働き盛りの世代が減り、高齢者の姿が目立っているのだそうだ。背景には一体何があるの...
生活保護家庭の子は大学行っちゃダメ問題で、安倍総理に質問
子どもやひとり親の貧困に取り組むNPO法人フローレンスの駒崎です。 年初、「2017年にはぶっ壊したい、こどもの貧困を生みだす日本の5...