認知症

「認知症」に関するニュース記事一覧です。「認知症」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

認知症の新着記事RSS2020/01/24更新 最新情報をチェック!

7時間未満で発症リスク増――医師が解説「寝不足が招く認知症」
いつもなんだか眠い、眠りが浅い……そんな人は今年こそ睡眠のコンディションを見直しましょう! 放っておくと、脳へのダメージが蓄積してしま...
ダレノガレ明美、つま先立ち体操に挑戦!「認知症」のリスクを下げるには...『主治医が見つかる診療所SP』
ダレノガレ明美、つま先立ち体操に挑戦!「認知症」のリスクを下げるには…『主治医が見つかる診療所SP』 ダレノガレ明美が、1月23日(木...
捨てたゴミが元の所に...認知症の母と実姉の「ゴミ屋敷」驚愕の実態
フリー編集者の上松容子さんは、両親が30代のときに生まれたひとりっ子。東京で生まれ育ったが、両親は仲良く元気で、両親の兄妹も都内にいた...
高齢者5人に1人が発症も...「認知症薬」に決定打が出ない理由
「認知症新薬」承認申請が株価を動かす 日本は超高齢社会となっており、そこでは認知症は65歳以上の5人に1人と身近な存在だ。 私も脳の疾...
長谷川和夫医師は「痴呆症」を「認知症」と言い換えるように提言した認知症の専門医であるが、90歳を越えて自分が認知症になってしまった。い...
乳がん手術と母の認知症に追われた小説家が綴る闘病生活と介護のリアル
篠田節子さん 撮影/矢島泰輔  一昨年4月、ステージ1~2の乳がんで右乳房の全摘出手術をし、同年11月に無事その乳房再建を果たした、小...
「さらば青春の光」の森田さんが103歳で認知症の祖母に「おれ誰?」と聞いた反応に「救われた」「最高の優しさが見えた」の声!
御年103歳、ゴリゴリの認知症のばあちゃんにクソ孫がプリンを奢ってあげました。 「あんた誰や?」ってなんでこんなに笑ろてまうんやろ? ...
早期死亡率の低下、抗生物質が効かない耐性菌の撃退、うつと認知症の発症リスク低減、緑茶を飲む習慣が生む驚くべき健康効果
緑茶の持つ健康効果にあらためて注目が集まっている。最新の研究で緑茶を飲む習慣のある者は長生きすることが報告されているのだ。 緑茶を飲む...
中年期に肥満になると認知症リスクが高まる可能性、英オックスフォード大学研究
中年期の肥満で認知症リスクが高まる? 中年期に肥満だった人は、その後の認知症リスクが高まる可能性があることが、100万人を超える英国女...
「ヘディング禁止」、欧州初実施へ 認知症誘発リスクで12歳以下対象もイングランド対立
スコットランドで12歳以下のヘディングが禁止される見込みとなっている(写真はイメージです)【写真:Getty Images】 スコット...
戸塚純貴「ケアニン」続編予告で認知症女性と向き合う、公開日は4月3日に
戸塚純貴が主演を務める「ケアニン~こころに咲く花~」の公開日が4月3日に決定。あわせて予告編がYouTubeで公開された。「ケアニン~...
「低カロリー食品の王様」こんにゃくに驚愕の効能...便秘解消や認知症予防に効果か
「PIXTA」より  こんにゃくはサトイモ科の植物の地下茎を加工したものです。日本、中国、韓国などのアジア圏では古くから食用とされてき...
進む高齢化!「認知症になった伝説のヤクザ」の「世話係」に話を聞いてみた
今や若者たちが敬遠して寄りつかないヤクザ社会。そこには現在、高齢化の波が押し寄せているといいます。 映画やVシネマでよく見る“鉄砲玉”...
夫婦の認知症は「うつる」と言われる...その深すぎる理由
怒鳴る、暴れる、治る見込みはない 「『誰だ、お前は。なんで俺の家にいるんだ。出ていけ!』、毎日のようにそう主人から怒鳴られました。『私...
サッカー選手は認知症リスク3倍?ヘディング影響と英大学が発表
サッカーをずっとやっていた人は少し注意した方良いかもしれない。もちろん、ただデータが公表されたというだけで、因果関係が必ずあるというも...
「面倒くさい」を克服しないと認知症に! “脳のゴミ”をためない習慣
『もの忘れをこれ以上増やしたくない人が読む本 脳のゴミをためない習慣』(松原英多/講談社)  顔はわかっているのに、名前を思い出せない...
「お金、ください」...認知症の母からの電話と「背後」にいる伯母
フリー編集者の上松容子さんは、両親が30代のときに生まれたひとりっ子。東京で生まれ育ったが、両親は仲良く元気で、両親の兄妹も都内にいた...
認知症予防に役立つのは「ヨガ」より「太極拳」、医師が解説
「医学の進歩で、これまで難治性といわれていた病気も、改善されるケースが出てきています。認知症に関しては未知の部分がいまだ多くありますが...
エンディングノートが認知症の“介護地獄”を救う、これだけの理由
※写真はイメージです  もしも親やパートナー、あるいは自分自身が、認知症と診断されたらどうするべきか。おそらく40代、50代の人の多く...
老犬の認知症チェック10項目 散歩やスキンシップでよい刺激を
犬は高齢になると、人間と同じように認知症を起こすことがあります。犬の平均寿命が延びて長生きできるようになった一方、老犬になって認知症を...