認知症

「認知症」に関するニュース記事一覧です。「認知症」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

認知症の新着記事RSS2019/05/27更新 最新情報をチェック!

認知症の父を死なせた疑い 同居の44歳長男が暴行か
動画を見る(元記事へ) 川崎市で72歳の父親を殴る蹴るなどして死亡させたとして、同居する44歳の長男が逮捕されました。  川崎市幸区...
政府が認知症対策を強化する新たな大綱素案を示した。近く正式決定される見通しで、2015年策定の国家戦略(新オレンジプラン)に代わって国...
ひざ・腰が痛い→歩きたくない→認知症→死亡が増えています
長生きしたい。そう思う一方で、「いつか認知症になり名前すらわからなくなるのでは」という恐怖も同時に抱えている。それを防ぐカギは「歩行」...
徹底的な取材のうえで構築された“認知症”の物語
川村元気 撮影/山田智絵  本作は小説、映画、音楽など多岐にわたる分野で才能を発揮する川村元気さんの4作目の小説。息子を忘れていく母と...
WHOが調べた12種類の「認知症予防法」唯一ネガティブなのは...
第一線の翻訳者がブルーバックスに登場。各国のニュースから、いま世界で一番注目を集める科学トピックスを解説します。 今月のテーマは「認...
刑務所で「おひとりさま」の高齢女性が増えている。貧困、孤立、認知症を抱え、万引きなどの軽微な犯罪を繰り返して何度も服役する。まるで刑務...
認知症の柴犬しの、介護猫くぅの仲良しな日常がフォトブックに
認知症の柴犬しの、介護猫くぅの仲良しな日常がフォトブックにもっと画像を見る 認知症の柴犬しのと、しのを甲斐甲斐しく介護する猫くぅの日常...
認知症は悪なのか。差別を助長する「数値目標」に強烈な違和感
5月16日、70代の認知症の割合を今後6年で6%減らすとの数値目標を公表した政府。とかくマイナスイメージで語られることの多い認知症です...
認知症当事者の自由と区政参加推進を
こんにちは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。 基礎自治体の重要な仕事は、高齢者福祉です。 区議会議員としてご相談をいただく機会も増えてい...
認知症や腰痛予防に...歩幅を「65.1cm」にすべき医学的根拠
今や4人に1人が持っている国民病ともいえる腰痛。そのうちの8割以上は非特異的腰痛という、いわゆる画像診断で症例のつかない腰痛だという。...
一人暮らしの親が「認知症」に... 知っておきたい「成年後見制度」の仕組み
画像はイメージです(EKAKI / PIXTA)親元を離れて暮らす人にとって、高齢の親の健康問題は気がかりだ。弁護士ドットコムには、認...
前立腺がんのホルモン療法で認知症のリスクが増加、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院
前立腺がんのホルモン療法で認知症リスク増 前立腺がんの男性は、男性ホルモンの働きを抑えて前立腺がん細胞の増殖を抑制するホルモン療法(ア...
中野量太監督「真実しっかりと」認知症題材映画PR
舞台あいさつした中野量太監督(撮影・松浦隆司)認知症を題材にした異色の映画「長いお別れ」(中野量太監督、31日公開)の先行試写会の舞台...
映画「長いお別れ」(31日全国公開)の特別試写会が17日、大阪市内で開催され、中野量太監督(45)が舞台あいさつに登壇。「新しい認知症...
【報ステ】「認知症減らす」政府初の数値目標を公表
動画を見る(元記事へ) 2025年には65歳以上の5人に1人にあたる約700万人が認知症になると推測され、社会保障費の抑制が急務となる...
認知症対策に初の数値目標 70代で6%引き下げへ
動画を見る(元記事へ) 政府は新たな認知症の対策として、70代の認知症の人の割合を6%引き下げるとする数値目標を公表しました。具体的な...
フリーライターの田中亜紀子さんは現在83歳の父の運転をやめさせることに四苦八苦した。認知症の中でもピック病だということが判明し、専門病...
蒼井優「味わいある作品」認知症題材の異色映画PR
蒼井優(2018年12月28日撮影)認知症を題材にした異色の映画「長いお別れ」(31日公開)のプレミア試写会が15日、都内で行われた。...
「ばあばは、だいじょうぶ」監督が活弁シネマ倶楽部に登場、認知症描いた理由語る
Web番組「活弁シネマ倶楽部」の第28回がYouTubeにて配信中。「ばあばは、だいじょうぶ」の監督ジャッキー・ウーが出演している。ジ...
冨士眞奈美が“認知症の祖母”役を熱演 「ばあばは、だいじょうぶ」を採点!
〈あらすじ〉 小学生の翼(寺田心)は、一緒に暮らす祖母のスズエ(冨士眞奈美)が大好きで、嬉しいことや辛いことがあるたびに、スズエに話を...