ホンダ

「ホンダ」に関するニュース記事一覧です。「ホンダ」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

ホンダの新着記事RSS2019/12/11更新 最新情報をチェック!

2019年度の新車販売予想---スズキに抜かれホンダ3位後退も[新聞ウォッチ]
ホンダ・フィット新型(東京モーターショー2019)もっと画像を見る気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、...
ホンダからペットボトル入りの水が届いた のし紙の「帰省暮」に込められたメッセージとは
本田技研工業から編集部宛てに、なぜかペットボトル入りの水が3本届きました。「自動車メーカーのホンダが水?」と不思議に思ったのですが、箱...
ホンダ Nシリーズもっと画像を見るホンダは、軽乗用車「N」シリーズの累計販売台数が2019年11月末時点で250万台を突破したと発表し...
ホンダが「NSX」の2020年モデルを受注開始、新色「インディイエロー・パールII」を追加
ホンダは、スーパースポーツ「NSX(エヌエスエックス)」の2020年モデルについて、12月5日(木)より受注を開始した。発売は2020...
レッドブル・ホンダが最終戦で証明。来季タイトルは近づきつつある
「今日は戦略やレース運営全般というよりも、スピードで速さを見せつけられました。以前から言っているように、まだ我々はパッケージとして彼ら...
ホンダ NSX、2020年モデルの受注開始 新色インディイエロー・パールIIを追加
ホンダ NSX(2020年モデル)もっと画像を見るホンダは12月5日、スーパースポーツ『NSX』2020年モデルの受注を開始した。20...
帰省時の「かくれ脱水」にご注意...ホンダがPETボトルなどで啓発活動
ホンダ かくれ脱水防止のために制作したミネラルウォーターもっと画像を見るホンダは12月4日、年末年始の帰省やUターンのドライブ時に思わ...
トップロードサンルーフをハッチバックに設定!来年1月にマイチェンするホンダ「シビック」の気になる中身
CIVIC SEDAN / CIVIC HATCHBACK ホンダは、2020年1月にマイナーモデルチェンジを予定している「CIVIC...
ホンダ、東京・日比谷公園などでロボット芝刈機『Miimo』の実証実験開始
ホンダ Miimoもっと画像を見るホンダは12月2日、ロボット芝刈機『Miimo(ミーモ)HRM520』を使い、東京都公園協会と協力し...
【ホンダ アフリカツイン1100 試乗】日本に合った大排気量アドベンチャー...青木タカオ
ホンダ アフリカツイン 新型(CRF1100L Africa Twin)もっと画像を見るホンダ・アドベンチャーの雄『Africa Tw...
レッドブル・ホンダが2位!タッグ初年度は3勝を含む9度の表彰台/アブダビGP
F1世界選手権最終戦アブダビGP決勝(1日、ヤス・マリーナ・サーキット=1周5・554キロ×55周)レッドブル・ホンダのマックス・フェ...
自動車部品メーカー「統合」まだ続きそう ホンダ・日立系4社がひとつに...それでも世界13位
世界的に自動車業界の再編が加速している中、ホンダと日立製作所が、1年後をメドに傘下の自動車部品メーカー4社を経営統合する。 新会社の売...
ホンダ・S660はデートカーたり得るのかを検証した結果
男なら、助手席に彼女を乗せてデートする夢を一度や二度、妄想したことがあるハズ。屋根を開けてのオープンドライブに、女の子も大喜び。筆者も...
ホンダ シティ 新型のエンジンは3気筒ターボ、「RS」も...タイランドモーターエクスポ2019
ホンダ・シティ新型(タイ仕様、タイランドモーターエクスポ2019)もっと画像を見る東南アジア最大の自動車生産国であるタイの首都バンコク...
レッドブル・ホンダ、予選3、6番手/アブダビGP
F1世界選手権最終戦アブダビGP予選(30日、ヤス・マリーナ・サーキット=1周5・554キロ)第20戦ブラジルGPに続く連勝を狙うレッ...
レッドブル・ホンダが最速タイム!フリー走行3回目/アブダビGP
F1世界選手権最終戦アブダビGPフリー走行3回目(30日、ヤス・マリーナ・サーキット=1周5・554キロ)第20戦ブラジルGPに続く連...
ホンダ シティ の駐車ブレーキは電動ではなくサイドレバー式...タイランドモーターエクスポ2019
ホンダ・シティ(タイ仕様、タイランドモーターエクスポ2019)もっと画像を見る11月29日からタイのバンコク郊外で開催されている「タイ...
レッドブル・ホンダ、最終戦は攻める。残ったパワーを最大限に引き出せ
長かった2019年シーズンも、ついに最終戦を迎えた。 3月に迎えた開幕戦オーストラリアGPでは、マックス・フェルスタッペンが3位とレッ...
ホンダがF1活動を2021年まで継続、継続か撤退かの判断について慎重に協議を続けた一因とは?
ホンダがF1活動をひとまず2021年まで継続することになった。22年以降についてもパワーユニットの供給についてパートナーシップを結ぶレ...
ホンダが21年もF1継続、レッドブルなどに提供
ホンダの山本雅史マネージングディレクターホンダは2021年もF1活動を継続することを決定し、レッドブルとトロロッソがパワーユニット供給...