GDP

「GDP」に関するニュース記事一覧です。「GDP」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

GDPの新着記事RSS2017/01/23更新 最新情報をチェック!

日本経済の実力はGDPで計ることは不可能、中国人は自惚れるな=中国
日本経済の実力はGDPで計ることは不可能、中国人は自惚れるな=中国中国国家統計局は20日、2016年10-12月期における中国の国内総...
中国国家統計局、16年のGDP伸び率は「6.7%」―中国メディア
20日、中青在線によると、中国国家統計局は当日、16年の国民経済動向を発表した。国内総生産(GDP)は74億4127万元(約1243億...
トランプ次期米大統領が通商政策で中国に厳しい姿勢を示すことで、米中間の貿易摩擦が激化する公算が大きい。20日発表された2016年の中国...
2016年中国GDP 6.7%成長 経済の減速傾向続く
中国の去年1年間のGDP(国内総生産)の成長率は、前の年に比べて6.7%のプラスとなりました。6%台の成長率は2年連続で、中国経済の減...
20日の中国本土市場概況:上海総合0.7%高と反発、第4四半期GDPの上振れを好感
株式会社フィスコ 20日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比21.84ポイント(0.70%)高の3123.14ポ...
(中国)10-12月期のGDP成長率は6.8%、予想上振れ
株式会社フィスコ 国家統計局はきょう20日、昨年10-12月期の国内総生産(GDP)成長率が6.8%となり、前期の6.7%を上回ったと...
東京為替:中国GDPは予想上振れもドルは伸び悩む
株式会社フィスコ ドル・円は114円60銭近辺で推移。11時に発表された中国の10-12月期国内総生産(GDP)が予想を上回る内容とな...
11時時点の日経平均は小幅に3日続伸、中国10-12月期GDPは予想やや上回る
株式会社フィスコ 11時00分現在の日経平均株価は19078.61円(前日比6.36円高)で推移している。19日の米国市場では、トラン...
中国2016年のGDP成長率は6.7%。中国経済の減速傾向続く。
東京為替:ドル伸び悩みも中国GDPの内容次第で反発の可能性
株式会社フィスコ 20日午前の東京市場でドルは114円70銭台でやや軟調推移。ドルは一時114円67銭まで下げており、上げ渋る展開とな...
東京為替:ドルは115円前後でもみあう展開、中国10-12月期GDPが手掛かり材料に
株式会社フィスコ 20日午前の東京市場でドルは114円95銭近辺で推移。ドルは114円80銭から115円10銭まで推移しており、115...
東京為替:ドルはやや下げ渋り、中国10-12月期GDP発表を待つ状況
株式会社フィスコ 20日午前の東京市場でドルは115円04銭近辺で推移。ドルは114円80銭から115円10銭まで推移しており、115...
大気汚染が深刻な中国、GDP成長最優先より環境考慮にシフト―中国メディア
15日、中国国家発展改革委員会報道官は、中国では大気汚染の深刻化などを受け、国内総生産(GDP)伸び率などの経済指標より、環境関連の指...
政治から読み解く【経済と日本株】民進・長島氏 :防衛費に係るGDP比1%の予算シーリングには意味がない
株式会社フィスコ 民進・長島氏は「GDP比1.2%の根拠となる防衛力整備の「内容」については詳細に吟味する必要はありますが、防衛費に係...
GDP統計の改定で変わった日本経済の姿
■要旨1.GDP統計(国民経済計算)は昨年12月に2008SNAへの移行と基準改定が同時に実施され、名目GDP、実質GDP成長率などが...
中国:10~12月期GDP成長率は「6.7%以上」、財政部高官が自信示す
株式会社フィスコ 中国財政部の朱光耀・副部長は8日に開かれた経済フォーラムで、2016年10~12月期の国内総生産(GDP)成長率が「...
睡眠不足で日本のGDPの約3%、約15兆円が失われている 生産性低下の影響 米ランド研究所
睡眠不足は死亡リスクを上昇させ、仕事の生産性を低下させるとされてきましたが、日本人の睡眠不足を原因とした国家レベルの経済的損失は、国民...
GDP770兆円を実現するには何が必要か?――デービッド・アトキンソン氏の処方箋
デービッド・アトキンソン氏  バブル崩壊後、銀行がひた隠しにしていた不良債権の総額が20兆円にも上ることを言い当て、当時濫立していた都...
シンガポール、2017年は景気減退入り?GDP下方修正、企業5割が悲観的
近年驚異的な経済発展を遂げ今後も順調な成長が継続すると期待されていたシンガポールだが、国内では景気減退への懸念が確実に増しているようだ...
<躍動!アジアの世紀(1)>低成長・欧米諸国の「内向き化」に、対抗できるか?=アジア蘇生、2050年には世界のGDPの過半占める!
アジアが世界の経済成長センターとして脚光を浴びている。躍動するアジア地域の現状と志向すべき道を探る。アジアは保護主義への防波堤としての...