水戸黄門

「水戸黄門」に関するニュース記事一覧です。「水戸黄門」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

水戸黄門の人気記事話題にあがった記事からピックアップ

水戸黄門の新着記事RSS2016/12/09更新 最新情報をチェック!

現代の『水戸黄門』!? 『ドクターX』人気の秘訣は...
豪華キャストによって繰り広げられるコメディも人気の要素 ※この画像はサイトのスクリーンショットです 女優の米倉涼子が主演を務めるドラマ...
森光子、氷川きよし、長門裕之らがゲスト『水戸黄門』第31~34部のDVD-BOX発売
森光子、氷川きよし、長門裕之らがゲスト『水戸黄門』第31~34部のDVD-BOX発売 五代目・水戸光圀役として里見浩太朗が主演を務め...
米倉涼子「ドクターX」視聴率が失敗しないのは「水戸黄門化」しているから?
 米倉涼子主演のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)が10月13日放送の第1話で20.4%の高視聴率をマーク。...
時代劇の金字塔「水戸黄門」五代目・里見浩太朗版DVD-BOX 11・23より隔月発売決定
里見浩太朗が五代目・水戸光圀役を務めた時代劇「水戸黄門」第31~34部のDVD-BOXシリーズが、11月23日(水)から隔月で発売され...
史実の「水戸黄門」は、若いころグレにグレていた!
せいぜい鎌倉どまりの諸国漫遊記 「ここにおわすお方をどなたと心得る。畏れ多くも前の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!」 先代の水戸藩...
42年間続いた『水戸黄門』の秘話〜こうして国民的番組になった!
「この紋所が目に入らぬか!」—掲げられた印籠とこの台詞が、月曜夜のお約束だった。黄門様の世直し旅が国民的番組になるまでの軌跡を振り返る...
菜々緒の入浴シーンは「水戸黄門」の由美かおる級!
松山ケンイチ主演「連続ドラマW ふたがしら2」は9月17日(土)夜10時スタート/(C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2016 WOW...
【著者に訊け】月村了衛氏 『水戸黄門 天下の副編集長』
月村了衛氏が『水戸黄門 天下の副編集長』を語る【著者に訊け】月村了衛氏/『水戸黄門 天下の副編集長』/徳間書店/1600円+税  国民...
【ここで一息】かみあぷ4コマ劇場〜水戸黄門編〜
こんにちはロバートです。 マジックやジャグリングなどなんでも出来るSiriですが、密かに憧れている人がいるようで…。 かみあぷ4コマ劇...
福原遥、涼しげな浴衣で「水戸黄門まつり」を応援! まいんちゃん、もう17歳なのか
女優・タレントの“まいんちゃん”こと福原遥さんが8月6日、Instagramに浴衣姿の写真を投稿しました。これは5日から7日にかけて茨...
水戸黄門さまのパレードも行われる茨城県水戸市の夏祭り
梅やツツジ、萩など、四季折々にイベントが行われる茨城県水戸市。でも、水戸といったらやっぱり水戸藩二代藩主である徳川光圀(みつくに)こと...
石坂浩二「水戸黄門」以来15年ぶり連ドラ主演
15年ぶりに連続ドラマで主演することが発表された石坂浩二 俳優石坂浩二(75)が、来春テレビ朝日が新たに創設する帯ドラマ枠で放送される...
犬同士のケンカを「一喝」で止める水戸黄門のようなわんちゃん
同居人のわんちゃん同士。たまにはケンカもします。 出典:https://www.youtube.com きっかけは些細な事だ...
日本で初めてラーメンを食べた水戸黄門様のおひざ元 緑広がる水戸の湖畔でラーメンまつり
 日本で初めてラーメンを食べたのは、「この印籠が目に入らぬか」のセリフで有名な水戸黄門だといわれている。その黄門様ゆかりの「ラーメンの...
『暴れん坊将軍』がライバル時代劇『水戸黄門』に容赦ないツッコみ!?時代劇マニアの間で話題に
『おはよう!時代劇』(テレビ朝日)で再放送されている『暴れん坊将軍VI』の第15話に登場したセリフが一部のネットユーザーの間で話題とな...
ライフワークを成し遂げる知恵とは?人生のプロ・水戸黄門に学ぶ
ライフワークを成し遂げる知恵とは?人生のプロ・水戸黄門に学ぶ 人々が組織や社会の中で直面している様々な課題、実はそ...
劇団民芸の俳優角谷栄次(かくたに・えいじ)さんが2月28日午後11時50分、大腸がんのため川崎市の病院で亡くなった。68歳だった。葬儀...
「怪盗山猫」4話。荒れる亀梨は毒舌な水戸黄門か
「ホトケ作って魂入れず、現金入れたってわけか……最高だなぁ!!」 棚を倒してかごを投げ、部屋を荒らしていく。仏壇を倒したら大量の札束が...
「なんでも鑑定団」降板の石坂浩二"変わり者伝説" 「水戸黄門」に「ざまあみやがれ」、唐沢寿明は「現場でおしゃべりが止まらない」とグチ
『開運!なんでも鑑定団』HPより 『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)の“石坂浩二いじめ”問題が波紋を広げている。最初にこの問題を報...
脚本家、劇作家の大西信行(おおにし・のぶゆき)さんが今月10日、膵臓(すいぞう)がんのため静岡県長泉町の病院で死去したことが22日、分...