落語

「落語」に関するニュース記事一覧です。「落語」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

落語の新着記事RSS2017/05/25更新 最新情報をチェック!

林家正蔵「落語協会副会長なのに」久本の股間に吐息
林家正蔵 林家正蔵(54)が24日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで初日を迎えたワハハ本舗全体公演「ラスト3~最終伝説~」に出演した...
落語の世界の人気者、与太郎が教えてくれる「流れに巻き込まれてみる」ことの大切さ
「与太郎」といえば、誰もが知っている落語界の名物キャラクター。間抜けな失敗をしでかす「バカの代名詞」として知られています。ところが、実...
落語芸術協会会長のポスト歌丸問題と円楽の壮大な夢
入退院を繰り返す歌丸の後任は? 古典落語の人気演目「片棒」は、引退を前にした江戸商人・赤螺屋(あかにしや)が3人の息子の誰を店の跡継ぎ...
通ぶる若だんなにイタズラ ── 落語「酢豆腐(すどうふ)」
初夏ともいえる陽射しが美しい季節ですが、これから梅雨を経て本格的な夏がやってくると、気温の上昇と湿気によって、どうしても食べ物が傷みや...
落語はカッコいい! 『昭和元禄落語心中』で手塚治虫文化賞新生賞受賞の雲田はるこさん
昭和元禄落語心中(Kindle版)作者:雲田はるこ(くもた・はるこ)/栃木県出身。2008年「窓辺の君」でデビュー。14年「昭和元禄落...
文枝 藤井四段を称賛、自身はアマ初段「落語界にも若手出てきて」
上方落語協会会長の桂文枝(73)が18日、大阪市内で行った公演でプロ棋士の藤井聡太四段を称賛した。  最年少棋士でこの日、デビュー18...
雲田はるこ「昭和元禄落語心中」、タイプの異なる3種の和風フレグランスに
雲田はるこ「昭和元禄落語心中」をモチーフにしたフレグランスが、6月下旬よりprimaniacs各店にて販売される。「昭和元禄落語心中」...
アマチュア初段の文枝 14歳藤井四段は「ホントに凄い 落語界にも若手が出てきてほしい」
「大阪国際がんセンターわろてまえ劇場」第1回公演が18日、大阪市中央区の大阪国際がんセンターで開催され、上方落語協会会長の桂文枝(73...
林家けい木、同年代の表現者と“落語ヒップホップミュージカル”
落語家の林家けい木が所属するユニット・katamukiの公演「『七夕は末広亭に集え!』落語ヒップホップミュージカル Presented...
雲田はるこ「昭和元禄落語心中」ミュージアムが渋谷で、うちわのプレゼントも
雲田はるこ原作のテレビアニメ「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」の展示イベント「『昭和元禄落語心中 -助六再び篇-』ミュージアム in...
上方落語若手噺家グランプリ抽選会 米団治「若手の起爆剤になれば」
「第3回上方落語2017若手噺家グランプリ」抽選会=上方落語協会会館  「第3回上方落語2017若手噺家グランプリ決勝戦」(6月20...
中日・鈴木 落語家・桂ざこば師匠に2勝目を 16日阪神戦先発へ
◇セ・リーグ 中日―阪神(2017年5月16日 甲子園) 投球練習をする鈴木  16日の阪神戦(甲子園)に先発する中日・鈴木が落...
上方落語若手噺家GP決勝 出番トップ桂雀太「そろそろ結果を」
「第3回上方落語若手噺家(はなしか)グランプリ」の決勝進出者9人の発表会見が15日、大阪市内で行われた。  上方落語協会に所属する入門...
桂歌丸 妻語る復帰への執念「病室でも落語本」と引退宣言否定
「お父さんは、天ぷらが好きなんです。アサリの剥き身に長ネギを混ぜたもので、油がはねるから大変ですけど好きなんですよ。退院して元気になっ...
上方落語若手GP開催、桂米団治「触発されてます」
前列左から桂米二、桂華紋、桂雀太、桂米団治、後列左から林家染吉、桂小鯛、笑福亭喬介、桂二乗(撮影・村上久美子) 上方落語協会が主催する...
桂歌丸13日に退院「落語会で会いたい」復帰へ意欲
桂歌丸(2017年3月4日撮影) 4月16日から細菌性肺炎などで入院していた落語家の桂歌丸(80)が5月13日に退院したことが、15日...
肺炎で入院の桂歌丸が退院 当面は自宅療養 復帰に意欲
落語家の桂歌丸が13日に退院したことを15日、落語芸術協会が発表した。 【コメント全文】  4月16日より細菌性肺炎、COPD急性増悪...
面白くてビックリ!?「落語家」月亭方正に称賛の嵐
面白くてビックリ!?「落語家」月亭方正に称賛の嵐  2013年に山崎邦正から改名した落語家の月亭方正(49)が、5月6日に出演した『...
山口勝平が体当たりで挑んだ落語初挑戦、その仕上がりは!?――「声優落語天狗連 第10回」レポート
(左から)吉田尚記さん、春風亭昇々さん、山口勝平さん、立川志ら乃師匠、サンキュータツオさん 2017年5月6日(土)、東京・中央区...
サンケイスポーツ競馬面の日曜コラム「志らくの人情競馬」でも人気の落語家、立川志らく(53)が脚本・演出・主演を務める舞台「不幸の家族」...