百田尚樹

「百田尚樹」に関するニュース記事一覧です。「百田尚樹」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

百田尚樹の新着記事RSS2016/12/03更新 最新情報をチェック!

百田尚樹氏、「映画宣伝に私の名前がない」 ブチ切れて、またも「小説家引退」宣言
小説家の百田尚樹さん(60)がまたツイッターで暴れている。百田さん原作で400万部の大ベストセラーとなった「海賊とよばれた男」が201...
百田尚樹が千葉大医学部生レイプ事件で「犯人は在日」の無根拠ヘイトスピーチ! しかもその言い訳がヒドすぎる
ニコニコ動画「百田尚樹チャンネル」より 百田尚樹がまたやらかした。千葉大医学部の学生が飲み会に参加していた女性を集団で暴行したとして、...
『Twitter』規約に抵触!? 千葉大学医学部生集団暴行事件で百田尚樹氏ツイートが「ヘイトスピーチ」と物議
千葉大学医学部生の集団暴行事件で、発生日時や逮捕者の名前、逮捕容疑などを警察が発表せず、さまざまな憶測を呼んでいます。 そんな中で、作...
百田尚樹と週刊新潮が『カエルの楽園』の書評を載せない新聞を批判! でも新潮社の雑誌でも書評はゼロだった(笑)
ニコニコ動画「百田尚樹チャンネル」より 今年7月、「二度と書けない本」と豪語していたノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)がプライバシー侵...
百田尚樹×小芝風花「永遠の0」を通じて想う「戦争」と「平和」
8月15日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、ベストセラー小説「永遠の0」のオーディオブック版発売を記念して...
障がい者大量殺害、相模原事件の容疑者はネトウヨ? 安倍首相、百田尚樹、橋下徹、Kギルバートらをフォロー
YouTube「ANNnewsCH」より 相模原の障がい者施設で起きた大量殺人事件は、死者19人という戦後最悪の事態となった。しかも、...
百田尚樹さん「某知事候補が某ガン保険の会社から講演料計5000万円を受け取っていた」とツイートし波紋
7月20日、『永遠の0』や『殉愛』などの作品で知られるベストセラー作家の百田尚樹さん(@hyakutanaoki)が『Twitter』...
作家の 百田は7月6日、「『カエルの楽園』が50万部売れたら都知事選に出ようと決めていたが、今やっと半分超えたくらいで、とても50万部...
百田尚樹さん「死者が出たことを喜んでるのではないかとも思ってしまう」 テロ後の官房長官の遊説を批判した岡田克也代表に
バングラデシュの首都ダッカで起こった痛ましい人質テロ事件で、日本人7人の死亡が確認された。民進党の岡田克也代表は7月2日、菅官房長官が...
百田尚樹氏、都知事選出馬「本気」なのか 新聞・週刊誌は「有力候補」扱いせず
ご本人は結構「やる気」らしいのに、メディアはなかなか「有力候補」扱いしてくれない――「ポスト舛添」をめぐり、そんな微妙な扱いを受けてい...
百田尚樹氏、東京都知事選「出ようかという気持ち」
百田尚樹(写真は2015年8月7日) 作家の百田尚樹氏(60)が、東京都知事選への出馬の意向について「出ようかなという気持ちに傾いてき...
百田尚樹氏、都知事選出馬を検討
小説家の百田尚樹氏(60)が20日、舛添要一東京都知事の辞職を受けて14日告示、31日投開票で行われる都知事選への出馬を検討しているこ...
百田尚樹が都知事選に出馬表明? 寝言をいう前に田母神俊雄を応援して「立派な日本人」と絶賛した責任をとれ
ニコニコ動画「百田尚樹チャンネル」より 舛添要一を“弱い者いじめ”で引きずり降ろした次は、候補者選びに話題がスライドした都知事問題。し...
百田尚樹氏「都知事選、真剣に考えている」  半年前は政治家目指す「作家」を批判...
作家の百田尚樹さん(60)が「東京都知事に立候補しようかと真剣に考えている」とツイートし、話題を集めている。ただ、過去には、政治家にな...
百田尚樹氏「セコい。やっぱり金か」舛添知事を批判
百田尚樹氏(写真は2013年11月27日) 作家の百田尚樹氏(60)が、政治資金を家族旅行や美術品購入に充てていた疑惑が問われている東...
百田尚樹『カエルの楽園』の「村上春樹」揶揄に新潮社が大弱り! 百田にキャラ名の変更頼むも拒否され作家タブーの板挟みに
百田尚樹 公式ホームページより 以前、本サイトで公開した、作家・百田尚樹センセイの新作『カエルの楽園』(新潮社)の書評は、大きな反響を...
第29回三島由紀夫賞に選ばれたフランス文学者で元東大学長の蓮実重彦(80)は5月16日(2016年)の受賞会見で、「喜んでいないのです...
辺野古で米軍に拘束された芥川賞作家・目取真俊が「不当逮捕」の実態を告白! 百田尚樹の沖縄ヘイトデマ批判も
講演で拘束の実態について語る沖縄在住の芥川賞作家・目取真俊氏 「沖縄の人は別に、反基地運動のために、反戦運動のために生まれてきたわけじ...