女子SPA!の掲載記事一覧

「そばかすだらけの顔、もう隠さない」世界的アイドルが素肌を公開
イギリスの人気ガールズグループ「リトル・ミックス」のペリー・エドワーズ(25)が、自分の顔のそばかすを前向きに受け止められるようになっ...
「星の王子さま」改変騒動の西畠清順氏、昨年も炎上したのにまた?
「銀座の庭」として、2018年8月9日に開園し話題になったGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)。 銀座ソニーパーク公...
気温よりリアルな暑さ「体感温度」をスマホで知る方法
災害レベルの酷暑が続く、平成最後の夏。お盆を過ぎて涼しくなると思いきや、月末にはまた暑さがぶり返すとか。まだまだ油断はできません。 ...
52歳女優が電撃3度目婚。14歳下カレとの婚約破棄を乗り越えて
2度の結婚に、年下彼氏との婚約破棄、俳優たちとの熱愛…。恋多き女優として知られるロビン・ライト(52)が、フランス人ビジネスマンのクレ...
“ハデおばさん”になってない?花柄・ハデ色の選び方ルール
こんにちは! ファッションライターのおざきゆかです。暑い季節って、派手な色や柄ものを着たくなりますよね。  若い頃なら勢いで着られた...
LINEの流出を防ぐ「鍵マーク」知ってる?付いていない人は要注意
ITジャーナリストの久原健司です。  普段当たり前のように使っているLINEですが、他人に見られたらまずい内容を送っていませんか? ...
がん闘病中に不倫純愛に落ちた夫の、せつない告白|不倫男の胸のうち
<恋する「不倫男」の胸のうち――Vol.6> 「命に限りがあると実感して、不倫に走った男性がいる」と語るのは、不倫事情を長年取材し著...
人気女優が、そっくりな“影武者”を公表。彼女たちの仕事とは?
人気女優のリース・ウィザースプーン(42)がボディダブル(“影武者”)の存在を公表した。 『キューティ・ブロンド』『メラニーは行く...
堺雅人が声優で話題『くまのプーさん』実写版が中国で上映禁止。驚きの理由とは?
日本では俳優の堺雅人が声優挑戦で話題の「くまのプーさん」実写映画が中国で上演禁止となり、その珍事にハリウッドが騒然としています。 ...
剛力彩芽、高畑充希、杉咲花...“美人じゃないけど愛され顔”の特徴を高須院長がズバリ
ドラマや映画の出演が発表されるたび、「美人か不美人か」論争を巻き起こしてきた剛力彩芽。ZOZOTOWNの運営会社・スタートトゥディの前...
田中圭似の彼氏が“エリート偽装”...結婚を夢見てダマされた女性の悲劇
多くの女性が憧れる、エリート男性との結婚。そんな夢を叶えようとした直前に悲劇のどん底へ突き落された女性がいます。結婚を夢見る肉食系女性...
日焼け後に食べるべき最強コンビニメニュー。飲み物一つで美肌になれる
管理栄養士の川村郁子です。  紫外線の強い日々が続きますが、うっかり日焼けをしてしまい後悔していませんか? 日焼けした後は一種のやけ...
出産費用が1億円!? 芸能人も憧れる「アメリカで出産」のトンデモエピソード
先日、モデルの田丸麻紀がハワイで第2子を出産。昨年には、道端ジェシカがロサンゼルスで出産するなど、アメリカで出産する有名人は少なくあり...
「ボーダー=モテない」は嘘?定番のボーダーで周りに差をつける方法
【モードをリアルに着る! Vol.43/小林直子】  多くの人が愛するボーダー、つまり横縞は、日本ではしばしば「ボーダーを着ていると...
浴衣にもピッタリのヘア♪ 簡単なのに「こなれ感」があるヘアアレンジ2つ
花火やバーベキューなどイベントごとが多いこの季節。いつもとは違ったヘアアレンジをしたいけど、不器用だからいつもひとつにまとめてばかり、...
“スイカコスメ”が「お肌にいい」と世界的ブームに。日本で買えるアイテムは?
アメリカで今、スイカエキスやその種から取れるシードオイルが肌にも髪にも良いと注目されています。 ◆シードオイルとスイカエキスに全世界...
窪田正孝のクズ男ぶりがすごい『ヒモメン』。ヒモを飼う女心にも闇が...?
主人公がヒモ! という攻めた設定のドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系、土曜夜11時15分~)が話題を呼んでいます。この「土曜ナイトドラマ...
彼と初めての旅行。“日本一の珍スポット”のあとに連れて行かれたのは...
夏休みのダイゴ味といえば、なんといっても彼と2人きりの旅行。 写真はイメージです(以下同じ) 岡部凜花さん(仮名・25歳・アパレル...
韓国とアフリカの血を引くスーパーモデルに長女誕生
スーパーモデルのシャネル・イマン(27)が女の子を出産した。母はアフリカ系アメリカ人と韓国人のハーフ、父はアフリカ系アメリカ人という両...
不倫にハマってしまう女性たち...実は心の自傷行為かも?
いけないとわかっていてものめり込んでしまうのが不倫の業ともいうものですが、自身の経験に対してはなぜか特別なものと感じてしまいがちですね...