PRESIDENT Onlineの掲載記事一覧

"カロリー制限でやせられる"は迷信だった
油脂を控える。カロリーを抑える。これらはダイエットの常識だった。しかしこの「常識」は、ダイエットを失敗させるだけでなく、健康においても...
解散で"朝毎"は反対、"読産"は賛成の中身
安倍晋三首相が9月28日の臨時国会の招集日に衆院解散に踏み切る、と新聞各紙が報じている。新聞の社説も9月18日付から19日付にかけ、一...
現金を増やすための"節約術"基本中の基本
現金を増やすためにはどうすればいいのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんは「継続は力なり、ってホントなんです」という。「1円、2円って...
シェアで恥をかかない嘘ニュースの判別法
ネットは私たちに「全世界とつながる自由」を与えた。しかし、それは「全世界から見られるリスク」でもある。SNSでの気軽な「投稿」や「シェ...
どうすれば「望まない転勤」はなくなるか
働く女性にとって、「転勤」は悩ましい問題です。自分の転勤だけでなく、パートナーの転勤も、人生に大きなインパクトを与えます。転勤という仕...
普通のトラックで冷凍輸送する梱包の秘密
日本が世界に誇る物流網。だがトラックの積載率は10年前に比べて10ポイントも下がっている。荷室がスカスカのトラックが増えているのだ。ど...
秒殺された「野田聖子、小池百合子新党」
安倍晋三首相が9月中に衆議院を解散、10月に総選挙へ打って出るとの見方が強まっている。「安倍1強」といわれる状況で、実は今年8月に「野...
150万人の男性に"洗濯宣言"させた戦略PR
「家事は女がやるもの」という考えが根強いインド。しかし、ある洗剤のキャンペーンをきっかけに、150万人の男性が「洗濯します」とSNSで...
橋下徹「北朝鮮対策ならヤクザに聞け!」
勝負するか、避けるか、手打ちとするか 国連安保理の非難決議、制裁決議を完全に無視してミサイル発射、核実験を繰り返す北朝鮮。今やアメリカ...
一流コンサルは"聴いてわかる"資料を作る
人前で話すのが大の苦手だったという三谷宏治さんは、外資系コンサルティング会社での仕事を通じて、「達人プレゼンター」に生まれ変わりました...
ダラダラ表現を短縮する「図解」の使い方
何も知らない子どもに説明するように 「資料づくりのプロ」として知られる森重湧太さんは、たとえ社内向けのプレゼンでも、「相手が内容につい...
"中学英語"の人材を活用できる英国の強さ
いま日本では「人手不足」が深刻な問題になっている。少子高齢化で、日本の人口は減少しつつある。どうすればいいのか。ロンドン在住29年半の...
EVシフトをド派手に宣言 日産CEOの真意
9月6日、日産自動車はフルモデルチェンジした電気自動車(EV)「リーフ」を発表した。新型リーフの航続距離は400kmで、初代の2倍。西...
自民党から"安倍3選"を阻む勢力は出るか
海外の投資家は、安倍政権を「安定している」と高く評価してきた。しかし、夏以降、支持率の低下を背景に、アベノミクスを中心とした経済政策の...
「燃料電池車」は期待外れの大失敗なのか
電気自動車(EV)への期待が高まっている。未来のクルマといわれ、日本メーカーが取り組んできた燃料電池車(FCV)には「期待外れだった」...
「生産性が1.6倍」在宅勤務は増えるか
去る7月24日、総務省などが中心となり、900超の企業や自治体で、約6万3000人が在宅勤務などのテレワークを行う「テレワーク・デイ」...
「定年後」の給与引き下げは認められるか
法律改正で企業は社員を65歳まで継続して雇用しなければならなくなった。60歳の「定年」を迎えた後は給与が大幅に下がるのが普通だが、定年...
結論「『働き方改革』で給料は減ります」
「働き方改革」で長時間労働の是正が進みつつある。企業は、労働者の「味方」のフリをしているが、残業時間が削減されれば、社員の給与も少なく...
なぜIT企業の若手はみな同じ格好なのか
会社が変われば常識も変わるーー。約30社を担当する産業医の大室正志氏と、ミクシィ前社長で投資家の朝倉祐介氏は、「『丸の内』の大企業と『...
"わけあり社員"6割で会社が成り立つ理由
「家族主義」をかかげる会社は、社員にとって本当に居心地がいいのか。栃木県宇都宮市に「社員第一主義」を掲げる中小企業がある。社員50人の...