高校野球ドットコムの掲載記事一覧

沖縄尚学(沖縄)編「東浜―嶺井の黄金バッテリーでセンバツ制覇!沖縄尚学のつながり!」
左から東浜巨選手(福岡ソフトバンクホークス)、砂川リチャード選手(沖縄尚学) 沖縄の強豪校のひとつに数えられる、沖縄尚学。ここ3年は甲...
脂質の重要性ってなんだろう?
前回は、「タンパク質の重要性」について説明をしました。今回は三大栄養素の1つと呼ばれている脂質について解説していきます。 脳は何から出...
愛媛県大学選抜vs八幡浜
最速143キロ右腕・田中大成(八幡浜)、価値ある「9回1失点8K」試合後整列する八幡浜 昨年は当時、1年生のみの聖カタリナ学園が愛媛県...
九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」
左から村上 宗隆、島田 海吏(九州学院出身)      今年、ヤクルトドラフト1位指名された村上 宗隆選手。高校生捕手でドラフト1位指...
西武から3位指名!伊藤翔(徳島インディゴソックス・投手)仮契約 「徳島インディゴソックスの1年」を強みに「徳島県民が自慢できる」存在に!
西武から3位指名!伊藤翔(徳島インディゴソックス・投手)仮契約 「徳島インディゴソックスの1年」を強みに「徳島県民が自慢できる」存在に...
岡山理大附(岡山県)「広島・薮田選手の出身校!岡山県随一のマンモス校のつながり!」
左から柴田 竜拓、藤岡 裕大(岡山理大附出身) 薮田 和樹投手(広島)、高田 知季選手(ソフトバンク)、柴田 竜拓選手(横浜)、九里 ...
福岡ソフトバンクホークス・石川柊太(都立総合工科出身)「大成をもたらした純朴さと素朴さ」
今年、94勝49敗と圧倒的な成績で、パ・リーグ優勝を決め、さらに日本シリーズ進出した福岡ソフトバンクホークス。その戦力としてブレイクし...
二松学舎大附(東東京)編「日本球界の宝・鈴木誠也の母校!近年力を増す二松学舎大附のつながり!」
左から二松学舎大附時代の鈴木 誠也選手、大江 竜聖選手 東東京の有力校としての位置を長年保ち続けている二松学舎大附は、近年その実力をさ...
小山vs伊勢崎工vs新宿
「もがく」小山、盗難被害から回復の伊勢崎工、進化を見せる新宿。それぞれの秋142キロを出すといわれる大友直樹君(小山) かつて、甲子園...
中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」
10月26日(木)の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」において2球団競合の末、地元・広島東洋カープから1...
菰野(三重)編「オリックス・西勇輝の母校!毎年のように好投手が生まれる菰野のつながり!」
現在、プロ野球の世界で抜群のコントロールを武器に活躍する・西 勇輝(オリックス)。彼の母校の菰野は毎年のようにプロ注目選手を輩出してい...
強心臓が武器の小さな左腕。「ピンチが大好き」西武・野田 昇吾が挑む世界の舞台。
埼玉西武ライオンズの若き左腕、野田 昇吾。167センチと小柄ながら、最速148キロの力強いストレート、スライダー、シュートを中心に投球...
山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】
今季、4月こそ結果を残せずに5月1日にファーム落ちするも、7月8日に再昇格すると、その日の東北楽天戦で代打ホームランを架け、その後はス...
健大高崎vs大手前高松
健大高崎、四国版機動破壊に「本家メソッド」伝授!5回表健大高崎一死三塁からの二ゴロで生還する4番・高山 遼太郎(2年・左翼手) 2...
6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)
今年、けがの影響で規定打席には到達しなかった日本ハムファイターズの近藤 健介。しかしその打率は167打数69安打でなんと.413。19...
稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!
24歳以下、そして入団3年目の選手が集まって戦うアジアチャンピオンシップ。その侍ジャパンの5番を打つのが22歳の上林 誠知だ。仙台育英...
ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?
現在、開催中のENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017。初戦の韓国戦ではサヨナラ勝ちを決め、決勝進出を果たした。稲葉 篤...
プロ顔負け?細かい分析で選手を支える!鶴岡南(山形)マネージャー
山形県鶴岡市にある鶴岡南高校。文部科学省が指定するSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されている進学校だ。今回はそんな鶴岡南...
神宮大会に登場した大学3年生投手たちは逸材揃い!急成長の背景を探る
神宮大会の醍醐味というのは新チームで初の頂点を目指す高校野球、学生野球最後の大会で白熱した勝負を見せる大学野球を両方みられるところだが...
愛知県立旭丘高等学校(愛知)「かつて“100球国愛知”を引っ張った歴史と伝統を背負って今も...」
この秋、旭丘が秋季愛知県大会で3回戦まで進出した。このことは、県高校野球としても大きなニュースである。だから、オールドファンを含めて、...