BEST T!MESの掲載記事一覧(5ページ目)

明治政府の疑心暗鬼が起こした西南戦争
なぜ明治政府に反乱を疑われたのか? 最期まで自決しなかった西郷隆盛の信念とは? 西南戦争と西郷にまつわる謎について、鹿児島大学名誉教授...
森博嗣が指摘する「まとめ」サイト、そこにある痛さ。
「まとめサイト」「集まりたがる人」「集まりたがらない人」……現代を象徴するもののなかで考えるべきこととは?   早々に重版をするなど反...
「ストイック」な男が出会った「奇行」を取る師~ストア派創始者・ゼノンのルーツ
いまも語り継がれる哲学者たちの言葉。自分たちには遠く及ぶことのない天才……そんなイメージがある。そんな「哲学者」はいかに生き、どのよう...
冬はポーチに! 一年中使えるおしゃれサコッシュ5選
トレンドを追いかけるのもいいけれど、やっぱり欲しいのは長く使えて着こなしを選ばないもの。 秋冬もサコッシュ人気は継続中だが、どうせな...
中村憲剛 「量」より「質」を重視したその練習内容
プロ15年目を迎えてもなお、成長と活躍を続ける中村選手。普段はどのような練習をしているのでしょうか? 個人練習より圧倒的に全体練習が...
老いは「しばり」から解放されるチャンス
「老後の不安」が蔓延する日本。そんななかで、今日のいわゆる「定年本」、「老後本」の内容に異を唱えるのが、文筆家の勢古浩爾氏だ。勢古氏自...
戊辰戦争で多くの悲劇を生んだ、会津藩の判断ミス
薩摩・長州両藩を中心とした「維新」を成し遂げるために、避けて通れなかったとされる「戊辰戦争」とは何だったのか。作家の星亮一さんにお話を...
生みの親が妾なら「母」に当たらないのか
イラスト/フォトライブラリー 『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。  江戸時代、主人(武士、商人、職...
ついに悲願の優勝。川崎F・中村憲剛の“想像力”はどう養われたのか
川崎フロンターレの中村憲剛選手といえば、あっと驚く意外性のあるプレーや、イマジネーション豊かなサッカー。その発想力や想像力の源はどこに...
北・工作員が中国東北三省に入り込んでいた
なぜ、北朝鮮は日本に対して、威嚇行動をとり続けているのか? そもそも北朝鮮はなぜ、この様な国家になったのか? 中ロ情勢に精通する歴史家...
榎本武揚、箱館戦争における最大の誤算
薩摩・長州両藩を中心とした「維新」を成し遂げるために、避けて通れなかったとされる「戊辰戦争」とは何だったのか。作家の星亮一さんにお話を...
物部守屋が討たれた理由
耳がよく聡明で、法隆寺を築き仏教を広め、推古女帝の摂政として活躍した人物──。聖徳太子に関する一般的なイメージはすべて『日本書紀』の記...
金正日の遺訓「中国に利用されるな」
なぜ、北朝鮮は日本に対して、威嚇行動をとり続けているのか? そもそも北朝鮮はなぜ、この様な国家になったのか? 中ロ情勢に精通する歴史家...
簡単4ステップ! 激ウマ「石焼ビビンパ」の作り方
藤井さんが最後に食べたのは、なんと冷めきった石焼ビビンパ…。そんな悲しい思い出を振り払うためにも、熱々の美味しいものを作りましょう! ...
坂本龍馬暗殺は土佐藩にどのような影響を与えたか
幕末から明治初頭にかけて、志と信念を持つ者が次々と刃に、あるいは銃弾に倒れ、多くの血が流れた。それほど多くの命を踏み越えねば、明治維新...
謀略名人・三好長慶イケイケ期からの急死
「生きるか、死ぬか」謀殺・暗殺もまた、ひとつの戦略であった戦国時代に、 多くの戦さを生き抜きながらも突然死・自刃・病死した武将たち。 ...
養子の「自己肯定感」はむしろ高い
年間に50人ほどの子供が虐待死している一方で、不妊治療を受ける人が増え続けている。2017年9月に開催されたセックスワーク・サミット2...
3万円以下で高級時計に見えるレトロフェイス5選
腕時計はその人自身をさりげなく、ダイレクトに表現するツールだ。だから“ちゃんと、いいもの”を選びたい。 これは単に高額ならいいというわ...
雨宿りさせてくれた美しい女主人の正体
イラスト/フォトライブラリー 『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。  文化二年(1805)に死去した...
「名古屋」と言えば金の鯱。その起源
いままた名古屋ネタのテレビ番組や書籍が流行し、「名古屋ブーム」が再燃している。そしてその中にはなんの根拠もないのに語られるトンデモ名古...