JSPORTSの掲載記事一覧

筋肉談義 才木玲佳×横川尚隆
筋肉アイドルにして女子プロレスラー 才木玲佳選手筋肉アイドルにして女子プロレスラーとして話題を集める才木玲佳選手と、今、日本でもっとも...
ワールドツアーシステムの成熟示す巨大大会、観戦の重心は今回も日本勢・グランドスラムデュッセルドルフ大会
IJFワールドツアー、欧州シリーズ二大大会の一であるグランドスラム・デュッセルドルフ大会がいよいよ今週末(2月22日〜24日)に迫った...
トッテナムは無視できない。優勝のチャンスは十分にある
ようやく使えそうだ。いよいよ新居に引っ越しだ。借り暮らしは肩身が狭いし、大切な試合の前日にアメリカン・フットボール、ミュージシャンのラ...
【広島好き】マツダスタジアムの新席種、バスタブから野球を見る「バスタベリア」の秘密
「バーベキューしながら見られる」「寝そべって見られる」「靴を脱いでお座敷で見られる」と、変わった席がいくつも存在する「MAZDA Zo...
【オリックス好き】MLBで話題の「オープナー」を参考に新戦術「猛牛リレー」を考えてみた
右腕と左腕。本格派に技巧派。ベテランからルーキーまで。最大10人が並ぶキャンプ地名物のブルペンでは、多種多様なピッチャーが投げ込みを行...
第68回全国高等学校スケート選手権大会(インターハイ) 女子シングルレビュー
Text by 中村康一(Image Works) 1位 坂本花織 女子1位_坂本花織 今回のインターハイは過去に例を見ない盛り上がり...
第68回全国高等学校スケート選手権大会(インターハイ) 男子シングルレビュー
Text by 中村康一(Image Works) 1位 山隈太一朗 男子1位_山隈太一朗 ショート、フリーとも魂のこもった迫真の演技...
国内初戦はファンを喜ばせるパフォーマンスを見せてもらいたい スーパーラグビー2019 第2節プレビュー
シェーン・ゲイツはサンウルブズで唯一のトライを奪った スーパーラグビー2019は、今週末、第2節が行われる。2月15、16日に行われた...
大谷翔平、今週にもティーバッティングを開始?
昨年受けたトミー・ジョン手術により、今季は打者に専念することが既定路線となっている大谷翔平。 既報の通り、5月の復帰へ向けてリハビリは...
第39回全国中学校スケート大会(全中) 女子シングルレビュー
Text by 中村康一(Image Works) 今年の全国中学校大会、長縄和奏の欠場は残念だったが、さすがにバヴァリアンオープンへ...
敗れた立川・府中アスレティックFCの谷本俊介監督が言葉を絞り出した。 「残酷な結果になってしまった」と。 日本のフットサルのトップリー...
【ブエルタ・ア・アンダルシア:プレビュー】イェーツ兄弟参戦!チャベスも復活のシーズンへと走り出す。
一足早い春が、南スペインに訪れる。欧州での本格開幕まであとわずか。情熱のアンダルシアを舞台に繰り広げられる5日間の熱戦が、2019年シ...
第39回全国中学校スケート大会(全中)男子シングルレビュー
Text by 中村康一(Image Works) 見応えのある大会だった。優勝した佐藤駿、惜しくも優勝を逃した鍵山優真、どちらが勝っ...
菊池雄星、MLBの春季キャンプで一番最初に学ぶこと
写真:AP/アフロ このシーズンオフ、晴れてシアトル・マリナーズの一員となった、最新日本人メジャーリーガーである菊池雄星がまずするべき...
スーパーラグビー開幕。3連覇を目指す王者クルセイダーズが辛勝
ワールドカップイヤーのスーパーラグビーが開幕。2月16日(土)は、復活を目指すブルーズと、王者クルセイダーズの「ニュージーランドダービ...
いよいよ再開。世界選手権は“W杯戦線”にどう影響する?
世界選手権にビッグサプライズはナシ。絶対王者が2冠、原が五輪に続く連続3位に 世界選手権MOの表彰台。男子は平昌と同じメンバー。2位は...
最終戦は町田を完封で締めくくり 20代前半の若い有望選手を集めて作った「Fリーグ選抜」が、今シーズンリーグに参戦して1シーズンを戦った...
エジル本人は「生涯アーセナル」を希望しているようだが...
BATEボリソフとのヨーロッパリーグ・ラウンド32第一レグでも、メスト・エジルはベラルーシに帯同されなかった。アーセナルを率いるウナイ...
フォーミュラE第4戦・メキシコシティ〜3戦終えて勝者3人の大混戦!日産の勝利はあるか?
電気自動車のフォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」は前戦のチリ、サンティアゴの戦いから中南米の連戦。シーズン5(2018...
【中日好き】鈴木博志、絶対的な存在へ
鈴木博志の2年目が始まった。沖縄北谷の1軍キャンプ。去年と比べても顔つきが精悍になっている。1日の終わり、去年のような疲労感は鈴木博志...