ウォール・ストリート・ジャーナルの掲載記事一覧

米の対中貿易政策、方針転換が鮮明
――筆者のアンドリュー・ブラウンはWSJ中国担当コラムニスト ***  【上海】米国の勝算は100対ゼロ――。当時のビル・クリントン大...
年末商戦も「キングメーカー」はアマゾン
人気のロボット型おもちゃ「Cue(キュー)」(200ドル=約2万2500円)を販売する米ワンダーワークショップは、年末商戦でもアマゾン...
ビットコインが不動産取引に、法整備の動きも
不動産業界が仮想通貨の採用に向けて一歩を踏み出した。そして、仮想通貨を支える基幹技術は将来、不動産売買に重要な変化をもたらす可能性があ...
米でM&A活況、FANG勢の足音に追い立てられ
攻勢をかけるアマゾン・ドット・コムに抵抗できる有効な買収案は何かないかーー。投資銀行家は不安に駆られた小売企業の経営者からこのような相...
テンセントがフェイスブックから学ぶべきこと
――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」 ***  中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセントホールディング...
内燃エンジンを救え、自動車と石油業界の秘策
連立政権の樹立を目指すアンゲラ・メルケル独首相の試みは19日夜に崩壊した。やれやれだ。結果がはっきりしなかった9月の選挙で、有権者は他...
米ドル相場、決めるのは長期債 FRBは蚊帳の外
――筆者のジェームズ・マッキントッシュはWSJ市場担当シニアコラムニスト ***  外国為替市場には、中央銀行関係者に伝えたいメッセー...
民主主義を脅かす中露モデルの台頭
――筆者のジェラルド・F・サイブはWSJチーフコメンテーター ***  2016年の米大統領選から1年がたった。特別検察官に加え連邦議...
中国のほほえみ外交、米は肘鉄 貿易戦争のリスク
ドナルド・トランプ米大統領が北京を訪れる1カ月前、中国の当局者は米政府には拒否できないと思うある提案をした。  複数の関係者によると、...
株価と経済成長、新興国と先進国のズレ目立つ
先進国と新興国にまたがって見られる経済成長と株式市場の傾向は、どうにもふに落ちない。  先進国の株式市場は過去10年の大半の間、経済成...
ドイツ連立交渉決裂どうなる、5つのシナリオ
【ベルリン】ドイツのアンゲラ・メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と自由民主党(FDP)、そして緑の党による3...
サウジの政治混乱、被害者は周辺国市場
サウジアラビアの政治的な混乱は、中東諸国で株・債券・為替のトリプル安を招いているが、サウジ自体への影響は今のところ限定的だ。  サウジ...
シリコンバレー、IPO前に金持ちになる方法
起業家やベンチャー投資家がシリコンバレーで稼ぐには、当の新興企業が買収されるか上場するまで待たなければならないのが普通だった。  だが...
内燃エンジンを救え、自動車と石油業界の秘策
石油大手と自動車メーカーがタッグを組み、内燃エンジンを存続させる取り組みを進めている。1世紀前に生まれた内燃エンジンは、電気自動車(E...
AT&Tのタイムワーナー買収阻止へ、司法省が提訴
【ワシントン】米司法省は20日、米通信大手AT&Tによるメディア大手タイムワーナーの買収計画を阻止するため提訴した。司法省は、両社の統...
東芝に突然差した光明、半導体事業売却の意味は?
いくつものヘッジファンドが、東芝の最悪期は過ぎたとみて賭けに出ている。厳しい財務状況下で何とか6000億円の増資にこぎ着けたことで、そ...
【社説】独エネルギー革命のメルトダウン
米国の気候変動活動家たちは欧州とりわけドイツを、環境に優しいエネルギーの美徳の手本と称賛する。しかし彼らはアンゲラ・メルケル首相の政治...
21世紀フォックス、買い手の狙いは海外事業
米ケーブルテレビ大手のコムキャストを含めた複数の企業が21世紀フォックスの事業の買収に関心を示している。米国の有料テレビ市場が陰りを見...
チップは平面から3Dへ 次世代の鍵握る積層技術
――筆者のクリストファー・ミムズはWSJハイテク担当コラムニスト ***  身近にあるほぼ全ての電子機器の最も基本的な構成要素であるマ...
グーグル「強調スニペット」、精度に難あり?
巨大ネット企業のグーグルは、何百万もの情報ソースから集めた何十億というリンクをランク付けして表示することで、世界から最も頼られる情報提...