文春オンラインの掲載記事一覧

認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと」――2018上半期BEST5
2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ライフ部門の第4位は、こちら!(初公開日:2018年5月6...
歯科医が警告 「食べたらすぐに歯をみがけ」は大間違い――2018上半期BEST5
2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ライフ部門の第3位は、こちら!(初公開日:2018年6月4...
懐かしのサイト『シバタツの野望』と『虚構新聞』には遊びと余裕があった
西暦1998年。日本は山一証券や長銀や拓銀が潰れて「そろそろヤバイ感」が漂っていたが、そんなことに関係なく私は高校2年生で童貞であった...
アートを10倍楽しむためには「企画展」ではなく「常設展」を見よ!
海にも山にも、どの地域にも、探してみれば美術館や博物館は意外なほどたくさんあるもの。お出かけ先ではぜひ周りを見渡して、観るべきものを探...
鍬原拓也、「巨人ドラフト1位」の運命をきり拓く男
鍬原拓也、である。 【投票】この記事の「ヒットボタン」を押す  その名をまじまじと眺めてみる。「鍬」で「原」を「拓(ひら)」く「也(な...
闘病中でも絶好調 元中日・大島康徳さんの解説が面白すぎる理由
往年のドラゴンズの主砲で、元日本ハム監督の大島康徳さん(67)の野球解説が「面白すぎる」と評判だ。選手一人一人の特徴や状態を把握したコ...
うつ、パニック障害を抱え、老親の年金で暮らす独身姉妹の絶望――2018上半期BEST5
2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ライフ部門の第5位は、こちら!(初公開日:2018年6月1...
新浪剛史が語る「経済外交」 金正恩がそれでも「核を手放さない」理由
米朝会談後も動きが不透明な北朝鮮に日本はどう対峙すべきか? アメリカ外交問題評議会のグローバルボードメンバーを務める新浪剛史氏が論じま...
取材陣が1000人! 元宮内庁報道担当が明かす 昭和から平成「代替わり」の瞬間
追悼と祝賀が連続する「代替わり」。宮内庁の報道担当として、昭和天皇の大喪の礼と今上天皇の即位の礼を体験した山下晋司氏が、当時の内実を明...
「俺たちは引き立て役か」 横浜・松坂大輔が明徳を追い詰めた“残酷なサヨナラ劇”【夏の甲子園100回! ベストシーン】
今年で第100回を迎えた“夏の甲子園”。 その 100年を超える歴史は名勝負の歴史でもあります。波乱・衝撃、旋風、怪物、ライバル、そし...
“善意の怪物” 安倍昭恵が最後に破壊するもの――2018上半期BEST5
2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。政治・国際部門の第2位は、こちら!(初公開日:2018年3...
小池百合子都知事のカイロ大学「卒業証書」画像を徹底検証する――2018上半期BEST5
2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。政治・国際部門の第1位は、こちら!(初公開日:2018年6...
ドクター・キリコ事件の衝撃 「生きづらさ系」はネット空間から生まれた
昨年10月、座間市で男女9人の遺体が発見される事件が発覚した。背景にはネットで「死にたい」と言っている若者たちが多いことがある。一方、...
「もっと強気で行け」安倍首相は佐川氏にメモを渡していた――2018上半期BEST5
2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。政治・国際部門の第4位は、こちら!(初公開日:2018年4...
なぜ韓国で日本への関心が急速に低下しているのか――2018上半期BEST5
2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。政治・国際部門の第3位は、こちら!(初公開日:2018年1...
“考える人”ヨシタケシンスケの「大人が読んでも面白い」絵本の世界
「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」でトップ10のうち4冊もランクインしたのが、ヨシタケシンスケさんの絵本と書籍。2013年に『り...
絵本作家・ヨシタケシンスケ 30代で売れなかった僕が40歳で絵本を出版するまで
イラストレーターで絵本作家のヨシタケシンスケさんは、絵本『りんごかもしれない』、『りゆうがあります』など数々のヒット作を生み出していま...
不登校10年の当事者が語る「“不登校後”をどう生きるか」
夏休み明けの9月1日は、子どもの自殺が年間でもっとも多くなる日と言われている。約10年間の不登校を経験し、高校3年生で起業。1億円規模...
ヤクルト・三輪正義の“致命的ミス”に、なぜか前向きになれた理由
8月4日、京セラドーム大阪で行われた対阪神タイガース12回戦。8対8で迎えた延長11回表、ヤクルトは上田剛史のタイムリーで1点を挙げ、...
背番号124の「野球小僧」 阪神・横田慎太郎が脳腫瘍から復活する日
一回り小さくなったように感じていた上半身には筋肉が付き始め、顔は小麦色に焼けていた。目が合うと「また、邪魔しに来たんですか?」と真顔に...