Forbes JAPANの掲載記事一覧

エアビーに「レストラン予約」機能 特別メニューも提供へ
エアビーアンドビーは9月20日、アプリ内からレストランが予約できる機能を追加した。エアビーアンドビーは昨年11月に旅先でのアクティビテ...
自動ブレーキ搭載で安全性評価の高い2017年モデル
新たに自動車を購入する人たちにとって、安全性が最も重要な点であることは常に変わらない。最近の車に搭載されている予防安全技術のうち、最も...
レシピ解析からナレーションまで、AI関連アプリの今
AI(人工知能)を使ったアプリと言えば、「Siri」や「Google Now」など、音声アシスタントが真っ先に思い浮かぶ。普通に会話す...
「ジハード」関連サイトの閲覧数、英国が欧州で最多か
英国のシンクタンク、ポリシー・エクスチェンジ(Policy Exchange)の調査の結果、ジハード(イスラム聖戦)に関連した内容を含...
仏コルベール委員会が東京芸大とコラボした理由
アール・ド・ヴィーヴル、というフランス語のニュアンスを日本語に置き換えるのは難しい。直訳すれば「生活することの芸術」となるが、フランス...
サハリンはなぜ今「ベビーブーム」なのか?
今年6月、サハリン東海岸の港町ホルムスクにある旧真岡王子製紙工場跡に潜入し、撮影していたときのこと。ふたりのロシア人少年がいきなり廃墟...
相乗り仲介の「ブラブラカー」、パリ近郊で通勤者向けサービス開始
パリを拠点とする相乗り仲介サービスのユニコーン企業、ブラブラカー(BlaBlaCar)は先ごろ、これまで提供してきた長距離移動での相乗...
メディアが報じる「不動産バブル崩壊」という嘘
2015年後半あたりからささやかれている「不動産バブル崩壊説」だが、そんなものは大嘘だ。こうした崩壊・暴落説でなぜか常にやり玉に上がる...
グーグルは「1200億円以上」を自動運転に投資 裁判資料で判明
アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が自動運転技術の盗用でウーバーを提訴している裁判で、新たな事実が浮き彫りになった。テクノ...
台湾の「電動スクーター版テスラ」 住友商事等から330億円調達
”電動スクーター業界のテスラ”の異名をとる台湾の「Gogoro」が9月19日、3億ドル(約335億円)のシリーズC資金調達を行ったとア...
製造現場を「スマート」に コマツ、YKK、KDDIらの取り組み
自動走行する建機、稼働率の把握。IoT、AI、センシングの活用によって、「スマートファクトリー化」が加速。製造現場が大きく変化している...
プレッシャー下でも冷静を保つ方法
毎日髪の毛をかきむしりながら生活したり、勤務したりするのは健康的ではない。プレッシャーにより能力が最大限引き出されることがあるのは確か...
トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」
かつて玩具業界の巨人と言われたトイザらスが9月18日、米連邦破産法11条の適用を申請して破綻した。負債総額は約52億ドル(約5800億...
ユーチューブ「30億回再生」でアーティストはいくら稼ぐ?
2つのミュージックビデオが先日、ユーチューブにおいて再生回数30億回を突破した──。ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーによる「デスパ...
いやが応でもEV時代!? 体験的「電気自動車論」
タイトルだけだと、電気自動車(EV)否定派の意見かと思われるかもしれないが、私はEVに魅力を感じる一人だ。まだEV黎明期の2009年末...
企業が「最高オムニチャネル責任者」を設置すべき理由
リーダーシップや企業文化は会社のトップから始まる。ゆえに経営幹部クラスは企業の成功にとって極めて重要だ。企業によってはCEOやCFO、...
スポティファイがHuluと提携 「学割プラン」でアップルに完勝
音楽ストリーミングサービス、スポティファイの有料会員数は7月末時点で世界6000万人を突破し、6500万人に迫る勢いだ。競合のアップル...
イノベーション企業を開発ツールで支える「縁の下の力持ち」
バグ追跡やスケジュール管理といったコラボレーションツールを開発する「アトラシアン」は一見地味な存在かもしれない。だが、その顧客リストは...
迷惑な「自動再生サウンド」を停止 クロームが新機能導入へ
ウェブを閲覧中に誰もが迷惑に感じるのが、サイトを開いた際に自動再生される動画コンテンツのサウンドだ。周囲の静寂を打ち破るようなタイミン...
ビットコインの米国での認知度は約8割、市場の成長に期待
専門家らの一部は、ビットコインはいずれ各国の通貨に代わる存在にもなると見ている。だが、中には「不正なもの」、または(かつてバブルの原因...