現代ビジネスの掲載記事一覧(5ページ目)

夫の介護生活を経て気づいた「高齢の母との旅」が与えるスゴイ効果
24歳のとき、レーシングドライバー太田哲也さんと結婚して大手百貨店を退職したのち、夫がレース中に大怪我にあい、介護生活をしていた太田篤...
国内初コラボ!ジミー チュウのアイコンが彩るアフタヌーンティー
フォーシーズンズホテル丸の内 東京のモティーフ レストラン アンド バーは、ジミー チュウとコラボレーションしたアフタヌーンティーを、...
留萌の海岸の春の風物詩・鷲だんご! オオワシが群がる先には!?
オットセイの亡骸に群がるワシたち ▲大きい写真で見たい方はこちらをクリック▲ 命が繋がる瞬間です 春の渡りの時期に稀に見られ...
絶景、グルメ、器、アートetc.まだ知らない、魅力が溢れる山陰(鳥取)の旅へ
鳥取県といえば、砂丘や温泉が有名ですが、海と山の両方がある鳥取の魅力はこれだけではありません。古代からの歴史や伝統をもち、素晴らしい自...
「円周率の日」に数字を無限に並べて計算してみたら...美しい!
突然ですが、3月14日は何の日かご存知ですか? そう! 円周率の日です! 昨年の3月14日も日本科学未来館では円周率と数学にまつわる...
発泡スチロールの小さな家をせおって日本中を歩いて気づいたこと
日本には「座る場所」が足りない 家と共に日本中を歩いていて頻繁に思うのは、座るところがないということだ。 スーパーでお弁当を買っても食...
提供:キリンビール ケース買いして友人にプレゼントするほど、本搾り™にハマっている宮本さん。そこには、人気プロ野球選手として日本中を沸...
「売上トップ」のタクシー運転手に学んだビジネスで本当に大切なこと
「人の行く 裏に道あり 花の山」。多数派とは違った考え方で行動すること、つまり「逆張り」の大切さを説いた、投資の世界で有名な格言だ。不...
1リットル1億円...!「月の水」発掘ビジネスに乗り遅れる日本
「月資源開発ビジネス」の幕開け 2019年2月22日午前7時29分、JAXAの探査機「はやぶさ2」が日本から3億km離れた小惑星「りゅ...
【首都圏】5年・10年後に「大化け」する駅ランキングを発表!
いまはまだ「割安」 せっかく高いお金を払ってマンションを買うのだから、住み心地がいいだけではなく、将来の売却が有利になる資産価値の高い...
ドイツを苦しめる「捕まえたIS兵士をどうするか」という超難問
イスラム国は今 いっとき中東世界を激しくかき回し、無差別テロでヨーロッパまで震え上がらせたISが、今、ようやく成敗されつつある。 IS...
いつもワインを「1本数百万円の味」に変える飲み方のコツ
適正な温度・湿度で熟成を重ねたワインからは、まるで花畑にいるような香りがし、長い余韻が残るという。これら、1本数万円、時には数百万円も...
一度「絶望」を知ってゼロになる浪人生、捨てたもんじゃない
受験シーズンも終わろうとしています。力及ばず受験に失敗して、「浪人」を選ぶ道は、自己の解体と新たな自己の創造への契機となります。挫折も...
「日本の保育無償化は誰も幸せにならない」といえるこれだけの理由
いよいよ来年度2019年10月の消費税アップと同時に、「幼児教育・保育無償化」がスタートすることになっています。そのための「子ども・子...
日本で生まれ育った女子大生が日本の避妊法の低レベルに驚愕した話
「#なんでないの」というプロジェクトがある。 23歳の大学生、福田和子さんが始めたもので、「日本にはなんで世界と同じようなレベルの避...
膨大な負担も...動物ボランティア「命を選ばなければならない悲しみ」
「愛護団体なのになぜうちで飼えなくなった子を引き取らないんだ」 「困った人を助けるのがあんたらの仕事じゃないのか!」 「好きで犬猫の保...
フランス人が「お金がなくても平気」でいる理由
20代で渡仏し、20年住んだのちに家族で帰国、現在は日本在住のエッセイスト、吉村葉子さん。吉村さんのエッセイは多くベストセラーとなって...
中村江里子が就活で悩んでいた時に目覚めた、恩人の「一言」
元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する中村江里子さん。2001年に結婚後、生活の拠点をパリに移してから18...
徴用工問題「日本から韓国への制裁検討」がやむを得ない理由
制裁を行えば、大打撃に いわゆる元徴用工問題で、日本政府が韓国に報復する見通しが強まってきた。麻生太郎副総理兼財務相は3月12日、国会...
東日本大震災の発生から8年が経過した福島県の漁業は、販路の拡大という大きな課題に悩まされている。 福島県沖の漁業は津波だけでなく、東京...