現代ビジネスの掲載記事一覧(2ページ目)

レスリング・栄和人監督が伊調馨選手らへのパワハラを認め、反省を表明した6月14日の緊急会見。そのわずか3日後、至学館大の谷岡郁子学長が...
誰でもトークンを公開可能な「新取引所」構想 前回(<世界最大の仮想通貨取引所が「日本を拠点にしない」理由>http://gendai....
今夜、西野ジャパンが突くべきコロンビア代表の「弱点」が分かった
コロンビアを丸裸にしよう ロシアワールドカップ、日本の懸案は「初戦、コロンビア」。その結果が大会を左右する。グループリーグはたった3試...
米国NCAAは日本の「体育会系」を変えることができるのか?
日大アメフト部騒動に思うこと 一時帰国のために東京に到着したのが2週間ほど前。それからテレビを点けるたび、朝も夜もほとんどのニュース番...
<データで判明>日本代表のメンバー構成「こんなにバランスがいい」
今回のロシアで、日本代表にとっては初出場から6回目となるワールドカップ。思い返してみれば、この6大会すべて、2年前の五輪に出場している...
ハーバード、イェール、国内大学でも必須!「英語を書く力」の学び方
2020年に大学受験が変わることはご存知の人も多いだろう。国語、数学で記述式が導入されることに加え、英語に関しては「書く」「話す」を評...
世界に暗い影を落としている 「貿易戦争をしかけたのはアメリカだ。中国は国益や経済のグローバル化、世界の貿易体制を守るために反撃せざるを...
自分の子供に「見た目のコンプレックス」を意図的に持たせる親の心理とは、一体どのようなものだろうか? 娘がダイエットするのを必死に止めさ...
松屋銀座紳士服シニアバイヤーが教える「真夏の汗ジミ&ニオイ」対策
高温多湿の日本の夏は、ビジネスマンにとって最もつらい季節。クールビズとはいっても、女性のようにノースリーブやサンダルで涼しい格好ができ...
世界遺産の寺社で次々「拝観料値上げ」が起こる複雑な事情
古くて新しい「拝観料値上げ」問題 世界遺産登録された寺社を中心に拝観料が値上げされている。 先月、毎日新聞が報じたところでは、東大寺大...
米朝会談のウラで実は激化していた「米中決戦」今後の展望
人口はウソをつかない 今回は、一つお知らせがあります。本日(6月19日)、25冊目の拙著『未来の中国年表』が、講談社現代新書から発売さ...
それでも日本人が「1ドル=100円割れ」の円高を警戒すべき理由
いまマーケットでは円安機運が高まっている。6月13日からの週にFOMC(米連邦公開市場委員会)が利上げを決めた一方、日本銀行がマイナス...
70歳を過ぎたら「もうがん検診は受けない」という選択
「百害あって一利なし」 60歳で働き詰めだった現役生活にきっぱりと別れを告げて10年目。70歳ともなると身体のあちこちにガタがくるもの...
大阪北部地震を地震学者はどう見たのか
6月18日午前7時58分に発生した大阪北部地震は、震度6弱を記録し、大きな被害を引き起こした。今回のような内陸地震は活断層によって発生...
6月17日 東京・神田に種痘所開設(1858年)
地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーを...
「疑似福祉施設」になっている刑務所の不合理な実態
神様に預けたお金だから 『刑務所しか居場所がない人たち』は、現下の刑務所が福祉施設としての機能を果たしている面が強いことを中学生の読者...
むしろ毒になる 高血圧と診断された。生活習慣も変えたけれど、なかなか血圧が下がらない……。仕方なく降圧剤を飲み始めた人もいれば、まだ薬...
6月12日と13日の連邦公開市場委員会(FOMC、米国の金融政策を決定する会合)では、政策金利を0.25ポイント利上げることが決定され...
日本人とは根本思想が違う「シンガポールリッチのマネー哲学」
米朝首脳会談が行われたシンガポールのセントーサ島は超富裕層が住む別世界です。外国人が唯一土地付きで購入できるセントーサコーブは不動産価...
名医20人が自分で買って飲んでいる「市販薬」実名リストを公開!
医師たちも避ける「抗コリン」 「夜間の緊急時や、休日で自宅から出ているときは、ドラッグストアで市販薬を購入しています。旅行先で、突発的...