現代ビジネスの掲載記事一覧(2ページ目)

地方銀行の9割は再編? テクノロジーが業界をガラリと変える
地方銀行の9割は再編、メガバンクも大激変は不可避……。フィンテックの専門家で、『銀行はこれからどうなるのか』などの著書で知られる泉田良...
アパレル業界を追い詰めた「三度の裏切り」...これではもう売れない
プラットフォーマーの裏切りの歴史 今やECの勢いは留まるところを知らず、店舗販売は存続さえ危ぶまれているが、アパレル業界にとっては人気...
未完成であることが完成した姿、という小説もある
吉田篤弘さんの新刊『おるもすと』の特設サイトはこちらから⇒http://news.kodansha.co.jp/6756 「何だろう、...
この国で、地方移住がまったく進まない根本理由が分かった
このところ地方移住への関心が再び高まっている。安倍政権がアベノミクスの一環として地方創生を掲げたことや、石破茂元幹事長が自民党総裁選へ...
9月19日 大気圧の存在が証明される(1648年)
地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーを...
アップルが「機械学習」に注力するたった1つの理由
「外見」の刷新を見送った新型iPhone アメリカ太平洋時間の9月12日午前10時、アップルは今秋向けの新しいiPhone計3機種を発...
9月18日 京都で国際理論物理学会議が開催(1953年)
地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーを...
世界最古の兵法書「六韜」に学ぶ出世の極意!!
出世にいるのは能力じゃない「ヒラメ力」なんだよ! ...
アリババ創業者ジャック・マー「引退宣言」全文を読んで分かったこと
世界7位の巨大企業トップが突然 先週9月10日は、中国では「教師の日」だった。一年に一度、全国の教師たちに対して、日ごろの苦労をねぎら...
自分は自己表現がうまくできている、と思いこんでいる人へ
1995年の刊行以来、23年間で16刷と版を重ねている『自分をどう表現するか―パフォーマンス学入門』。大学や社員教育用のテキストとして...
「老害」と「若手の力不足」は表裏一体 経済界には、70代の経営者が珍しくない。80代になっても実権を握る達者な人もいる。問題はその弊害...
ネット依存やゲーム依存が問題になりはじめたのは、2010年代はじめのことでしたが、その後も事態はますます深刻化しています。2018年、...
リーマン後10年、次に起きそうな「考えたくもない危機」のシナリオ
リーマンショックから10年、次の危機の「芽」 俗にリーマンショックと呼ばれた金融史のみならず世界史に刻まれる大事件が起きてから丸10年...
土地、マンション、アパート...お金持ちは不動産でこう「得」している
世を騒がせた「かぼちゃの馬車」問題などもあって、「不動産投資は怖い」と感じている人も多いだろう。しかし、『大富豪が実践しているお金の哲...
有名企業の社長たち、いまだから話せる「僕らの『就活』の履歴書」
22歳で、すべてを予測することは不可能だろう。ではトップに立った人物たちは、学生のとき何が見えていたのか?社長たちの「就活時代」を総力...
次の危機につながるマグマが…… 先週土曜日(9月15日)、世界を震撼させた、あのリーマン・ショックから10年の節目を迎えた。震源地だっ...
自称「AIエンジニア」が大量発生しているヤバイ現実
日本の大企業で大混乱 現在は空前のAI(人工知能)ブームだが、多くの日本人には「AI」とは何か、その論理的背景がほとんど理解されていな...
直木賞作家の篠田節子さんは、20年以上一人で母親を介護してきた。最近上梓した『鏡の背面』という長編サスペンスでは、シェルターを支えてき...
抑えきれずに盗撮・痴漢......警察官は「性欲」が強いのか
警察官の不祥事が頻発している。そのなかで最も多いのが「性」に関する犯罪だ。「市民を守る」公僕でありながら、制服の下に隠しきれない性欲を...
なぜ世界のメダリストたちは東京五輪に「強烈抗議」したのか
ロンドンオリンピック銀メダリストのドッチィー・バウシュ氏(米国サイクリングチーム)と、平昌オリンピック金メダリストら計9名のオリンピッ...