現代ビジネスの掲載記事一覧

長女虐待の疑いで逮捕された母の、悲痛な叫び
「揺さぶられっこ症候群で乳幼児が死傷。虐待した親が逮捕……」 そんな事件を目にする機会が増えている。だが、専門家からは「揺さぶられっこ...
ウイスキーには、加水しないと見えてこない魅力がある
提供:MHD ⇒前編【「虎の穴」で、テイスティングを猛特訓】 (構成:島地勝彦、撮影:立木義浩) シマジ: 曽我さんはどちらのお生まれ...
東大卒と結婚したけど「息子が東大入ったら泣く」という女
元日本経済新聞記者にして元AV女優の作家・鈴木涼美さんが、現代社会を生きる女性たちのありとあらゆる対立構造を、「Aサイド」「Bサイド」...
「嫌韓」でなくてもさすがに呆れる「韓国よ、そこまでやるか!?」
いまは協力すべきでしょ 元駐韓大使の武藤正敏氏が言う。 「韓国はしばしばTPOをわきまえない行動を取りますが、今回は人権派弁護士出身の...
やむをえず他人の子を叱るときの「3つの条件」
そんなに怒鳴らなくたって 11月9日、「女児、大声で叱られPTSDに 祭り主催の市に賠償命令」という報道があった(朝日新聞)。記事によ...
女性の「ガラスの天井」を打破する1番の方法は?
衆院選惨敗について、小池百合子希望の党代表(当時)は、ガラスの天井を上回る「鉄の天井があった」と語った。しかしガラスであれ、鉄であれ、...
それは本当に「虐待」ですか?二児の母が突然逮捕・起訴されるまで
生後間もない娘を虐待した疑いで逮捕、起訴された井川京子さん(仮名=37)。大々的に報じられたこの事件の容疑は「母親が殺意を持って乳児に...
中国共産党が「ネパール乗っ取り」を目論んでいるこれだけの証拠
中国からの旅行者が急増中のネパール。2013年の12万3000人から約6倍の伸びを見せ、2016年には73万人に達した。 同年の訪日中...
「いきなりステーキ」株価いきなり大高騰の理由
大人気となっている「いきなりステーキ」を展開するペッパーフードサービスの株価がすさまじい状況となっている。2016年末時点において60...
自治体が「地方創生」をガンバると、「人口減少」が加速するジレンマ
ついこの間まで「地方創生」を連呼していた安倍政権が、今度は「人づくり革命」だと騒いでいる。地方創生で地域を活性化し、地方の人口減少を食...
「大リストラ時代」突入!生き残る銀行員・消える銀行員の差はココだ
かつては誰もがうらやむ安定した職だった銀行員。それが大リストラの危機に直面中だ。いま再びベストセラーになっている吉野源三郎の著書にかけ...
回復の背景 「ようやく底入れした」と、胸をなでおろすのは、日本公認会計士協会の役員も務めたベテラン会計士。ここ数年、会計士の不人気ぶり...
サッカーW杯、スペイン代表が「分裂」する未来もあり得る
100年以上「バスク人だけ」で戦う強豪 11月上旬、スペイン北西部、フランス国境とも接するバスク自治州、ビスカヤ県のビルバオ郊外。名門...
アジアの新皇帝を目指す習近平の「札束外交」が止まらない
「権力の絶頂」の匂いプンプンで 「外交はカネで買えるのか?」――。 この古くて新しい問題を再提起したのが、今年のAPEC(アジア太平洋...
「不動産屋の仲介手数料は値引きできない」はフェイクだった
「3%+6万円」はあくまで上限 不動産を売買すると「仲介手数料」が発生することはご存知だろう。たとえば、5000万円の中古マンションを...
羽生結弦を「ケガ欠場」まで追い詰めたメディアの罪
60万円ものプラチナチケットが水の泡に 羽生結弦の出場するはずだったグランプリファイナル(12月)のチケットは、転売サイトで60万もの...
長女虐待の疑いで逮捕された母の、悲痛な叫び
「揺さぶられっこ症候群で乳幼児が死傷。虐待した親が逮捕……」 そんな事件を目にする機会が増えている。だが、専門家からは「揺さぶられっこ...
株高の今だからこそ手を出してはいけない、ある「金融商品」
「いまやらないと乗り遅れる!」は本当か? 株価が急上昇し、「投資しないと、相場に乗り遅れてしまう!」と焦りを感じている方もいらっしゃる...
恐怖の「DV連鎖」から逃れられなかった女の悲劇
ノンフィクション作家の石井光太さんが、「ワケあり」の母親たちを密着取材していく本連載。彼女たちが「我が子を育てられない」事情とは? *...
アメリカのパリ協定離脱で資金難も...日本が「肩代わり」の有効性
ドイツのボンで開かれていた「第23回・国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)」が日程を半日あまり延長、11月18日(日本時間)...