野球太郎の掲載記事一覧

ドラフト上位だけじゃない! 田中俊太(巨人)らキャンプで評価急上昇中の下剋上ルーキーたち
あっという間に春季キャンプも後半に突入。各球団で猛者たちがしのぎを削っている。  メディアの注目はやはりドラフト上位指名で入団した選...
阪神内野陣に歪み? 鳥谷敬セカンドコンバートの落とし穴......。上本博紀はどうなる!?
大山悠輔、糸原健斗、植田海、北條史也など生きのいい若手が登場し、活況の阪神内野陣。秋季キャンプでは大山が二塁、遊撃に挑戦していたが、こ...
敬遠にまつわるドラマの終焉? 敬遠の申告制は投手有利のルール改正となるのか
コリジョンルールやクロスプレーのリプレイ判定など、最近の球界は、毎年のように新しいシステムや考え方が取り入れられている。今季も、新たに...
福本豊は盗塁刺王。では三振、ボークの歴代1位は? プロ野球界になぜか残る“不名誉”な最高記録
NPBが集計している歴代最高記録には本塁打、打点、勝利数などのほかに盗塁刺、三振、併殺打、敗戦数などの不名誉な記録もある。  それら...
いつでもどこでも守って打つ。ホークスいちのユーティリティープレーヤー・本間満は“準備の男”だった
プロ野球のOBたちに現役時代のエピソードとユニフォームを脱いでからの第2の人生に迫る『プロ野球選手だった男たち ~あの日々、そして第2...
今宮健太が「守りやすい投手」に挙げた大隣憲司がロッテにテスト合格! 左腕不足のチームを救えるか
昨季終了後にソフトバンクを戦力外となり、合同トライアウトを受けるなど、現役続行の意思を示していた大隣憲司が、テスト生として参加していた...
【冬季五輪とプロ野球】冬季五輪イヤーにはセ・リーグに二冠王が出現!? 助っ人の打棒が炸裂!?
4年に一度のスポーツの祭典・オリンピック。今年は冬季五輪イヤーで、韓国の平昌を舞台に日々、熱戦が行われている。  夏季五輪と違い野球...
バリバリメジャーリーガー・青木宣親の価値は!? メジャー6年間の実績を振り返る
昨季は最下位に沈み、悲痛な状況だったヤクルト。しかし、1月末に大ニュースが飛び込んできた。青木宣親の復帰だ。  外野陣にはバレンティ...
FA市場停滞でメジャーリーガーが来日!? 赤鬼・ホーナーらMLB騒動で日本にやってきた超大物たち
今オフのメジャーリーグは厳冬のようだ。  ダルビッシュ有、上原浩治、イチローをはじめ、2015年のサイ・ヤング賞投手であるジェイク・...
キャンプ名物! 松井秀喜、杉下茂、若松勉、安仁屋宗八らレジェンドOBが臨時コーチで熱血指導!!
この時期のキャンプの話題といえば、OBが後輩たちを指導する臨時コーチ。ビッグネームが来場すると現役選手以上の注目度となってしまうのも仕...
安田尚憲(ロッテ)にかかる期待。マリンスタジアムでシーズン20本塁打以上打った選手は?
昨季は生え抜き大砲が注目を集めたシーズンだった。西武・山川穂高や中日・福田永将がシーズン後半は絶好調。阪神では中谷将大が久々の生え抜き...
青木宣親がヤクルトに帰ってくる......ので、崖っぷちに立たされる外野手はこの4人!?
ヤクルトに青木宣親が帰ってくる。以前、筆者は週刊野球太郎でバーネットと青木の復帰を願うコラムを書いたが、その願いの半分は叶ったわけだ。...
【清宮幸太郎を追え!】超大物ルーキーのキャンプの過ごし方。清宮と大谷翔平との共通点は?
高校通算111本塁打の実績を引っさげて、プロの世界へ飛び込んだ清宮幸太郎(日本ハム)。小学生時代からテレビの企画で前田健太(当時広島)...
堅実に力を発揮する男たちが花開く。今、アツいのは1992年生まれの「山田世代」だ!
プロ野球界でしばしば用いられる「◯◯世代」。  今なら旗手の復活が待たれる松坂世代(1980年生まれ)、世界を股にかける田中将大(ヤ...
今こそ強い広島を振り返りたい。田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也はいつからスタメンに定着した?
今季もセ・リーグの優勝候補筆頭は広島。1番・田中広輔、2番・菊池涼介、3番・丸佳浩、4番・鈴木誠也の並びは12球団屈指の上位打線だ。 ...
【高額年俸選手ランキング】最高は柳田悠岐(ソフトバンク)の5億5千万! 年俸3億円以上の男たち
プロ野球はキャンプイン。年末年始にかけて契約更改が終わり、今季の年俸も明らかになってきた。  一昔前は「1億円」が大台だったプロ野球...
広島は「°C°C°C(ドドドォー!!!)」。 セ・リーグ各球団のスローガンに込められた意気込みとは?
キャンプが始まり、開幕に向けて選手たちのテンションも上がっている。各球団のスローガンも出揃ったので、あらためてその意気込みを確認してお...
ホークスの落とし穴は1番!? 柳田悠岐は機能するのか? 2018年のソフトバンク打線を徹底予想!
昨季は日本一を奪還し、さすがの強さを見せつけたソフトバンク。今季はどんな打線になるのか、徹底予想してみた。 ◎ソフトバンク打線20...
シーズン出場試合数「1」の意味を解く! 大隣憲司も......5年以上在籍で「1」はクビが寒い?
松坂大輔が入団テストを経て中日に入団することが決まった。背番号「99」を背負い、新たなシーズンを迎えることとなる。松坂は2014年オフ...
V2を狙って「もう1頂(いっちょ)!」 今季、各チームスローガンから見える意気は!? パ・リーグ編
キャンプインを迎えて、各球団ともスローガンが出揃った。昨年のものと比較しつつ、まずはパ・リーグからチェックしていきたい。 ◎ソフトバ...