カラパイアの掲載記事一覧

猫の個体差がすごく良くわかる動画。4匹の猫によるドアの障害物対処法
猫の数だけ個性がある。それは人間と一緒で、みんな違ってみんないいのだ。  猫を何匹か飼っている人ならわかると思うけど品種、柄による特性...
これが噂の「ブラックナイト衛星」なのか?月を横切る謎の黒い物体が撮影される
動画を見てもらう前に「ブラックナイト衛星」について説明しよう。  地球付近を周回する人工衛星はその全てが人類が作り上げたものであるはず...
ハロウィンやし、こんなんどう?骸骨にモフられて恍惚の猫
ハロウィンとはもともとは、古代ヨーロッパでケルト民族が秋の収穫を祝い、先祖を祀るためのお祭りだったといわれている。  その後キリスト教...
スマートフォンの未来の姿は?ドローンスクリーン、タトゥースクリーンなど、4つの最新インターフェース事情
もはやタッチ操作で画面を操作するのが当たり前となったスマートフォンだが、次世代のスマートフォンはどうなっているのだろう?  最近、ドイ...
聖杯伝説!?鎧の騎士が持つ剣を抜いて別の場所に差し込むと..ロシアの彫刻師が手掛けた仕掛けコインがすごい!
あっと驚くような仕掛けがある職人のアートは何度見ても飽きないものだが、ロシアの彫刻師が手がける見事な仕掛けコインがネットをざわつかせて...
ギリギリセーフ。重力に抗う人・モノ・動物・自然のチャレンジ魂を見守るの会
地球には重力がある。そのおかげで地面を歩くことができるのだが、そのせいで落ちたり転んだりもする。  時に宇宙空間のごとく、時にドラえも...
オナラを我慢すると口から漏れる!?その真相は...
istock 「出物腫れ物所嫌わず(でものはれものところきらわず)」ということわざがあるように、おならも腫れ物もこっちの状況はお構いな...
うまいうまい、猫うまい。全部溶かしきるほどに猫を舐める鹿
これまでも、鹿が熱心に、あるいはおいしそうに猫を舐めまくる動画は紹介してきたが、続々とニュータイプが登場してきているということは、猫っ...
子猫?ラザニア?子犬の鳴き声が謎かわいいと話題になっている模様。
「我が家の愛犬ペッパーの鳴き声を聞いてみてほしい」ということで海外掲示板Redditにて、とある子犬の鳴き声が話題を呼んでいた。  と...
私が見ているものは一体何なの??ネット民を困惑させた「どう見ても後頭部にしか見えない写真」その真相は?
image credit:Twitter 白×金に見える人もいれば青×黒に見える人もいる不思議なドレスをはじめ(関連記事)、しばしばネ...
春巻きの皮がサクウマ!カレー味のじゃがいもがホクウマ!インドのサモサ風スティックの作り方【ネトメシ】
インド料理の軽食のひとつ「サモサ」は、じゃがいもにひき肉を加えたものにカレーのスパイスを入れ、薄い皮で包んでさっくり揚げた人気の料理だ...
ノルウェーの農村地帯でバイキングの船葬墓が発見される
ノルウェー、エストフォル県に広がるのどかな農村地帯には、数世紀前の秘密が隠されていた。  高解像度の地中探知レーダーによって、そこにバ...
巨大な光の尾を引いた謎の発光物体が中国各地で目撃される
2018年10月11日午後6時45分頃、中国各地で謎の発行物体が目撃された。目撃証言は多く、北京市、重慶市、山西省や内モンゴル自治区で...
Animal Aid~「痛いよ、怖いよ!助けて!」道端でケガをしておびえ切った子犬の保護作戦
インドの街ウダイプルで、ストリートアニマルたちの保護に献身的に取り組んでいる、Animal Aidのスタッフたち。彼らのもとへ今日飛び...
ニューヨーク市の公立学校の学生の約10人に1人がホームレスであることが判明(アメリカ)
アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク市では学生の10人に1人がホームレスの支援施設や親戚の家で暮らしている。これは同市始まって以来の多...
臨床実験で検証済み。食べると高確率で悪夢を見るハンバーガーを期間限定で販売するバーガーキング
その理由はハロウィンだから。  バーガーキングが11月1日まで期間限定で販売するのは、食べると高確率で悪夢を見ることができるというハン...
猫のせいで電気代が支払えないと訴えていた飼い主だが動かぬ証拠を突きつけられ猫は無罪を勝ち取る(ロシア)
ロシア・シベリアのバルナウルにあるお宅で飼われている猫・ヴァシーリイ、略してヴァシャは人生の大ピンチを迎えていた。  電気代を払う払わ...
この子がいてくれて本当に良かった。ペットと強い絆で結ばれていった飼い主たちの投稿写真
ペットを飼うということは、その命に最後まで責任を持つということだ。  愛情をもって、ちゃんとお世話していけば、彼らは無限大の癒しやぬく...
フェレットの母親がニンゲンに我が子を見せたくて。何度も何度でも手を引っ張って巣箱に引き入れる
フェレットのお母さんは無事出産を終え、かわいい赤ちゃんが誕生したようだ。  自慢の我が子を飼い主に見せたかったのだろう。フェレットのお...
2020年に「人工月」を打ち上げる計画を発表。本物の月の8倍の明るさで街灯の代わりに(中国)
istock 中国、成都の宇宙開発業者がこのほど、月の8倍の明るさのある「人工月」を打ち上げて、従来の街灯代わりに利用しようという計画...