まぐまぐニュースの掲載記事一覧

日本は今後どうなる。サウジ記者殺害の余波がもたらす世界恐慌
米中貿易戦争やサウジアラビアの反政府記者の殺害、さらにEU内にくすぶるさまざまな問題により、見通しがつかない状況が続く世界経済。囁かれ...
NEW
中国への軍事的牽制か。トランプが突如INF離脱を表明した理由
1987年、アメリカのレーガン大統領とソ連(当時)のゴルバチョフ書記長との間で調印された、中距離核戦力全廃条約(INF)。そんな「軍縮...
ZOZOタウンに学べ。衰退市場を救う「大量生産」とは真逆の手法
スポーツメーカーの中には、他業界への進出や国内市場に見切りをつけるなど、既存市場を離れる戦略を取る企業も増えてきています。しかし、「既...
【東陽町】ラーメン官僚の心をも痺れさせた担担麺【じねん担担麺】
日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。まぐまぐの新サー...
資格をとって満足してしまう人が「もったいない」と言われる訳
接客や販売に関する資格を取るべきかどうかという相談をよく受けるという、接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。その答え...
なぜ言われた事を全てやってるのに評価がちっとも上がらないのか
「ギブ・アンド・テイク」というフレーズは日本語の中にすっかり溶け混んでいる横文字の元祖ですが、実は使い方次第で、2つの正反対の意味にな...
部下の「NGウソ」の見分け方と、発見した上司が取るべき態度
信じていた部下だったのに、蓋を空けてみたら言っていたことがまったくできていなかった……なんて経験はありませんか?学歴やコネが無くても年...
【脱線事故】自転車で台湾一周の日本人も追悼「台湾加油」まとめ
21日午後4時50分(日本時間同5時50分)ごろ、台湾北東部・宜蘭県を走行中の特急列車「普悠瑪(プユマ)6432号」が脱線し、現在まで...
現役医師が警告。採算重視の大学病院から「総合診療科」が消える日
身体の調子が悪いけど、どの部分が悪いのか自分では判断できない……。そんな方がまず受診し、適切な科で診療を受けられるように導いてくれるの...
世界に遅れをとった日本が、偏見を捨て「eスポーツ」大国となる日
今年8月、アジア最大のスポーツの祭典「アジア競技大会」で、ある競技がデモンストレーション競技に採用され、日本人チームが優勝し話題となり...
米中貿易戦争で強気の姿勢崩さずも、すでに敗北の軌道に乗る中国
米中貿易戦争の今後の展開については様々な議論がなされていますが、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんはどう見ているのでしょうか。北野さ...
【最新情報】台湾で特急列車が脱線。18人死亡、187人以上が負傷
10月21日午後4時50分(日本時間同5時50分)ごろ、台湾北東部・宜蘭県を走行中の特急列車「普悠瑪(プユマ)6432号」が脱線し、現...
【堀江貴文×三田紀房】ホリエモンが、再び「東大受験」に挑む?
メルマガ『堀江貴文のブログでは言えない話』も大好評な、出版やビジネスにと精力的に活動を続けるホリエモンこと堀江貴文さん。そんな堀江さん...
「バイト先の食堂に客が来ず店が閉店しちゃう」Tweetに大反響!
「大好きなバイト先の中華食堂にお客さんが少なすぎて、このままだとお店が閉店しちゃう!」と、アルバイトとして働く女性がSNSに投稿し、そ...
精神科の診察料や薬代を負担してくれる「自立支援医療」の実力
継続しなければならない場合が多い精神科への通院ですが、自己負担金額がかなりかかることで、通院をやめてしまうパターンもあるそうです。しか...
「改善」と「その場凌ぎ」の違いが分からぬ経営者が会社を潰す
「早く何とかしないと」という状況に陥ってからその場凌ぎで乗り切っている経営者は、いずれまた窮地に追い込まれると断言するのは、無料メルマ...
【書評】習近平が提唱した新都心「雄安」は今どうなっているのか
習近平国家主席が提唱した中国の新都心「雄安」ですが、その現状を調べてみると大変な事実が明るみになったそうです。今回の無料メルマガ『クリ...
籠池氏の妻・諄子氏が「本音獄中記」上梓。執筆の心境語り大反響
大阪府にある国有地の大幅値引き払い下げ問題に端を発する、学校法人森友学園をめぐる騒動「森友事件」。安倍首相や昭恵夫人、その他複数の政治...
男性の生涯年収に差が出る原因はスキンケア?【MB×あつこ対談】
人気ファッションアドバイザーにして、メルマガ『【最も早くおしゃれになる方法】現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディ...
キューティ鈴木が熱演「おっぱいチェック体操」でセルフチェック
近年、日本における女性の乳がんの罹患率と死亡率は増加傾向にあり、年間1万5千人もの人が命を落としています。1996年を境に、乳がんが女...