Business Journalの掲載記事一覧

スズキのジムニーが飛ぶように売れている理由...死角は安全装備?
8月の夏本番を迎えて、国産自動車メーカー各社から発表される2019年3月期第1四半期決算が出揃った。国内では「若者のクルマ離れ」などが...
ドンキ、繁栄を謳歌...渋谷に120mビル開発、他社店舗を次々ドンキ型に転換で売上爆増
ドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長兼CEO(最高経営責任者)は意気軒昂だ。8月13日に開いた事業説明会で、米小売大手ウ...
「中高年向け」テレ朝、視聴率2位の裏で深刻な事態...バラエティ壊滅的、広告収入低迷
テレビ朝日は2012年度、念願の視聴率三冠王にあと一歩までに迫った。ところがその後、G(ゴールデン)P(プライム)帯(夜7~11時)の...
小栗旬、米ハリウッド進出か...来年1年間、日本での活動を完全休止か
8月17日に公開された映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』で、主人公・坂田銀時を演じている俳優・小栗旬が、来年ハリウッドに進出すると...
フジ『グッド・ドクター』社会的ブームの予兆...『コウノドリ』と局を越えた演出に感涙
俳優の山崎賢人が主演を務める連続テレビドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)の第6話が8月16日に放送され、平均視聴率は10.8%...
期待の大作『ハゲタカ』がフジ『グッド・ドクター』に叩き潰されてしまった理由
8月16日放送の連続テレビドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)第5話が、平均視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録...
櫻井翔、小川アナと電撃結婚の可能性も?情報飛び交う...『ZERO』出演曜日増加を交渉か
人気アイドルグループ嵐の櫻井翔とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサーの関係をめぐるマスコミの動きが、再び熱を帯び始めているようだ。  2人...
増加する高齢者の生活保護、将来は100人中6人のシナリオも
少子高齢化や人口減少が急速に進むなか、社会保障費の増加や恒常化する財政赤字で日本財政は厳しい。税や保険料等で賄う社会保障給付費(医療・...
なぜ高校野球部は才能ある選手を潰してしまうのか?
熱い戦いが、今年も阪神甲子園球場で繰り広げられている。 「夏の甲子園」こと全国高等学校野球選手権大会は100回目ということで、かつての...
【富田林署・逃走】大阪府警、不祥事続出の内部実態...被害届取り下げ強制、交通違反もみ消し
大阪の富田林警察署で拘留中の男が逃走して騒動になっているが、驚いている人は私の周囲にはあまりいない。むしろ、「いかにも大阪府警らしい」...
菅官房長官、野田聖子氏に激怒...野田氏の金融庁への圧力、麻生財務相によるリーク説
いつにもまして菅義偉官房長官が怒っている――。  首相官邸番の記者らの間でこんなことが囁かれたのは、野田聖子総務大臣の事務所が金融庁の...
上野駅、上下3層の不思議な構造の秘密...なぜ東京の玄関口に?巨大駅の135年の歴史
上野駅は首都圏にあるターミナル駅のひとつだ。東北・上越・長野といった新幹線ネットワークの整備、さらに2015年の上野東京ラインの完成に...
木村拓哉、ジュリー副社長の管轄下か...ジャニーズ内派閥争いに変化
8月24日に公開される映画『検察側の罪人』(東宝/原田眞人監督)で初共演、ダブル主演を務める木村拓哉、嵐の二宮和也が、7月24日発売の...
『高嶺の花』野島伸司は脚本を思いつきで書いている可能性...石原さとみも投げやり演技
石原さとみ主演の連続テレビドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第6話が15日に放送され、平均視聴率が前回から0.4ポイント減の7.8%...
安倍政権が検討するサマータイム、睡眠不足で多大な健康被害...時計修正など膨大な手間
2020年東京五輪・パラリンピックの“暑さ対策”として、サマータイム導入の検討が本格的に始まった。東京五輪組織委員会の森喜朗会長が先月...
明石家さんま、必死の「流行りに敏感アピール」に業界内で「痛々しい」との声も
「死後硬直」――明石家さんまは、自らの現状をそう評した。8月5日、木村拓哉がパーソナリティを務める新ラジオ番組『Flow』(TOKYO...
絶賛を集める『グッド・ドクター』に違和感...フジテレビの戦略勝ちか
まさに、評判も数字も右肩上がり。『グッド・ドクター』(フジテレビ系)が好調だ。視聴率は11.5%、10.6%、11.6%、10.6%、...
高齢者の間で「意外な大ヒット商品」が続出している理由
昨年発表された総務省統計局のデータによると、現在日本の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は27.7%と過去最高を記録。厚生労働省の...
大塚家具、久美子社長の辞任拒否で再建計画進まず...辞任が条件の支援元候補と交渉難航
大塚家具が8月14日に2018年12月期上期決算(1-6月期)を発表した。この決算に注記事項として「当社には継続企業の前提に関する重要...
西友、売却が混迷...中国アリババも有力、「隠れ本命」は住友商事か
西友は、堤清二氏が率いるセゾングループが1956年に設立した「西武ストア」が母体。バブル崩壊後に財務体質が悪化し、2002年に米ウォル...