MEDLEYの掲載記事一覧

子宮筋腫の治療にはどの方法が有効か
子宮筋腫は子宮の良性腫瘍で、害がない場合もありますが、痛みや出血の症状を現すことがあり、いくつかの治療法があります。これまでの研究デー...
慢性便秘症の薬ほか、新薬4製品はどんな薬?
1月19日に、厚生労働省が新薬13製品を承認しました。そのうちグーフィス、ネキシウム、レキサルティ、イブリーフの効能・効果などを紹介し...
腹部手術の前に呼吸訓練の指導30分で術後の合併症を予防
腹部の手術のあとで肺炎などの合併症が現れることがあります。合併症を防ぎ回復を促すなどの目的で、呼吸訓練を行うことがあります。呼吸訓練の...
既存治療で効果不十分な全身性エリテマトーデスにベリムマブが有効
全身性エリテマトーデスの治療にはステロイド薬などが使われますが、薬を使っても効果不十分となる人もいます。中国・日本・韓国で、ベリムマブ...
根絶が近いギニア虫症、2017年前半の報告は1か国だけに
ギニア虫症は、アフリカ大陸に分布する寄生虫の感染症ですが、根絶が間近と考えられています。2017年の1月から6月には前年よりさらに少な...
非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬ほか、新薬4製品
1月19日に厚生労働省が新薬13製品を承認しました。そのうちテセントリク、リムパーザ、ベスポンサ、ナルベインの効能・効果などを紹介しま...
再発/難治の多発性骨髄腫にカルフィルゾミブなど3剤で生存期間が延長
血液の細胞に由来するがんの一種である多発性骨髄腫は、抗がん剤などを使って治療されます。レナリドミドとデキサメタゾンの治療にカルフィルゾ...
自家製の缶詰でボツリヌス症に、8-11か月入院したドイツの夫婦
食中毒の中でも、きわめて強い毒素を作るボツリヌス菌によるものは、現代の先進国でも発生しています。ドイツで自家製の缶詰から食中毒になり、...