MEDLEYの掲載記事一覧

生後9か月の女児はなぜ鉛中毒になったのか
鉛中毒は貧血・腹痛・神経症状などを起こします。現代では対策も進んでいますが、鉛を使った製品は身の回りにあります。生後9か月の子供に鉛中...
非小細胞肺がんの体幹部定位放射線治療は誰が使う?米学会の推奨
肺がんの治療にも使われる体幹部定位放射線治療は、狙った場所に正確に放射線を照射する技術です。非小細胞肺がんに対する体幹部定位放射線治療...
肥満の人は食事療法で死亡率が下がるのか?2万人のデータを統合した結果
肥満は多くの病気に結び付きます。食事や運動で体重を減らすことも治療の一環とされます。では減量で死亡率に改善はあるのでしょうか。これまで...
重症の喘息でベンラリズマブを使うとステロイド内服薬を減らせるか?
喘息にステロイド内服薬(飲み薬)を使うことがあります。効果的で重要な薬ですが、長く続けて使う場合は特に副作用にも注意が必要です。治療に...
再発・進行した尿路上皮がんにキイトルーダは効く?
膀胱がん、尿管がんなどは尿路上皮がんと総称されます。治療法のひとつが抗がん剤ですが、治療後に再発するなどの場合もあります。再発・進行が...
高齢者が転ばないようにするにはどの方法が効果的?
高齢者の転倒は骨折につながりやすく、以後の生活に大きく影響する場合があります。転倒防止のためにこれまで研究されてきた方法の効果について...
再発・難治の古典的ホジキンリンパ腫にキイトルーダは効く?
ホジキンリンパ腫は血液の細胞に由来するがんの一種です。治療には化学療法(抗がん剤治療)などがありますが、効果が十分に得られない場合もあ...
子供が1型糖尿病と診断されたら末期腎不全になる割合はどれくらい?
1型糖尿病は子供にも発症します。2型糖尿病と違って肥満が原因ではなく、原因は不明です。将来の合併症も懸念されますが、末期腎不全の発症率...
免疫チェックポイント阻害薬アテゾリズマブは非小細胞肺がんに効く?
アテゾリズマブ(商品名テセントリク®)はがん治療薬です。免疫チェックポイント阻害薬に分類されます。ある種類の肺がんに対する効果を試す研...
砂糖を減らして肉を食べるのが本当にいいのか?新研究をめぐる論点
食事と健康の関係について無数の研究がありますが、結論が一致していない点もあります。最近報告された大規模研究の受け止めかたについての意見...
「人参筋骨丸」「虫草活絡丹」にステロイド成分、シンガポール機関が注意喚起
ステロイドの成分を含む健康製品が売られていたとして、シンガポールの機関が消費者に対し、インターネットや輸入を介して購入される可能性に注...
鍼・指圧で自然分娩を促せるか?
出産予定日ちょうどに産まれないのは正常妊娠でもよくあることです。陣痛を促す狙いで卵膜剥離という方法もありますが、ほかの方法を試したい女...
前立腺がんの抗がん剤治療でカバジタキセルを減量しても効果はあるか?
前立腺がんの治療にカバジタキセル(商品名ジェブタナ®)を使うことがあります。標準的な用量よりも少なく使って効果が得られるかが検討されま...
水ぶくれが消えても痛い、帯状疱疹後神経痛は予防できるか?
帯状疱疹は皮膚の痛みと水ぶくれが特徴です。見た目の症状が消えてからも数か月以上痛みが続くことがあります。帯状疱疹後神経痛と言います。帯...
乳児が動けなくなる「脊髄性筋萎縮症」の新薬で運動改善、死亡率低下
脊髄性筋萎縮症は筋力低下などを特徴とし、重症の場合は人工呼吸が必要になります。治療は確立していません。新薬ヌシネルセン(商品名スピンラ...
麻疹(はしか)の死亡者数は2000年から84%減、それでも年間9万人
麻疹は日本では2015年に「排除状態」と宣言されましたが、外国から持ち込まれるなどの例もたびたび報告されています。世界では2016年の...
抗がん剤ダブラフェニブとトラメチニブ使用後5年の生存率は?
ダブラフェニブとトラメチニブは、皮膚がんの一種に対する治療薬です。治療後の患者を5年以上追跡して長期の効果を調べた結果が報告されました...
両方の鼻に磁石が入り、引き合って取れなくなった11歳男子
鼻に異物が入ることは子供にはよくあります。耳鼻科などですぐに取り除けることが多いですが、入ったものによっては危険性もあります。磁石が入...
大豆タンパクの健康強調表示に認可取り消しを米機関所長が提案
大豆のタンパク質に対する健康強調表示に科学的証拠が不足しているとして、アメリカの食品安全などに関わる政府機関の食品医薬品局(FDA)が...
発がん性などの恐れ、未承認薬物のネット販売をシンガポール機関が警告
シンガポールの健康科学庁(HSA)が、深刻な害を及ぼす恐れのある化学物質がオンラインで販売されていたとして、消費者に注意を促しています...