MEDLEYの掲載記事一覧

更年期のホルモン療法、寿命に影響は?
更年期障害に対して女性ホルモンを補充する治療法があります。効果的な治療ですが、乳がんを増やすなどの可能性も指摘されています。長期追跡デ...
前立腺がんのロボット手術と開腹手術はどっちがいい?
前立腺がんの手術では、お腹を大きく切る従来の方法に代わって、ロボット手術が普及してきています。手術方法による違いが調査されました。 限...
子宮頸がんを起こすHPVの予防接種に米医学賞
ヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチン開発に関わった研究者2人が、国際的な医学賞に選ばれました。有名医学誌は相次いで関連記事を掲載...
乳がんでセンチネルリンパ節に転移があったら、周りも取るべき?
乳がんの手術では、再発防止のためリンパ節をまとめて取り除く方法がありますが、リンパ浮腫などの原因にもなります。センチネルリンパ節の検査...
インターネット上の治療で禁煙できる?
禁煙のための治療にはいろいろな方法が工夫されています。インターネットを利用する試みもあります。インターネットによる禁煙治療の効果として...
ダイエット中のチェックはどの方法がいい?12か月続けた結果
体重を減らす方法はさまざまな面から研究されています。体重や食事内容をチェックする方法の違いによって減量効果が変わるかが検討されました。...
「幹細胞治療」の無法が世界を襲う!ランセット誌が報告
幹細胞への期待を利用し、規制をくぐり抜けて「治療」を名乗る危険な医療行為が世界的に問題になっています。米国食品医薬品局など、多くの立場...
免疫療法「CAR-T」で患者死亡、臨床試験に実施保留命令
免疫を利用してがんを攻撃する治療の臨床試験で死亡者が出たことなどにより、アメリカの規制当局により試験の実施保留命令が出されました。開発...
脳の活性化よりWiiのほうが効き、生活の質もよくなった
「脳を鍛える」と称する製品は多く出回っていますが、認知症予防などにつながるかは不明な点が多く残っています。コンピュータを使う訓練の方法...
妊娠したら太らないようにするべき?食事と生活習慣の効果を検証
妊娠中の体重増加はどれくらいが適度か気になるところですが、コントロールするのもなかなか難しいものです。過去の研究データをまとめた結果、...
急性膵炎で腹痛、しかし飲酒も胆石もなかった74歳男性
急性膵炎の原因になるものとして飲酒や胆石が知られていますが、原因がわからない場合もあります。薬が原因と思われた人の例が報告されました。...
どっちが効く?ALK陽性非小細胞肺がんにザーコリとアレセンサを比較
クリゾチニブ(商品名ザーコリ®)とアレクチニブ(商品名アレセンサ®)は肺がんの治療に使われています。似た状況で使う薬ですが、効果を直接...
がんが脳に転移、手術後の定位放射線治療は有効?
脳は全身のさまざまな臓器からがんの転移が来やすい場所です。転移の治療として手術で取り除く場合があります。手術後に定位放射線治療を加える...
全粒穀物でコレステロールは下がらず、病気予防効果は不明?
玄米などの全粒穀物が体に良いのではないかとする報告が過去にはいくつも出ています。しかし試験の結果からは効果不明とする報告がなされました...
糖尿病で足がひび割れ、保湿剤で治る?
糖尿病の人では、足の血行が悪くなり感覚が鈍くなるなどの変化によって、足に重い感染などが現れることがあります。悪化を防ぐため、足にひび割...
抗がん剤のスケジュールほか、効能など追加の5製品はどんな薬?
8月25日に、医療用医薬品8製品について、新効能などの追加が承認されました。そのうちアブラキサン、ビムパット、献血ノンスロン、リュープ...
抗菌薬の適正使用とは?
抗菌薬は決められた量を決められた期間用いる必要があります。これを抗菌薬の適正使用というのですが、どうして適正使用が望まれるのでしょうか...
ホモシステインを減らす治療で心筋梗塞は防げない?
ホモシステインは体内の化学反応の過程で作られる物質です。ホモシステインが多いことが動脈硬化と関係するという説があります。ホモシステイン...
難病の血管炎の治療薬ほか、効能など追加の3製品はどんな薬?
8月25日に、医療用医薬品8製品について、新効能などの追加が承認されました。そのうちアクテムラ、ネオーラル、レボレードの新効能などを紹...
妊娠糖尿病と言われたら、次の妊娠までにやせるべき?
妊娠中は血糖値が上がりやすくなります。妊娠糖尿病と呼ばれる状態は、子供に影響する恐れもあり、注意が必要とされます。次の妊娠の前に治療し...