「サイエンス」のニュース(5ページ目)

科学技術の最新ニュースはこちらから。

サイエンスのニュースRSS

下水中の抗菌薬の濃度を調べれば各薬剤の使用実態が推測可能、大阪医科薬科大学研究チーム報告
抗菌薬の使用量と下水中の濃度からの推計値が一致 下水中の抗菌薬の濃度から、各薬剤の使用実態を推測可能なことが分かった。 大阪医科薬科大...
サイエンス
【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモ(NASDAQ:MASI)は、同社の脈波変動指標(PVi)を小児患者のぜんそく...
サイエンス
コロナ201人感染 岡山県発表分
岡山県庁 岡山県は26日、201人の新型コロナウイルス感染を発表した。津山市36人、瀬戸内市24人、総社市16人、玉野市15人、笠岡市...
サイエンス
ボーイング新型宇宙船が帰還 ISSへの無人試験飛行成功
国際宇宙ステーション(ISS)への無人飛行試験を終え、米ニューメキシコ州に帰還する米ボーイング社の新型宇宙船スターライナー=日本時間2...
サイエンス
不妊治療の正しい情報をメディア「正直不妊治療」オープン ”正しい”生殖医療・”正しい”妊娠の形を発信
企業の抱える従業員の”メンタルヘルス”に関する様々な課題をクラウドサービスで解決する、メンタルヘルステクノロジーズは「元気な子供を授か...
サイエンス
サル痘、スペインで59人感染確認
サル痘ウイルス粒子の電子顕微鏡画像。米疾病対策センター提供(撮影日不明)。 【AFP=時事】スペインで25日、新たに59人がサル痘ウ...
サイエンス
火星探査機から届いた最後の「自撮り」、間もなく永遠の休息へ
火星着陸探査機「インサイト」から送られてきた最後の自撮り写真/NASA/JPL-Caltech(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の火...
サイエンス
レーザー光照射で歩く「カニ」 微小ロボット開発の一環―米中チーム
コインの縁に乗せた微小な「カニ」(大きさ約0.5ミリ。画像右は拡大写真)。関節に形状記憶合金を配置し、レーザー光を照射して歩かせること...
サイエンス
ロシュ、サル痘ウイルスの検査キット3種を開発
[25日 ロイター] - スイスの製薬大手ロシュは25日、サル痘ウイルスを検出する3種類の検査キットを開発したと発表した。通常...
サイエンス
待ち伏せるマダニの脅威 「知らない感染症?」新たなウイルス発見も
"枝の先で動物やヒトが通りかかるのを待ち伏せするマダニ=大阪健康安全基盤研究所提供"  人や野生動物の血を吸うマダニが媒介する感染症...
サイエンス
高温と低温に強い新型リチウムイオン電池の量産化を実現―中国
高温と低温に強い新型リチウムイオン電池の量産化を実現―中国 中国科学院深セン先進技術研究院が24日に明らかにしたところによると、同研究...
サイエンス
日本の医療の抱えている複雑な課題
大阪に異動して2か月 大阪に異動して2か月近くが経った。31歳の時に米国ユタ大学に留学する前には予想だにしなかった研究者人生を歩んでい...
サイエンス
子供にコロナワクチン、不安な人に伝えたい事情
アメリカでは子どもにもコロナワクチンの接種が進んでいる(写真:ロイター/アフロ) 小児に対する新型コロナワクチンの開発が進んでいる。...
サイエンス
4億年前の「謎の古生物」正体解明 ミッシングリンク埋める存在
"パレオスポンディルスの頭骨の立体的なモデル=理化学研究所提供"  理化学研究所などの研究チームが、約4億年前の地層から見つかった謎...
サイエンス
長い間お疲れ様!火星探査機インサイトから最後のセルフィーが到着
Image: NASA/JPL-Caltech 2022年4月24日撮影されたこの画像が、インサイトの最後のセルフィーになります 火星...
サイエンス
地方に波及する梅毒パンデミック 年内に1万人感染の可能性も
新規感染者が地方都市に広がっている(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ 「梅毒」の感染拡大が止まらない。主に性行為で感染するこの感染...
サイエンス
【不妊治療】ついに保険適用が開始。制度概要と注意点を2つ押さえる
助成金との兼ね合いや保険適用となる回数に注意 2022年4月1日、ついに不妊治療の一部に保険が適用されました。 これまで不妊治療は健康...
サイエンス
上海の中西医結合医院、新型コロナ患者のリハビリ外来を開始
上海の中西医結合医院、新型コロナ患者のリハビリ外来を開始 10日、患者を診察する上海中医薬大学付属岳陽中西医結合医院の医師。(上海=新...
サイエンス
立命館大、曲げると起電力が変化する軽くて柔らかい光発電デバイスを開発
立命館大学は5月24日、圧電-半導体-光励起の相乗効果である「ピエゾフォトトロニクス効果」を用いて、「曲げると起電力が変化する軽くて柔...
サイエンス
リチウムイオン電池の高性能化につながるニッケル系材料、横浜国大などが開発
●リチウムイオン電池高性能化に向けた課題東北大、リチウムイオン電池の負極の理論容量を10倍にする技術へ一歩前進 横浜国立大学(横浜国大...
サイエンス