「サイエンス」のニュース(5ページ目)

科学技術の最新ニュースはこちらから。

サイエンスに関するキーワード

サイエンスのニュースRSS

5月12日 英国の看護師、ナイチンゲールが生まれる(1820年)
地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーを...
現代ビジネス - 10日前
サイエンス
モントレー水族館研究所が「深海の音」をYOUTUBEでライブ配信中!
想像を絶するほどディープな海の深さに関するお話は以前お伝えしたが、地上にいながらにして深海の音を楽しめる動画が話題になっている。  こ...
カラパイア - 10日前
サイエンス
アルミニウムイオン電池用の集電体と正極材料を開発 - Empaなど
スイス連邦材料試験研究所(Empa)とチューリッヒ工科大学の研究チームは、低コストな次世代二次電池として期待されるアルミニウムイオン電...
マイナビニュース - 10日前
サイエンス
Caイオンを検知し、脳神経活動を直接観察できるMRI法を開発 - MIT
マサチューセッツ工科大学(MIT)の神経科学者チームは、脳内の神経活動を直接的にモニタリングできる新型の磁気共鳴画像法(MRI:mag...
マイナビニュース - 10日前
サイエンス
外科手術ロボットDa Vinciを使った初の脊索腫除去手術が成功。患者はすでに職場復帰
ペンシルベニア大学の医師が、世界初のロボット支援による脊索腫(せきさくしゅ)除去手術に成功しました。脊索腫は頭蓋底腫瘍(ずがいていしゅ...
TechCrunch - 10日前
サイエンス
ヒトの細胞を3Dモデルで自由に動かして本物の「細胞の世界」を見ることができる画期的ツール「Allen Integrated Cell」
細胞の構造はどうなっているのかという疑問に対し、「一番外側に細胞膜があって、その中に細胞質があって、あとはミトコンドリアや細胞核があっ...
Gigazine - 10日前
サイエンス
アルコールの分解を助けてツラい二日酔いを防止する特効薬が近い将来に登場するかもしれない
調子に乗ってお酒を飲み過ぎてしまい、二日酔いで目が覚めた翌朝には「今すぐこの気持ち悪さを治す薬を……」と今はまだ存在しない薬を切望する...
Gigazine - 10日前
サイエンス
稀な疾患「急性散在性脳脊髄炎」とは
声優の梅原裕一郎さんが入院、療養中であると、所属事務所の株式会社アーツビジョンが5月10日に発表しました。病名は、「急性散在性脳脊髄炎...
おたくま経済新聞 - 10日前
サイエンス
人気声優・梅原裕一郎が入院療養中の「急性散在性脳脊髄炎」ってどんな病気?
5月10日、人気若手声優の梅原裕一郎さん(27)が急性散在性脳脊髄炎のため入院していることを所属事務所が発表しました。 梅原さんは毎ク...
ガジェット通信 - 10日前
サイエンス
「高分5号」衛星を打ち上げ、大気汚染物質の観測可能―中国
太原衛星発射センターは9日2時28分、「長征4号丙」ロケットを使い「高分5号」衛星を打ち上げた。同衛星は世界初の大気・陸地総合観測が可...
レコードチャイナ - 11日前
サイエンス
生物学を3Dで視覚化する強力なツールAllen Integrated Cellで感動しよう
細胞ってどんな形をしているのだろう? 絵を描(か)けと言われたらたぶん誰もが、中央に卵黄のある目玉焼きのようなものを描き、リボゾームを...
TechCrunch - 11日前
サイエンス
人類の命を救う「青い血」を持つカブトガニを守るため遺伝子工学が用いられている
By CJ Oliver 何億年も姿形を変えずに地球上で暮らしてきた「生きる化石」ことカブトガニの体には、他の動物とは大きく異なる「青...
Gigazine - 11日前
サイエンス
外科手術ロボットDa Vinciを使った初の脊索腫除去手術が成功。患者はすでに職場復帰
ペンシルベニア大学の医師が、世界初のロボット支援による脊索腫(せきさくしゅ)除去手術に成功しました。脊索腫は頭蓋底腫瘍(ずがいていしゅ...
Engadget - 11日前
サイエンス
HIVが感染する瞬間を映像で捉えることに成功
by NIAID 人間の免疫細胞に感染・破壊し、最終的に後天性免疫不全症候群(エイズ)を発症させるウイルスが「ヒト免疫不全ウイルス(H...
Gigazine - 11日前
サイエンス
キラウエア火山 日米衛星がとらえたマクロとミクロの変化
上空からとらえたハワイ島。噴煙の高さは2000メートル(NASA) ハワイ島キラウエア火山の噴火について、日米ふたつの人工衛星がとらえ...
ハザードラボ - 11日前
サイエンス
Googleのオープンソース機械学習システム「TensorFlow」はどのように活用されているのか?
Googleが製品開発で活用し、商用利用OKでオープンソース化もされている機械学習システム「TensorFlow」は、世界中の誰でも手...
Gigazine - 11日前
サイエンス
「若はげ」こと男性型脱毛症の治療につながる薬の存在が最新の研究で明らかに
by tortuga767 骨粗しょう症を治療するために作られた薬が、男性型脱毛症(AGA)を治療するための鍵になるかもしれないことが...
Gigazine - 11日前
サイエンス
授乳の悩みに特化したオンライン診療アプリを米大学が開発中
産後はまさに孤独との戦いだ。慣れない育児にただひとりで頑張りすぎた挙句、産後うつになる女性は少なくない。 そこで、米国のパデュー大学の...
Techable - 12日前
サイエンス
二宮和也が「想像以上に悪魔」と話題!まだ間に合う『ブラックペアン』おさらい&予習!!
「世良×高階」世良が高階に敬意を抱くようになる (C)TBS 「あんな怖いニノちゃん見たことない」「想像以上に悪魔だった…」「渡海先...
Walkerplus - 12日前
サイエンス
どうやってクモは体長の6倍もの距離を助走なしで正確にジャンプできるのかという研究
by Artur Rydzewski ハエトリグモの一種であるPhidippus regiusは、得意なジャンプを生かして獲物を捕らえ...
Gigazine - 12日前
サイエンス