サイエンスのランキング(2ページ目)

科学技術の人気ニュースランキングはこちらから。

【バイコヌール(カザフスタン)時事】国際宇宙ステーション(ISS)に向かう金井宣茂さん(41)らが搭乗するロシア宇宙船ソユーズを乗せた...
時事.com - 約2時間前
21
ドイツの約2億500万年前(三畳紀末期)の地層から最古の首長竜の化石が見つかったと、独ボン大とフランス国立自然史博物館、東京大などの研...
時事.com - 1日前
22
人間と同じサイズの史上最大級の新種ペンギンの化石が発見される
ニュージーランドで人間の男性の平均身長と同程度の体長を持つ巨大なペンギンの化石が発見されました。このペンギンは、飛ぶことをやめ海へ進出...
Gigazine - 1日前
23
巨大カエルや大蛇、恐竜を食べていた可能性
「中生代白亜紀」といえば、恐竜の全盛期である。トリケラトプスがのし歩き、ティラノサウルスが覇を唱える。そんな時代だ。年代的には、約1億...
Business Journal - 3日前
24
地球が生みだしている「謎のノイズ」の詳細が新たに判明、季節による違いはなく固有周波数も明らかに
By NASA Johnson 宇宙に浮かぶ超巨大な球体である地球は、人間の耳には聞こえないほど低い音で振動する「謎のノイズ」を出して...
Gigazine - 4日前
25
【タイ】「川平法(促通反復療法)」の研修会ーシリントン国立医療リハビリテーションセンターで開催
シリントン国立医療リハビリテーションセンターで、「川平法(促通反復療法)」の研修会が開催され、タイ人作業療法士を中心に約50人の参加者...
Global News Asia - 4日前
26
【衝撃】人体を透視する“X線視覚”をもつ超能力ロシア美少女・ナターシャの謎! 体内の異常を次々的中、日本人大学教授も驚愕
画像は「Mysterious Facts」より引用  一昔前に日本でも話題になったナターシャ・デムキナの名を覚えている人はいるだろうか...
トカナ - 7日前
27
「宇宙人の信号」検出されず、太陽系外から飛来の小惑星
恒星間小惑星「オウムアムア」の想像図。欧州南天天文台提供(2017年11月20日公開)。 【AFP=時事】10月に発見された太陽系内...
AFPBB News - 約2時間前
28
東京大学、外来種アメリカザリガニは水草を刈り生態系を有利に改変と解明
東京大学は、侵略的外来種であるザリガニが水中の水草を餌として摂食することなく刈り取ることで生じる環境改変の効果が、ザリガニ自身の増加を...
マイナビニュース - 1日前
29
生物個体数の変化から、生態系崩壊の兆しを予測する - 京大
京都大学(京大)は、生態系の劇的な変化についての分析と数理モデルを組み合わせ、生物個体数の小さな変化を追跡することで、生態系の異常や崩...
マイナビニュース - 7日前
30
天体衝突による火星隕石の放出メカニズムを解明 - 千葉工大
千葉工業大学(千葉工大)は12月5日、天体衝突によって火星から飛び出し、地球に飛来した「火星隕石」において、天体衝突の数値解析により、...
マイナビニュース - 7日前
31
青色光刺激と二酸化炭素と植物の気孔運動、関係性が明らかに - 京大
京都大学(京大)は、青色光と二酸化炭素(CO2)に応答した気孔開閉運動を制御する分子機構の一端を明らかにしたと発表した。 同成果は、...
マイナビニュース - 8日前
32
【やや人類滅亡】“惑星ニビル”の衝突が来年5月に変更される! 専門家が断言「金融危機と核戦争も発生」「7年間の“艱難時代”に」
数々の“終末予言”がネットをにぎわせている昨今だが、いずれも“その日”が直近になっているのが最近の傾向だろう。すでに我々は終末の時代に...
トカナ - 22日前
33
【ガチ】「19日、ニビル最接近で月がなくなる」NASAトップ学者が警告!? スペースXもニビル対抗計画発動、磁場影響でM7地震連発
画像は「Express」より引用  謎の惑星「ニビル」の地球最接近が今月19日に近づいてきた。ネット上では有象無象さまざまな情報が飛び...
トカナ - 27日前
34
「我々の意識や魂は、量子情報として脳に保管されている」説は正しいのか? 「量子脳理論」「Posner分子」「イオンチャネル」が解き明かす人間存在に迫る!
生物の体内で起きている様々な現象の多くは、化学や物理学によって記述することができる。だが、まだまだ説明のできない現象がある。それは人間...
トカナ - 28日前
35