サイエンスのランキング

科学技術の人気ニュースランキングはこちらから。

【キター!】ついにパラレルワールドの探索が正式開始! 2018年LIGO×Virgoが“余剰次元の呼吸”検知へ!
もはやパラレルワールドの存在は自明のことになったのかもしれない。重力波の研究を通じて、科学者たちが本腰を入れて余剰次元と平行宇宙の発見...
トカナ - 1日前
1
ありがとう、カッシーニ!20年の土星探査ミッションを終えたカッシーニが撮影した美しい写真
土星探査機カッシーニは長い間懸命に働いてくれた。1997年に地球を発ち、7年かけて太陽系を横断2004年に土星へ到着。それから13年に...
カラパイア - 2日前
2
シグマ光機が急騰、ノーベル賞有力候補の重力波関連として物色
シグマ光機<7713>が急騰、一時107円高の1533円まで買われている。ノーベル賞(生理学・医学賞10月2日、物理学賞3...
モーニングスター - 約3時間前
3
X線天文衛星「ひとみ」の想像図 Image Credit: JAXA/池下章裕  2016年3月、日本が打ち上げたX線天文衛星「ひとみ...
ハーバービジネスオンライン - 1日前
4
埼玉県女性、大豆イソフラボンで気分不快、むくみ、声がれに?
大豆のイソフラボンはホルモンに似た作用があり、体の機能に影響することがあります。健康食品に含まれる大豆イソフラボンが甲状腺機能低下症を...
MEDLEY - 1日前
5
木星まで接近7500キロ!探査機ジュノーの画像公開 NASA
遠のく木星の姿(NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/ Gerald Eichstädt/Sean Doran) 米...
ハザードラボ - 約2時間前
7
ALS治療にも期待、脳神経領域におけるAIの可能性
近年、人工知能(AI)と並行して、ブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)の研究が進められている。BCIを通じて人間の脳をコン...
Forbes JAPAN - 約23時間前
8
パイプランいらずの「石油ボール」鉄道や船で輸送可=加大学研究
株式会社フィスコ  液体の原油を圧縮して固形化する「石油ボール」技術が、カナダ、カルガリー大学の研究チームにより開発された。この新技術...
FISCO - 3日前
9
月・金星・国際宇宙ステーションを1枚に収めた天体写真に絶賛の声 「感動!」「奇跡の1枚ですね」
奇跡的なタイミングで撮影することができた、非常に美しい天体写真がネットで話題となっています。撮影を行ったのは、岡山県にある「倉敷科学セ...
ねとらぼ - 3日前
10
キイトルーダ試験中止の余波、ほかの免疫チェックポイント阻害薬にも
がん治療薬のペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ®)の臨床試験で死亡数が増えたことから、似た仕組みで働くニボルマブ(オプジーボ®)、デ...
MEDLEY - 3日前
11
「ノーベル生理学・医学賞」山中伸弥氏登壇 京都でiPS細胞研究のシンポジウム開催
京都大学iPS細胞研究所(CiRA)上廣倫理研究部門は、2017年10月2日に、上廣倫理財団設立30周年を記念して学者や人文社会学系研...
J-CASTニュース - 2日前
12
ぶどうのポリフェノール がんの増殖・転移も抑制 信州大
天高く馬肥ゆる秋…。ぶどうも今がシーズンだ!(画像はイメージ/AC)ぶどうのシーズン真っ盛り。果物売り場には、ヒスイ色やルビー色をした...
ハザードラボ - 2日前
13
ロボットが人間を超える“目”を持つ日
[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]人間以上の精度を持つ“コンピュータの目” IoT、AI、ロボット。最近これらのキーワー...
JBPress - 3日前
14
葛生化石館 葛生原人の町へ
葛生原人のふるさとに行ってみました。 佐野市の旧葛生町は昔、葛生原人が生息していたと言われる地域。 1950年以降、旧葛生町の石灰岩か...
地球の歩き方特派員ブログ - 約1時間前
15
脳再生医療への展開に期待 - 増えないニューロンの細胞分裂に成功
東京医科歯科大学(TMDU)は、ニューロンの細胞分裂を防ぐブレーキの仕組みを発見し、このブレーキを解除する低分子化合物を同定、および脳...
マイナビニュース - 3日前
16
九大、歯周病菌の出す酵素がアルツハイマー病型認知症の悪化に関与と解明
九州大学は、歯周病原因菌であるジンジバリス(Pg)菌の出す歯周組織破壊酵素ジンジパインが、ミクログリアの移動ならびに炎症反応を引き起こ...
マイナビニュース - 3日前
17
“太陽電池の権威者” 韓国人教授もノーベル賞有力候補に=韓国ネット「え?韓国人が?」「“最初”は日本人のはず...」
21日、韓国メディアによると、太陽電池分野の専門家である韓国のパク・ナムギュ成均館大化学光学部教授が、今年のノーベル化学賞の有力候補に...
レコードチャイナ - 3日前
18
CRISPR技術による発見が流産率を下げてくれるかもしれない
遺伝子編集技術CRISPRは、ヒト胚がどのように発達し始めるかの手掛かりを明らかにした、このことで、妊娠初期の極めて重大な数週間におけ...
TechCrunch - 1日前
19
「ペンギンはクラゲを食べる」従来の見方覆す研究結果 国立極地研など発表
国立極地研究所を含む国際共同研究グループは22日、南極海などのペンギンがクラゲを頻繁に食べている事実が確認されたと発表した。従来、クラ...
The Page - 3日前
20