サイエンスのランキング

科学技術の人気ニュースランキングはこちらから。

人類の祖先はなぜ海から陸に進出したのか?という謎について通説を覆す新たな研究結果が発表される
By Leigh Jay Temple 約4億年前、人類の先祖の魚類が海から陸上に進出する際にはヒレを四肢のように発達させる必要があり...
Gigazine - 約19時間前
1
2018年2月、我々の住む惑星が新たな転機を迎えた。現在の海氷の状態は、人類の文明が始まった約1万2000年前以降で最低のレベルにある...
ローリングストーン - 約7時間前
2
光学の多重反射概念を覆す光の対称性を発見 - 東北大
東北大学(東北大)は、ランダムに並べた構造の中にも隠れた対称性があり、同じ透過確率を与えることを見出したと発表した。これは従来の光学の...
マイナビニュース - 約20時間前
3
「もし地球が球体ではなく立方体だったらどうなるか」を物理エンジンでシミュレートしたムービーが公開中
地球平面論者が何と言おうと、地球が丸いということは科学的にも証明が可能で、もはや疑いようのない事実となっています。しかし仮に地球が球形...
Gigazine - 約7時間前
4
ゼブラ柄のトマト その名は「アマゾン」、近大農学部など共同開発 うまみ強く
近畿大農学部(奈良市)応用生命化学科の研究チームが、農産種苗の品種改良や生産販売を手がけるナント種苗(奈良県橿原市)と共同研究し、うま...
産経ニュース - 約5時間前
5
ミクロな視点で復興に貢献 - 福島原発由来のウラン酸化物を解析
九州大学(九大)は、福島県の土壌から福島第一原発のメルトダウン時に形成された核燃料成分であるウラン(U)酸化物を含む粒子を発見し、超高...
マイナビニュース - 約19時間前
6
インフルエンザ「万能ワクチン」の開発に成功か? 国内の感染者は約282万人に!
万能インフルエンザワクチンの開発に成功?(depositphotos.com)  インフルエンザが猛威を振るっている――。厚生労働省の...
HEALTH PRESS - 約23時間前
7
米企業の「宇宙ホテル」が2021年に運営開始-旅行や宇宙実験に活用
空気で膨らむ宇宙ステーションを開発している、米国の宇宙企業ビゲロウ・エアロスペース(Bigelow Aerospace)は2018年2...
マイナビニュース - 1日前
8
月は人工の物体か?=科学者の推測
株式会社フィスコ  宇宙飛行士が月面に着陸できるようになってから、宇宙の塵に厚く包まれている月の素顔に関する研究は、新しい段階に入...
FISCO - 1日前
9
【科学でロック】犬たちはソフト・ロックとレゲエがお好き?  スコットランドでの研究結果を掲載
ロックには、顕微鏡では解き明かせない魅力があるのはこのサイトをご覧の方々ならもちろんよくご存知の事実。しかしながら、科学によってロック...
rockinon.com - 約4時間前
10
医療系ビッグデータの活用を目指し、新センターを設立 - 東北大
東北大学(東北大)は、医療系ビッグデータの活用を促進する「ビッグデータメディシンセンター(Big Data Medicine Cent...
マイナビニュース - 1日前
11
魚・水・泥のエコインフォマティクスで、自然環境という複雑系を"見える化"
理化学研究所(理研)は、天然魚類と環境水や底泥の分析ビッグデータから鍵因子情報を抽出する「エコインフォマティクス」により、水温差や抱卵...
マイナビニュース - 1日前
12
地球の細菌に勝てなかった『宇宙戦争』の火星人 医師の解釈は?
現在でも月や小惑星から検体を持ち帰って分析する時には高度の感染防御処置をする (※写真はイメージ) 『戦国武将を診る』などの著書をも...
dot. - 2日前
13
インフルエンザの特効薬になるか?新薬「ゾフルーザ」は
提供:リアルライブ 2月9日に放送された『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)では、来月に厚生労働省が承認する見通しのインフル...
リアルライブ - 12日前
14
大きな鼻が男前? なぜテングザルの鼻は長いのか - 京大が解明
京都大学(京大)は2月23日、野外観察によるテングザルの生態や形態データ、雄の鳴き声と鼻の形態に着目した研究により、テングザルが形成す...
マイナビニュース - 約21時間前
15
銀河中心にある超大質量ブラックホールの成長をめぐり新発見
NASAのチャンドラX線観測衛星などによる観測データから、銀河中心に存在する超大質量ブラックホールの成長に関して新たな知見が明らかにな...
マイナビニュース - 1日前
16
DNAオリガミ技術で作製したナノロボットによってがんを破壊 - アリゾナ州立大
アリゾナ州立大学の研究チームは、がんの腫瘍を破壊することができるナノロボットをDNAオリガミ技術を利用して開発したと発表した。さまざま...
マイナビニュース - 1日前
17
脳やがん細胞 強く発光させる技術 理研が開発
動画を見る(元記事へ) 脳やがん細胞を強く光らせる技術の開発に、理化学研究所などの研究チームが成功しました。がんの診断などに役立つとい...
テレ朝news - 1日前
18
羊と人間のキメラ。人間の細胞を持つヒツジの胎児が誕生(米研究)
研究者によって新種のキメラが開発された。キメラとは、同一個体内に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっている状態や個体を意味する。  米ス...
カラパイア - 2日前
19
1万年の英国人、肌は褐色 骨のDNAを分析して顔を再現
英国で約1万年に生きていた人類の人骨から、当時の姿を再現する試みが行われました。青い瞳に褐色の肌と、現在の英国人とは異なる姿だったよう...
ねとらぼ - 15日前
20