サイエンスのランキング

科学技術の人気ニュースランキングはこちらから。

メス2匹だけで元気なマウスを作る実験に成功! オス2匹でも生まれたがすぐに死んだ(最新研究)
中国でメスのマウスだけを使って健康な子を作る研究が成功したという。英「The Guardian」をはじめ、多数のマスメディアがこの驚く...
トカナ - 8日前
1
【悲報】「時空を切り裂き、宇宙を崩壊させる」CERNの7倍の威力をもつ“中国版LHC”がもうすぐ誕生で人類滅亡へ!
画像は「Big Think」より引用 「神の粒子」ことヒッグス粒子の存在を発見するなど、物理学に飛躍的な進歩をもたらしてきた「CERN...
トカナ - 6日前
2
人間の網膜をラボで作り出すことに成功、色覚障害や緑内障治療に新たな可能性の光
by Skitterphoto 通常、網膜は赤ん坊が胎内にいる段階で発達するので、発達の様子を観察・研究するのが難しいもの。そこで、ジ...
Gigazine - 7日前
3
「国連の機関が発表した気候変動に関するレポートは楽観的すぎる」という議論
By Tabitha Kaylee Hawk その原因や今後の影響に関するさまざまな意見は存在するものの、地球規模で気候が大きく変動し...
Gigazine - 6日前
4
「大きな疑問」に答えるホーキング博士の遺作、ロンドンで出版イベント
故スティーブン・ホーキング博士の遺作「Brief Answers to the Big Questions(大きな疑問への簡潔な回答)...
AFPBB News - 6日前
5
ノーベル賞受賞で再注目「免疫療法」は「まゆつばもの」だらけだった
京都大学高等研究院の本庶佑特別教授がノーベル賞を獲ったことで、がんの「免疫療法」に注目が集まり、ネットでもものすごい数のニュースや解説...
文春オンライン - 6日前
6
太陽の謎、解明へ...人類が初めて太陽大気の内側から観測、100万°C以上のコロナに探査機
今夏の猛烈な暑さによって、日本全国の救急搬送人数は統計を取り始めて以来初の9万人突破となりました。外勤のビジネスパーソンは連日汗だくで...
Business Journal - 7日前
7
本庶先生と小野薬品「苦節22年、ノーベル賞までの道のり」
たとえすぐに実を結ばなくとも、新しい可能性に賭け、業績が振るわないなかでも研究を続けた。本日発売の週刊現代では、逆風に抗って、古風なや...
現代ビジネス - 7日前
8
ホーキングのブラックホールに関する最終論文がオンライン公開された
スティーヴン・ホーキングは今年76歳で死去したが、彼の驚くべき知性の科学界への貢献はまだ終わっていない。著名な物理学者の最終論文がオン...
TechCrunch - 7日前
9
遠い宇宙から飛んできた記録的な数の「高速電波バースト」が検出される。その数は一気に2倍に(オーストラリア研究)
オーストラリア州にある巨大な電波望遠鏡によって、ここ1年間で20という記録的な数の未知の天体現象「高速電波バースト」が検出された。  ...
カラパイア - 9日前
10
小林麻央さんも頼った『オプジーボ』って?
小林麻央さん 「亡くなる1年前、京都大学に“近い将来ノーベル賞間違いなし”と言われている免疫学の教授がいるということで、主治医を通して...
週刊女性PRIME - 11日前
11
【やはり】人間の目は“ゴースト”を見ることができると判明! アインシュタインのゴースト目撃で証明、カギは検知と再構成!
さまざまな超常現象が存在するが、それらを目撃したことがある人ならば、人間の目は幽霊を見ることができると主張するかもしれない。そして最新...
トカナ - 13日前
12
同性両親のDNAを受け継ぐマウスはどうやって生まれたか
同性の両親からDNA(遺伝情報)を受け継いだマウスを誕生させることに、中国科学院などの研究チームが成功した。これがすぐに人間に応用され...
現代ビジネス - 4日前
13
Zimmer BiometとAppleがApple WatchとiPhoneを使った膝と腰の人工関節置換手術のための臨床研究を開始
Appleは、最新型Apple Watchの利便性を訴えるものとして健康を大きな柱に据えているが、本日(米時間10月16日)、その新た...
TechCrunch - 5日前
14
10月17日 日本人初の電報発信(1867年)
地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーを...
現代ビジネス - 5日前
15
人間も動物たちもがんばっている。科学・技術・生物・宇宙界から15の良いニュース
世の中には暗いニュースが溢れている。暗いことの方が多く起こっているように見えるのは、暗いニュースの方が目立つし印象に残りやすいからだ。...
カラパイア - 6日前
16
「脳食いアメーバ」の生息範囲が温暖化で拡大中
by Jay Shouldol 脳を食べる「殺人アメーバ」の存在は以前から語られてきましたが、気候の温暖化に伴い、その生息範囲が広がっ...
Gigazine - 6日前
17
光がまったく届かない地底で光合成細菌が発見される。予想外の生存メカニズムの発見で、火星生命体への期待度アップ
これまで、光合成によるエネルギーで繁殖していたと考えられていた地球最古の生物の一種、シアノバクテリアが、太陽の光が届かない地底深くで発...
カラパイア - 6日前
18
Googleが、発見の難しい転移性のがん細胞を、医師よりも高精度に見つけ出すAIツールを開発しました。このAIはLymph Node ...
Engadget - 6日前
19
独占告白 ノーベル賞Dr.本庶は、我らの「センセイ」でもあった
本庶氏と12年にわたり共同研究する科学者 2018年のノーベル生理学・医学賞は、京都大学の本庶佑特別教授ら2人に授与されることが決まっ...
現代ビジネス - 6日前
20