サイエンスのランキング

科学技術の人気ニュースランキングはこちらから。

火星で激写された「超・エイリアン基地」が、マジで構造物にしか見えない! 研究家「火星文明の紛れもない証拠」
火星地表にエイリアンの“基地”が特定された。発見したのはあの有名なUFO研究家である。 ■火星の高精細画像から“基地”を特定  著名...
トカナ - 約2時間前
1
月は人工天体、宇宙人が意図的に作成したもの! 月面のUFO画像が証明...巨大天体「ティアマト」とニビルも月の成り立ちに関連
近年、月の上空を飛ぶUFOや月面の謎の構造物が度々発見されている。それらはNASAなど、名だたる研究機関が公開した画像の中にくっきりと...
トカナ - 1日前
2
地球に衝突するかもしれない小惑星「ベンヌ」を探査機で調査すべき10の理由とは?
1999年に発見された太陽系の小惑星ベンヌ(Bennu)は平均直径560メートルほどの天体で、今後200年ほどの間に何度も地球に接近し...
Gigazine - 約1時間前
3
わずか数ミリという極小サイズなのに世界最速の生物でもある「Spirostomum ambiguum」
動きの速い生物にもいろいろいますが、最も速い生物は、研究者によれば「Spirostomum ambiguum」と呼ばれる単細胞生物なの...
Gigazine - 9日前
4
全世界で9億人が“一掃”されるきわめて致死率の高いウイルスの世界的感染拡大“パンデミック”がすぐそこに迫り来ているという。そしてこれは...
トカナ - 約2時間前
5
月の南極と北極に「氷」の存在を発見!月探査時の水資源に活用期待 NASA
NASAの月面鉱物観測機M3がとらえた月の南極と北極に分布する氷。太陽光が届くことはないクレーターの底の永久影と言われる部分に集中する...
ハザードラボ - 約21時間前
6
TVアニメ「はたらく細胞」の「がん細胞」回、癌研究者が絶賛「研究者目線でも、とても正確」
『はたらく細胞』公式Twitterより 体内細胞を擬人化したTVアニメ「はたらく細胞」の第7話「がん細胞」が18日から順次放送されてい...
BIGLOBEニュース編集部 - 2日前
7
それは惑星と呼ぶには大きすぎた? 木星の12.7倍の質量を持つ天体がかなり奇妙
Image: Caltech/Chuck Carter; NRAO/AUI/NSF いや、でもよく見たら違う…かも。惑星かもしれない...
ギズモード・ジャパン - 1日前
8
月に氷があるという直接的な証拠が見つかる
by Jonatan Pie 「月には氷があるのではないか」というのは1960年代にアポロ計画が実施される以前からささやかれていたこと...
Gigazine - 約22時間前
9
ヒトiPS細胞から心筋細胞を高効率に誘導する新技術
日本医療研究開発機構(AMED)は8月10日、筑波大学を中心とする研究グループが、線維芽細胞から心臓中胚葉細胞を直接誘導する遺伝子Tb...
マイナビニュース - 6日前
10
【衝撃】「死のスピード」が最新研究で遂に判明!! 想像以上に遅い“時速”...死を操る手がかりにも!
画像は「Thinkstock」より引用  死はどれぐらいの速度でやって来るのだろうか? なぞなぞにしか聞こえない問いだが、この度、米・...
トカナ - 8日前
11
医療の進化で保険も変化!
■もう一度保険を見直そう 技術の革新を競う業界は数多くあるが、中でも医療技術の進歩はめざましい。世界で一流の医師・技術者たちが、日々研...
ZUU online - 約16時間前
12
地球すごい!地球の回転が良くわかる定点カメラでとらえた15時間分の映像を26秒に早回ししたタイムラプス映像
朝日が昇って夕日が沈む。これは地球は自転しているからだ。太陽が勝手に登場して勝手に退場しているわけではなく、地球が1日に1回転している...
カラパイア - 1日前
13
宇宙の謎に挑む - ノーベル賞受賞者たちも期待するILC
○宇宙の謎の解明に挑む人類の英知「ILC」 科学技術が発達し、人工知能(AI)が人間を超えてしまうかもしれないと囁かれるようになって...
マイナビニュース - 1日前
14
紙とバクテリアを利用したバッテリーが開発中、人間の「唾液」で活性化
「バクテリアの力を使った」「紙ベース」で「使い切り」のバッテリーを、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の電気情報工学科で准教授を務める...
Gigazine - 2日前
15
小さな存在だけど...ハチは人の顔を個別に認識できることが判明(国際研究)
顔を認識する能力は複雑な社会で生きるには必要不可欠だ。そして、それほどの能力を得るには人間並みの大きく発達した脳が必要だと考えられるこ...
カラパイア - 3日前
16
「ブルーライト」で失明が早まる!?米トレド大学が発表
この度アメリカのトレド大学が「スマートフォンやパソコンを長時間使い続けると、失明が早まる恐れがある」という趣旨の論文を発表しました。 ...
iPhone Mania - 4日前
17
【史上初】人間の老化を“逆転させる”若返り物質がガチ開発される! 老化細胞が消える...驚異的リバースエイジング効果を確認!
画像は「Thinkstock」より引用  全人類に朗報だ。遂に細胞の劣化を逆転する方法が発見された!  科学ニュース「EurekAle...
トカナ - 6日前
18
スポーツ選手の治療にカンガルーの“腱”
負傷したスポーツ選手の治療に、カンガルーが一役買う日も遠くないようだ。負傷からの迅速な回復にカンガルーが鍵となる可能性があるようで、あ...
ナリナリドットコム - 2日前
19
3Dプリンターで出力可能!脊髄損傷の機能回復に役立つバイオデバイスが開発される
米ミネソタ大学の研究チームは、2年間にわたる研究期間を経て、2018年8月、損傷した脊髄の機能回復につながるバイオデバイスを開発した。...
Techable - 3日前
20