サイエンスのランキング

科学技術の人気ニュースランキングはこちらから。

木星の色が鮮明に NASAが画像を公開
米航空宇宙局が公開した木星の画像(2017年6月24日提供)。 【AFP=時事】米航空宇宙局は23日、木星の雲の帯の明暗を鮮明にした...
AFPBB News - 約17時間前
1
ミッドウェー海戦は、日本人が生んだ技術に日本が敗けた戦いだった
今年6月、太平洋戦争の転機となった「ミッドウェー海戦」から75年を迎えた。日本の敗戦へのきっかけとなったこの近代史上最大の海戦に、「現...
現代ビジネス - 2日前
2
火星画像に「完璧な円盤型UFO」が写り込む! しかしNASAは“不可解すぎる理由”で削除...深まる謎!
火星探査機キュリオシティ「Wikipedia」より引用  今月12日、NASA火星探査機「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(通称:キュ...
トカナ - 2日前
3
クジラはごく最近急激に大きくなった、その理由とは?
地球上で最も巨大な動物のクジラは、進化の過程で大きくなってきましたが、その大きさは比較的最近、急激に増加したことが分かりました。 ev...
Gigazine - 約20時間前
4
天才物理学者ホーキング博士が「人類は月に行き別の惑星を目指すべき、それ以外に選択肢はない」と語る
現代宇宙物理学に大きな功績を残してきたスティーヴン・ホーキング博士が人類の将来について、各国が歩調を合わせて人類を月へ再び送り、さらに...
Gigazine - 3日前
5
AIがディープラーニングで生成した絵がクセになる美しさ
ディープラーニングとは、多層構造のニューラルネットワークを用いたAI(人工知能)の学習アルゴリズムだ。AIはデータの特徴をより深いレベ...
IRORIO - 約21時間前
6
なぜ50歳女性が駅で一晩過ごさなければならなかったのか
エイズが1980年代に認知されて以来、治療は発達し、HIVに感染した人の生存期間は感染していない人とほとんど変わらないようになりました...
MEDLEY - 1日前
7
東北大、ブラックホールジェットの謎を解き明かすふたつの研究成果
東北大学は、同大学大学院 理学研究科 天文学専攻の當真賢二助教が、ジェットからのガンマ線の直線偏光度分布を理論予測し、いくつかの衛星計...
マイナビニュース - 約5時間前
8
がん治療の免疫チェックポイント阻害薬で5%に肺臓炎、5人死亡
ニボルマブ(商品名オプジーボ)、ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)などの免疫チェックポイント阻害薬は最近がん治療に加わりました。副...
MEDLEY - 約8時間前
9
ヌーの大量死 毎年6200頭が生態系にもたらす意外な恩恵 アフリカ
ケニアのマラ川を渡るヌーの群れ(撮影:Chris Dutton)野生生物には、エサや水場、繁殖地を求めて大群で長距離を旅する種類がいる...
ハザードラボ - 2日前
10
高強度でゴムのような弾性をもつ新規炭素材料を開発 - 米中共同チーム
米国・カーネギー研究所と中国・燕山大学の共同研究チームは、高強度で軽量、ゴムのような弾性と導電性を兼ね備えた新しい炭素材料「圧縮ガラス...
マイナビニュース - 約4時間前
11
シダ植物と種子植物の「根」、実は別の器官だった
金沢大学 理工研究域自然システム学系の山田敏弘准教授は、京都教育大学および日本女子大学との共同研究について、根の先端の生長点である「根...
マイナビニュース - 約2時間前
12
宇宙から帰ったプラナリア、頭が2つになっていた
宇宙旅行が人体にどんな影響を与えるか? これはNASAの科学者たちの大きな研究課題だ。彼らは微生物や実験動物などを宇宙に送り込み、さま...
IRORIO - 3日前
13
日本科学未来館の常設展に新展示 - 運動のカルチャー化、人間らしい「機械」など
●石黒教授らが監修の機械人間「オルタ(Alter)」 東京・お台場の日本科学未来館が6月22日から常設展に新たに4つの展示をオープンし...
マイナビニュース - 約1時間前
14
治療選択肢が増える多発性骨髄腫、“総力戦”で取り組む治療戦略とは?
血液細胞のひとつである「形質細胞」のがん 日本赤十字社医療センター 骨髄腫アミロイドーシスセンター長 鈴木憲史先生  貧血・病的骨折・...
QLife - 約2時間前
15
京大、二酸化炭素分離の処理量や精度、コスト面に優れたフィルターを開発
京都大学高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)は、MOFというナノサイズの粒子を、PIM-1という高分子材料に適切な条件で...
マイナビニュース - 約1時間前
16
阪大、寄生虫トキソプラズマなど病原体に対する免疫反応に重要な因子を同定
日本医療研究開発機構(AMED)は、大阪大学 微生物病研究所の山本雅裕教授らの研究グループが、Gate-16(ゲート16)と呼ばれる宿...
マイナビニュース - 約3時間前
17
太陽には”ネメシス”という双子の伴星が存在し、それが恐竜を絶滅に追いやったとする説(米研究)
最新の研究が提示する証拠は、太陽には”ネメシス”という双子がいるという理論を裏付けているそうだ。中にはこれが恐竜の絶滅の原因であると考...
カラパイア - 3日前
18
CNT素子内への有機分子導入で分子種ごとに特性周波数をもつ雑音が発生
大阪大学(阪大)と北海道大学(北大)は6月22日、カーボンナノチューブ素子内に有機分子を導入し素子雑音を発生させることで、分子種ごとに...
マイナビニュース - 3日前
19
東北大など、直径5nmの3次元InGaN/GaN量子ドット作製に成功
東北大学などは6月23日、直径5nmの3次元窒化インジウムガリウム/窒化ガリウム(InGaN/GaN)量子ドットを作製することに成功し...
マイナビニュース - 3日前
20