「サイエンス」のニュース

科学技術の最新ニュースはこちらから。

サイエンスに関するキーワード

サイエンスのニュースRSS

巨大ウイルスが明らかにした、生命と進化の知られざるからくり
19億年前、41個の遺伝子をもつウイルスの祖先が誕生した。 ヒトや細菌とは遺伝的系統を異にする彼らが、私たちの共通祖先に感染し、生物の...
現代ビジネス - 34分前NEW
サイエンス
「身体の機能を若返らせる」生体物質NMNの驚きの効用
老化して寿命を終えることは命あるものの宿命です。しかし、近年、分子生物学や分子遺伝学を駆使した研究が進み、老化や寿命のメカニズムは急速...
ライフハッカー[日本版] - 約4時間前
サイエンス
未熟児を適切な週数で「生まれ」られるようにする人工子宮、仔羊で最長4週間の成長~出産に成功
フィラデルフィア小児病院(Children's Hospital of Philadelphia:CHOP)の医師らが、プラスチック製...
Engadget - 約4時間前
サイエンス
日本電子は26日、細胞や生体分子も原子レベルで構造解析可能なクライオ電子顕微鏡「JEM-Z200FSC」を開発、大学や研究機関向けに4...
時事.com - 約5時間前
サイエンス
阪大、SSRIによる抗うつ作用とは異なる、新しいうつ病治療メカニズムを発見
大阪大学は、同大学大学院医学系研究科の近藤誠准教授、島田昌一教授(神経細胞生物学)らの研究グループが、セロトニン3型受容体が脳の海馬の...
マイナビニュース - 約6時間前
サイエンス
科学者たちが赤目のミュータント蜂を作っている
なんでよりによってこんな怖そうな蜂にするの…。 「キョウソヤドリコバチ」のゲノムは、実験室でも簡単に繁殖・操作できるため昆虫の中でも大...
ギズモード・ジャパン - 約6時間前
サイエンス
ナノ薬剤送達治療システムと重粒子線治療で高いがん治療効果 - 量研機構
量子科学技術研究開発機構(量研機構)は4月26日、多機能のナノ薬剤送達治療システムを開発し、薬剤の放出をMRIで高精度に観察するととも...
マイナビニュース - 約7時間前
サイエンス
酸化亜鉛に放射線を照射すると強磁性が現れるしくみが明らかに - 量研機構
量子科学技術研究開発機構(量研機構)は4月25日、陽電子ビーム磁性空孔分析技術を用いて、放射線の照射で酸化亜鉛に強磁性が現れるしくみを...
マイナビニュース - 約8時間前
サイエンス
京大、イオンの流れを光でスイッチングできる固体材料を開発
京都大学(京大)は4月25日、金属イオンと有機物からなる結晶中で、イオンの流れを光でスイッチングできる新たな材料の合成に成功したと発表...
マイナビニュース - 約8時間前
サイエンス
近大、ユーロピウムをベースにしたCPL発光体を開発 - 赤色の円偏光発光
近畿大学(近大)は4月25日、円偏光を発するCPL発光体を開発したと発表した。 同成果は、近畿大学理工学部応用化学科 今井喜胤准教授...
マイナビニュース - 約8時間前
サイエンス
東京薬科大学、皮膚バリアの正常な働きに必要な脂質代謝酵素を発見
東京薬科大学は、リン脂質代謝酵素ホスホリパーゼCδ1(PLCδ1)が皮膚バリアの働きに不可欠な役割をしていることを発見したと発...
マイナビニュース - 約10時間前
サイエンス
人工子宮「Biobag」で羊の胎児を育てることに成功
巨大なジップロックのような人工子宮を使って羊の胎児を育てることに成功したと発表がありました。この技術は、いずれは人間の胎児での使用を目...
Gigazine - 約11時間前
サイエンス
心不全に係わる新たな「臓器ネットワーク」を発見
心臓-脳-腎臓のネットワークが関与 画像はリリースより  心臓の能力が低下することで起こる「心不全」。安定した状態から急激に悪化し、最...
QLife - 約13時間前
サイエンス
土星探査機カッシーニ、輪の内側で接近観測へ 最終ミッション
土星探査機カッシーニ。26日に土星とその最も内側の輪の間を通過する。想像図(2017年4月6日提供)。 【AFP=時事】26日、米航...
AFPBB News - 約15時間前
サイエンス
東大×理研、空間反転対称性の破れに基づく超伝導ダイオードを実現
東京大学は、同大学大学院工学系研究科の若月良平大学院生、斎藤優大学院生、同研究科の岩佐義宏教授(理化学研究所創発物性科学研究センターチ...
マイナビニュース - 約15時間前
サイエンス
超未熟児向け人工子宮、ヒツジ胎児が正常発育 米研究
未熟児の足と大人の手。仏パリ郊外の病院で(2013年7月22日撮影、本文とは関係ありません)。 【AFP=時事】透明な液体で満たされ...
AFPBB News - 約15時間前
サイエンス
ガン関係の学術誌、論文107本を撤回。ニセの査読にだまされる
論文書いた人が、査読も自作自演。 2014年に起きたSTAP細胞をめぐるてんやわんやでは、大手の学術誌に掲載された論文だって必ずしも信...
ギズモード・ジャパン - 約16時間前
サイエンス
北大、食用アスパラガスの性決定遺伝子の候補を発見- 農業や育種にも有用
北海道大学は、同大学大学院農学研究院 津釜大侑助教らの研究グループが、食用アスパラガスの遺伝子の中で雄株のみに存在し雌株に存在しないも...
マイナビニュース - 約17時間前
サイエンス
胎内再現、ヒツジ成長=将来は人の早産児に-米病院
母親の胎内環境を再現した装置を開発し、ヒツジの未熟児を最大4週間成長させることに成功したと、米フィラデルフィア小児病院の研究チームが2...
時事.com - 約18時間前
サイエンス
母親の胎内環境を再現した装置を開発し、ヒツジの未熟児を最大4週間成長させることに成功したと、米フィラデルフィア小児病院の研究チームが2...
時事.com - 約22時間前
サイエンス