またもや特大万馬券を勝ち取ったじゃいが語る「お金を取り戻す」という思考の危険性【じゃいの人生は最高のギャンブルだ】第80回

またもや特大万馬券を勝ち取ったじゃいが語る「お金を取り戻す」という思考の危険性【じゃいの人生は最高のギャンブルだ】第80回

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2023/11/21
No image

あらゆるギャンブルに精通し、どんな場面でも貪欲に勝ちを狙う男・じゃい。馬券でマンションを買ったという芸能界屈指のギャンブラーが、人生を勝ち抜く極意を教えます。

【今週のお悩み・第80回】本来使ってはいけない家族で必死に貯めた大金を競馬で使ってしまい、取り戻さないといけないと思い、冷静な判断を失い、競馬にお金を注ぎ込んでしまいました。

大金を注ぎ込んだきっかけは、お金を手に入れる効率のよい方法はないか、そういう考えたからです。ちょうど子供が産まれてお金がかかる時期であったため、お金を増やしたいと思っていたこともありました。

その後は、妻や子供にも罪悪感があり、すぐ言い出すことができず、宝くじを買い神に祈ることを半年近く続けました。

数ヶ月後、妻から通帳を見て少ないとバレたので、弟には心から申し訳ないと思いながらも「貸した」といいました。だからその間にどうにか取り戻すしかないと思い、win5、宝くじを買い続けました。少額でしたが、どうにか当たってくれという気持ちでやっておりました。

言い出せなかった理由は、離婚になると感じていたからです。子供を必死に産んでくれて、これから幸せな家庭を築いていこうという時期に裏切ってしまった。愚かな考えですが、自分が死んで保険金で償おうかなとかも考えてしまった時期もありました。

じゃいさんに相談です。今でも、お金を取り戻したいと思っている自分がいます。競馬を続けるべきでしょうか。諦めるべきでしょうか。

同様に宝くじも回答して頂けると幸いでございます。今後の人生についてもアドバイスよろしくお願い申し上げます。(男・35歳・会社員)

【画像】じゃいの今週のギャンブル格言

* * *

いやぁ、マイルチャンピオンシップ終わりました。本命のソウルラッシュが2着、対抗のジャスティンカフェが3着で、見事3連単176490円×500円の882450円のゲット!

今は自分の予想に乗ってくれる人が多いので、その人たちのことを思うと数十倍うれしいです。オッズは下がるという難点はありますが、そんなことよりも皆さんのお役に立てたことに喜びを感じます。まあ外した時の罪悪感も半端ではありませんが。

兎にも角にも、今年全然当たってなかったG1で勝利できたことは本当に嬉しい限りです。僕のことを10年以上信じてくれているスポニチさんも大変喜んでくれてました。ニコニコチャンネルやオンラインサロンのメンバーさんも喜んでくれて、一際うれしいです。1人で競馬をしている時にはなかった感情です。

No image

G1は続きますが過信は禁物とお伝えして、今回の質問に答えようと思います。

まず大前提として、「取り返す」「取り戻す」はギャンブルにおいてもっとも危険な考え方です。

よく聞く言葉ではありますが、なぜ危険なのか?

ギャンブルに勝つためにはトータルで考える必要があります。「何をすれば勝てるのか?」「どういうプレーをすれば勝てるのか?」「どういう賭け方をすれば勝てるのか?」

運の要素もあるので、連戦連勝というのは不可能ですし、上振れ下振れがあるのがギャンブルです。

大事なのは、この上振れ下振れをちゃんと認識することです。これは上振れなのか? これは下振れなのか? 確率通りなのか?

ところが、これがいざ取り返すという発想になると、通常の冷静なプレーが出来なくなります。

取り返すという発想の人は「一撃」に賭けがちです。その時点で既にギャンブルの深みにハマっています。

僕の場合は最初から勝つためにどうすべきかというのを考え、その為の負けは想定内です。結果的に取り返すことになったとしても、取り返すという気持ちでやったわけではありません。

「トータルで勝つ」という計算の元で、賭け金も変えなければ、スタイルも変えることもありません。これは競馬でも麻雀でもポーカーでも同じことです。

No image

今週のギャンブル格言【死ぬよりも死ぬ気で生きろ!】

なので今回の質問者はすごくいい例を出してくれました。まず、使ってはいけないお金に手を出している時点でアウトなんです。

ギャンブルをする時は、勝った時のことを考えるのはもちろんのこと、負けた時のことも考えなくてはいけません。それを考えていればこのようなことにはならなかったでしょう。

そして、正直、神頼みなんてものは気休め程度。これはギャンブルに限ったことではなく、頼れるのは自分だけと思いましょう。神様も他人も、基本的には手を差し伸べてはくれないと思いましょう。

もちろん僕は色んな人に助けてもらっていますし、人間関係はすごく恵まれています。ただ、それは自分が頑張ってきたからこそだと思うのです。他人に手を差し伸べられる人が、その恩恵を受けられるのだと思っています。

死んで保険金なんて、言葉が悪いですが、クソ甘いです! 死ぬことより、死に物狂いで生きてください。

そして、取り返すために競馬をするべきか、宝くじを買うべきか? という質問ですが、その考えは捨ててください。どういう結果になるかは、あなたは身をもって理解しているはずです。

道はいくつもあります。家族のためを思っているのなら、家族に誇れることをして、家族を幸せにしてあげてください。幸運を祈っています。

☆じゃいさんに相談したい悩み事を募集します! ペンネーム・性別、相談に必要な情報(年齢や職業など)があればそれも明記し、以下アドレスまで相談内容をメールでお送りください。じゃいさんが「ギャンブル的思考」でアドバイスします!

【jay_sodan@shueisha.co.jp】まで!

No image

じゃい
1972年生まれ、神奈川県出身。97年にお笑いトリオ「インスタントジョンソン」を結成し、ネタ作りを担当。芸能界随一のギャンブラーとして知られ、過去には9370万円の馬券を的中させたことも。『稼ぐメンタル ギャンブルで勝ち続ける「ブレない」心の作り方』(KADOKAWA)など著書も多数。

構成・撮影/キンマサタカ

構成・撮影/キンマサタカ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加