バルサDF2名が戦線離脱...ピケが右ひざ靭帯損傷、S・ロベルトは大腿直筋断裂

バルサDF2名が戦線離脱...ピケが右ひざ靭帯損傷、S・ロベルトは大腿直筋断裂

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/23
No image

右ひざのじん帯を損傷したジェラール・ピケ [写真]=Getty Images

バルセロナは22日、スペイン代表DFジェラール・ピケと同国代表DFセルジ・ロベルトの負傷状況についてクラブ公式サイトで発表した。

バルセロナは21日、リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)でアトレティコ・マドリードとアウェイで対戦。両選手はこの試合で負傷し、22日に検査を受けたようだ。

クラブの報告によると、ピケは右ひざ前十字じん帯の一部損傷と内側側副じん帯の捻挫(重度3)を負ったという。セルジ・ロベルトは右太ももの大腿直筋の断裂が判明したようだ。ピケについては現時点では復帰の目途は立っておらず、回復の進行状況によって今後判断されることになるという。セルジ・ロベルトについては、離脱期間はおよそ2カ月とみられている。

バルセロナはスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツと同代表FWアンス・ファティが負傷離脱している。現在ラ・リーガ11位に位置するチームにとってピケとセルジ・ロベルトの離脱は大きな痛手だ。ピケとセルジ・ロベルトは今季ここまで、ともに公式戦10試合に出場していた。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加