【14日プロ野球見どころ】西武の高卒ルーキー・滝沢 デビュー2戦連続安打なるか

【14日プロ野球見どころ】西武の高卒ルーキー・滝沢 デビュー2戦連続安打なるか

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

西武の高卒ルーキー・滝沢は育成入団ながら、いきなり支配下昇格を果たし、前日13日の楽天戦で初出場初先発初安打の快挙。西武高卒新人の初出場初安打は、14年7月30日オリックス戦の森以来となった。なお、森は出場2試合目となった翌31日のオリックス戦でも安打。滝沢がきょうも安打を放ち、偉大な先輩に続くデビュー2戦連続安打を達成するか。

No image

13日の楽天戦で、プロ初安打となる内野安打を放つ西武・滝沢(撮影・尾崎 有希)

日本ハムの中島は13日のソフトバンクで通算249個目の犠打を決め、区切りの通算250犠打に王手がかかった。達成すれば川相昌弘(中)の533犠打を筆頭にプロ野球21人目、チームでは292犠打を記録した金子誠(現1軍野手総合兼打撃コーチ)に次ぎ2人目の達成となる。中島の年齢は、現在31歳4カ月となっており、歴代5位の年少250犠打も狙えるだけに注目だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加