中日・高橋周が4タコの大ブレーキ 立浪監督「空振りを恐れるなと言っているのに手が出ない」

中日・高橋周が4タコの大ブレーキ 立浪監督「空振りを恐れるなと言っているのに手が出ない」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

高橋周の現状を嘆いた中日・立浪監督(東スポWeb)

中日・高橋周平内野手(28)が、もがき苦しんでいる。

13日の巨人戦(東京ドーム)で2試合ぶりに「3番・三塁」で先発出場。しかし、初回二死の第1打席は三飛に倒れると、3回一死二塁は三邪飛で5回二死二塁は二ゴロと2度の好機で凡退し、8回一死でも二ゴロに終わった。

13日現在、打率2割9厘と1割台が迫ってきた高橋周の状態について立浪監督は「チャンスで、走者がいるときはどんどん空振りを恐れずにいこうと言っているが、なかなか手が出ない」とピシャリ。

その上で「振っていきながら打席の中で、昨日は打ったわけですけど、チャンスになったときに、空振りを恐れずに積極的にいかないとなかなか上がってこない。それはずっと言っているが、打席の中では本人しか分からないので」と頭を抱えていた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加