声優入野自由「自分が砂嵐の中にいるような感じ」「砂の惑星」印象シーンに

声優入野自由「自分が砂嵐の中にいるような感じ」「砂の惑星」印象シーンに

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

映画「DUNE/デューン 砂の惑星」公開直前イベントを行った入野自由(撮影・中島郁夫)

米映画「DUNE/デューン 砂の惑星」(15日公開)の公開直前イベントが14日、都内で行われ、声優入野自由(33)、皆川純子(非公表)、森川智之(54)、安元洋貴(44)、内田真礼(31)の吹き替えキャスト5人が集結した。

未来を見る能力を持つ青年が、宇宙の未来のために立ち上がるSF大作。フランク・ハーバートの原作小説(65年)は、「スターウォーズ」「風の谷のナウシカ」「アバター」など数々の映画に影響を与えたといわれる。

入野は「『ナウシカ』のような大作に影響を与えたものだと知りまして、知れば知るほど奥が深い」。

IMAX制作の迫力と映像美をアピールし、印象に残ったシーンとして「母と砂嵐から脱出を試みるシーン」を挙げた。「体感型というだけあって、自分が砂嵐の中にいるような感じ。砂の音が回っていて、息をするのを忘れるってそういうことだなと思った」「劇場で観てこそ作品の良さ、エモさ、すべてが体感できる作品。本気度が伝わると思う」。

5人で推しキャラトークや作品クイズなどを行ったほか、最後は15日の公開を祝うくす玉割りも行った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加