【ロッテ】高部瑛斗が球団歴代4位タイ42盗塁 球団シーズン最多は97年小坂誠の56

【ロッテ】高部瑛斗が球団歴代4位タイ42盗塁 球団シーズン最多は97年小坂誠の56

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

ソフトバンク対ロッテ 4回表ロッテ無死、高部は中前安打を放つ(撮影・屋方直哉)

<ソフトバンク-ロッテ>◇23日◇ペイペイドーム

ロッテ高部瑛斗外野手(24)が球団歴代4位タイとなるシーズン42盗塁をマークした。

この日は初回に四球で出塁するもけん制死に。4回は安打で出塁し、走塁死。再び四球で出塁した6回はプレッシャーがかかる場面だったが、ソフトバンク甲斐野-甲斐のバッテリーから二盗に成功した。

ロッテでシーズン最多盗塁を保持しているのは97年の小坂誠で56個。88年西村徳文の55個、98年小坂誠の43個と続き、パ・リーグの盗塁王レースを独走している高部は89年西村徳文と並ぶ42個となった。ロッテはこの試合を終えると、残り7試合となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加