島田選手「優勝目標、将来は五輪」 アーティスティックスイミング世界ジュニア出場へ 三重・鈴鹿高

島田選手「優勝目標、将来は五輪」 アーティスティックスイミング世界ジュニア出場へ 三重・鈴鹿高

  • 伊勢新聞
  • 更新日:2022/08/06

【鈴鹿】23日から27日まで、カナダのケベックシティで開催するアーティスティックスイミングの「2022年FINA世界ジュニア選手権大会」に、日本代表の一人として参加する三重県鈴鹿市加佐登3丁目の島田綾乃選手(16)=私立鈴鹿高校1年、みえA.S.C所属=が5日、同市役所で末松則子市長に健闘を誓った。

島田さんは小学2年の時、体験教室に参加したことをきっかけに競技を始めた。小学6年、中学1年の2回、世界ユース選手権にも日本代表で参加し、海外遠征は3回目になる。

今回は、昨年のジュニアオリンピックで13―15歳ソロで2位の成績を収めた実績などから、国内選考会を経て日本代表13人のうちの1人に選ばれた。

世界選手権大会ではミックスデュエット、チーム、フリーコンビネーションの3種目に出場。ミックスデュエットでは今年の世界水泳で銀メダルを獲得した佐藤陽太郎選手と共演する。

来庁した島田選手は「(世界大会の)目標は優勝」と話し、「将来は日本のナショナルチームに入ってオリンピックに出たい」と意気込みを語った。

末松市長は「市民の誇り。日ごろの練習の成果を発揮して、楽しくけがのないよう頑張って」と激励した。

伊勢新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加