ゆってぃ、ドイツ戦のベストプレーに遠藤航を選出 松井大輔「デュエルで勝つのは一番大事な仕事」

ゆってぃ、ドイツ戦のベストプレーに遠藤航を選出 松井大輔「デュエルで勝つのは一番大事な仕事」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

「FIFAワールドカップカタール大会」で日本代表が強豪ドイツ相手に2-1で逆転勝利した試合について、サッカー通のお笑い芸人・ゆってぃがベストプレーを選出した。

【映像】俯瞰して見えてる!? 遠藤選手のスーパーブロック

ゆってぃが選んだのは、ドイツのブンデスリーガで2年連続「デュエル王」に輝いた遠藤航(29)のプレー。「“最高の潰し役”と称されるだけあり、中盤で体をぶつけて相手の攻撃を止め、大事なところでボールを奪取。隠れた仕事を表にしてしまうぐらいの素晴らしさだった」と絶賛する。

このプレーの大切さについて、『ABEMAヒルズ』では元日本代表でY.S.C.C.横浜のMF松井大輔にも話を聞いた。

「一番大事な仕事。そこから攻撃も守備も始まるので、ここがいないと安定しない」と、デュエルで勝つことが起点になると語る松井。

また、フランスのル・マンFCやASサンテティエンヌなどでプレーした経験から、「(海外のパワーは)全然違う。僕たちは(体重が)70~80kgくらいだが、90~100kgくらいの人が攻めてくるので、真正面に当たったらダメ。しっかり手を使って抑えていくのが大事」と説明した。(『ABEMAヒルズ』より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加