酒井宏樹&長友佑都、PSG戦敗戦で現地紙は及第点以下の評価。「前半のパフォーマンスは興味深いが...」

酒井宏樹&長友佑都、PSG戦敗戦で現地紙は及第点以下の評価。「前半のパフォーマンスは興味深いが...」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/01/14
No image

【写真:Getty Images】

フランス・スーパー杯(トロフェ・デ・シャンピオン)決勝、パリ・サンジェルマン(PSG)対マルセイユが現地時間13日に行われた。マルセイユが1-2の敗戦を喫した。

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹と長友佑都はともに先発出場。酒井はフル出場、長友は66分までプレーした。現地紙の採点では両者ともに及第点以下の評価となっている。

試合は39分、PSGのマウロ・イカルディが先制点。85分にはネイマールがPKを決めて2点差とされるが、ディミトリ・パイエがゴールを決めて1点を返す。しかし、試合はこれで終了。マルセイユは1-2の敗戦を喫してタイトル獲得を逃した。

『フランスフットボール』はフル出場の酒井に「5」、長友に「4」(10点が最高)をつけ、ともに及第点以下の評価となっている。『Maxifoot』は酒井に「5.5」をつけ、「右サイドで良く動いていた。この日本人は(キリアン・)ムバッペとの対戦でシリアスな局面を迎えていた。彼は躊躇しなかった。しかし、彼はPSGの最初のゴールでの責任から逃れられない」と厳しめの評価となっている。同メディアは長友に対して「4」をつけ、「左サイドは(アンヘル・)ディ・マリアの動きに苦戦した」とコメントしている。

『フットメルカート』は酒井に「5」をつけ、「右サイドで彼を止めることは不可能。この日本人は前半のパフォーマンスは興味深いが、イカルディに広いスペースを空けていた」とコメント。長友に対しては「4」と厳しめの評価。「この日本人は素晴らしいクロスにより、良いスタートを見せた。しかしディ・マリアへのファールにより、彼は動きを制限され、ディ・マリアに苦戦した」とコメントしている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加