広瀬アリス“舞台挨拶途中降壇”反省活かしハンカチ持参 志尊淳には憧れ?「浴びてみたい」<バブル>

広瀬アリス“舞台挨拶途中降壇”反省活かしハンカチ持参 志尊淳には憧れ?「浴びてみたい」<バブル>

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/05/13

【モデルプレス=2022/05/13】俳優の志尊淳、広瀬アリスが13日、都内で開催された映画『バブル』初日舞台挨拶に出席。自分以外に姿を変えられるとしたら、誰・何になってみたいかを明かした。

No image

(写真 : 志尊淳、広瀬アリス (C)モデルプレス)

【写真】志尊淳が“可愛い”イメージ払拭した理由 話題のラブシーンも「方向転換をしたわけではない」

◆広瀬アリス“舞台挨拶途中降壇”反省活かしハンカチ持参

重力が壊れた東京を舞台に、少年と少女の想いが引かれ合うグラビティ・アクション・ストーリー。この日は共演した梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、逢坂良太、荒木哲郎監督も出席していた。

主人公・ヒビキ役の志尊は、公開を迎えた心境を聞かれると「すごくうれしい気持ちです。荒木さんが本当に長い月日をかけて作ってらっしゃるお話を聞いたり、近くで見させていただいて。それがこうやって完成して、皆さんに届けられるっていうのは、これが創作というか。たくさんのお力添えを借りて、こうやって作っていくことが醍醐味だなっていうのは改めて感じましたね」と喜びのコメント。

研究員マコト役の広瀬は「また発汗しましたら、ちょっと降壇しますので。一応勉強してハンカチは持ってきました」と、以前の舞台挨拶を自らネタにして笑顔。

「個人的なことを言うと、私はすごく緊張しています。どんな反応というか、どんなことを感じていただけるのかなという。すごく楽しみでもありますし、私が初めて『バブル』を劇場で見たときは、ぜひこの作品は劇場で見ないと、劇場で体感してもらわないとだめだなっていう風に思ったんですよね。なので今日こうしてたくさんの方に届く日が来たので、うれしい気持ちでいっぱいです」と語った。

◆志尊淳、ファンからの歓声は「めちゃめちゃ気持ちいい」

物語にちなんで、自分以外に姿を変えられるとしたら、誰・何になってみたいかという質問を受けた志尊は「実力派声優」と返答。「慣れないことですし、余裕がなくて。楽しかったんですよ。現場は。けどプレッシャーもあるというか。純粋に楽しんでいけなくて。その時に、本当に皆さんみたいな能力を…お金で譲ってもらえないかなと思うくらい、本当に欲しくて(笑)。一日だけ貸してください!って思うくらい」と理由を明かした。

声優と俳優のノウハウの違いについては「そもそもノウハウが何かっていうのがわからないんですよ。こういう機会でお話しさせていただくと、考え方であったりとか物事の捉え方が全く違くって。本当にすごいなっていう。そんな細部のディテールまでこだわって、声を出しているのかって思うと、なおさら肩身が狭くて…って思いました」と回想。壇上の声優陣に「一人ずつの能力が欲しいです(笑)」と羨望のまなざしを向けていた。

一方の広瀬は「イケメンです(笑)」と回答。「もともと男の子にすごく憧れていて。ちっちゃいころから。『女の子だからスカート履いて』とか言われたら、すごく嫌だったんですよ。なので男の子になりたいですし、なるんだったらイケメンがいいなって(笑)。キャーキャー言われたいなと思って」とも。

広瀬に「キャーキャー。たぶん志尊さんとか」と振られた志尊は「言われてませんよ」と照れ笑い。「ランウェイとか歩いたら、もうキャー!って。あれ、浴びてみたいんですよ」と広瀬が願望を明かすと、志尊は「いやいやいやいや(笑)」と謙遜したうえで「でも、すっごい気持ちいいです(笑)。めちゃめちゃ気持ちいいです。あのために仕事を頑張るくらい、めっちゃ気持ちいい(笑)」とぶっちゃけて会場を沸かせ、広瀬は「浴びたいですね~。キャーって。いいですよね~」と白い歯を見せていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加