巨人連敗止める、8回ウィーラー適時打などで勝ち越し ロッテは大嶺が誤算

巨人連敗止める、8回ウィーラー適時打などで勝ち越し ロッテは大嶺が誤算

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

ロッテ対巨人 8回表巨人無死二塁、左越え適時二塁打を放ったウィーラー(左)は笑顔でタッチを交わしながらベンチに戻る(撮影・足立雅史)

<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ1-5巨人>◇11日◇ZOZOマリン

ロッテは1回、2死一、二塁からレアードの適時打で1点を先制。先発本前が丁寧な投球で3回まで1安打無失点に抑えた。

巨人は4回に中島の適時二塁打で同点に追い付いた。先発メルセデスが2回以降は立て直し、6回まで6安打1失点に抑えた。

巨人は8回にウィーラーの適時打などで4点を勝ち越し、連敗を4で止めた。メルセデスが2勝目。ロッテは大嶺が誤算だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加