伊豆シャボテン動物公園、レストランでカピバラと「相席」 ソーシャルディスタンス確保

伊豆シャボテン動物公園、レストランでカピバラと「相席」 ソーシャルディスタンス確保

  • Traicy
  • 更新日:2020/05/21

伊豆シャボテン動物公園は、園内のレストランにて、カピバラやレッサーパンダのぬいぐるみと「相席」して、客席のソーシャルディスタンスを確保する取り組みを実施している。

レストラン「森のどうぶつレストランGIBBONTEI(ギボン亭)」では、リニューアルを実施した2018年春より、カピバラのぬいぐるみが客と「相席」し、レストランの顔となってきた。

今般、新型コロナウィルス感染防止対策の一環として、

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加