日大国際関係は今季初黒星 先発大石亮人5回まで8Kも6回乱れ2失点

日大国際関係は今季初黒星 先発大石亮人5回まで8Kも6回乱れ2失点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

5回まで8奪三振の好投を見せた日大国際関係の大石

<静岡学生野球春季リーグ:東海大海洋4-1日大国際関係>◇3日◇富士球場ほか◇第6週

日大国際関係はリードを守り切れず、今季初黒星となった。先発左腕の大石亮人(4年)は5回まで8奪三振の好投を見せた。だが、6回に2失点。頼みの攻撃も2併殺とあと1本が出なかった。最終週は2位静岡産大との直接対決。1勝すれば2季連続優勝が決まる。主将の服部恵汰捕手(4年、藤枝明誠高出)は「目標の全勝優勝はなくなったけれど、全国1勝の目標がある。気持ちを切り替えたい」と顔を上げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加