センバツ入場料金改定 外野は無料から700円に 大会開催へ“ウィズ・コロナ”様式

センバツ入場料金改定 外野は無料から700円に 大会開催へ“ウィズ・コロナ”様式

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/14
No image

甲子園球場

日本高野連は13日、第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)に向けた運営委員会をリモートで開いた。白紙になっていた明治神宮大会枠に代わり、21世紀枠を3から4に増やすことを正式決定。西から1校、東から1校、全体から2校となる。

有観客での開催へ向けて同連盟・小倉好正事務局長は「47都道府県の加盟校に調査し、現場を把握しながら準備していきたい」と尽力していく姿勢を改めて示した。大会実現へのカギは“ウィズ・コロナ”を想定したさまざまな様式。この日も具体的な対策が明かされた。

出場32校を決める選考委員会は29日にリモートで実施する。吉報が届いた各チームのスケジュール調整を考慮し、3月12日に予定されていた組み合わせ抽選会は同じくリモートで2月23日に前倒しでの開催。開会式での入場行進曲は「パプリカ」に決まったが、全校参加とはせずに小規模となる見通しだ。出場校による開幕前の甲子園練習もなし。ベンチの消毒作業やアルプスの入れ替えを踏まえ、各試合のインターバルも40分とする。

消毒や備品の準備、警備の強化、入場券購入者を把握するための販売システム構築も目指す。一方で感染症対策によってかさむ経費や今後の安定した大会運営を見据え、今春センバツでは入場料金の改定を決定。中央指定席が2500円から3900円、一・三塁指定席が2000円から3400円、無料だった外野指定席が700円となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加