ディズニー前社長、ワーナー・ブラザースのアドバイザーに

ディズニー前社長、ワーナー・ブラザースのアドバイザーに

  • 映画.com
  • 更新日:2022/08/05
No image

アラン・ホーン氏 Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images for Disney

ウォルト・ディズニー・スタジオの会長として、10年近くにわたりディズニー映画をヒットに導いてきたアラン・ホーン氏が、ライバルスタジオのワーナー・ブラザース・ディスカバリーのシニア・アドバイザーに就任したと、The Wrapが報じている。

ホーン氏は1999年に米ワーナー・ブラザースの社長兼最高執行責任者(COO)に就任。以来、「ハリー・ポッター」シリーズや「ダークナイト」シリーズなどで黄金期を築いたものの、2011年に当時67歳という高齢を理由に親会社タイムワーナーから解雇された。

その後、ウォルト・ディズニーのロバート・アイガー会長の誘いを受け、12年にウォルト・ディズニー・スタジオの会長に就任。傘下の実写映画部門ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとアニメ部門ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオをはじめ、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルムと友好な関係を構築し、ヒットを連発。16年と18年は全世界の累計興収70億ドル、19年には110億ドルという新記録を達成している。

19年、ホーン氏はウォルト・ディズニー・スタジオのアンドリュー・バーグマン社長を共同会長に任命。同時に、チーフ・クリエイティブ・オフィサーという新たな役職に就任したが、21年10月に同社を退社している。このほど、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーのデビッド・ザスラブ会長からの熱烈な誘いを受け、古巣のワーナーにシニア・アドバイザーとして復帰。8月1日から勤務を開始しているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加