シーズン開幕間近のミランに痛手...21歳FWラファエル・レオンが新型コロナ感染で隔離

シーズン開幕間近のミランに痛手...21歳FWラファエル・レオンが新型コロナ感染で隔離

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/09/15
No image

21歳のストライカー、ラファエル・レオン [写真]=Getty Images

ミランに所属するU-21ポルトガル代表FWラファエル・レオンは、新型コロナウイルスへの感染が判明したようだ。14日、イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じた。

昨季ミランでセリエA31試合に出場して6ゴールをあげ、評価を上げている21歳のR・レオン。ポルトガルの若きストライカーは自身のTwitterアカウントで、新型コロナウイルスに感染したことを告白した。同選手は現在無症状だが、プロトコルに則って自己隔離を強いられており、チームへの合流は9月末から10月になるという。

ミランは18日にヨーロッパリーグ予選のシャムロック・ローヴァーズ戦、そして22日にはボローニャとのセリエA開幕戦を控えている。2020-21シーズンの幕開けを迎えるも、しばらくは期待のゴールゲッターを欠くこととなってしまうようだ。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加