WATCH GT 3実機チェック - 画面が大型化、使いやすい機能が増えた

WATCH GT 3実機チェック - 画面が大型化、使いやすい機能が増えた

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

ファーウェイ・ジャパンが発表したスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 3」。軽量ながら高級感のあるケースを採用して画面も大画面。ワークアウトや健康管理機能も強化されており、さらに使い勝手が向上しています。

ファーウェイ、健康管理やスポーツ機能を強化した「WATCH GT 3」

発売は12月3日から、価格は46mmのスポーツモデル(ブラック)が31,680円、クラシックモデル(ブラウンレザー)が34,980円。42mmのスポーツモデル(ブラック)が30,580円、クラシックモデル(ホワイトレザー)が33,880円となっています。

HUAWEI WATCH GT 3は46mmと42mmの2種類があり、46mmはケースの風防がフラット、42mmは側面がカーブしており、一見しての雰囲気も異なります。それぞれディスプレイサイズが1.43インチ、1.32インチと従来よりも大型化した点も特徴です。

2週間というバッテリー持続時間は従来通り。常時装着して心拍センサーや睡眠センサーも動作した状態で、スマートフォンの通知や運動にも使った状態で2週間持続するというバッテリー駆動時間は利便性が高く、時計としても快適に使えます。なお、2週間のバッテリー駆動は46mmモデルのみで、42mmモデルの場合は7日間となっています。

背面センサーもアップデートされ、アルゴリズムも進化したことでさらに精度が向上したといいます。心拍数、睡眠、体表面温度、血中酸素レベルといった健康管理機能が利用できます。

クラウンが回転式になり、アプリ一覧のズーム、音楽再生時の音量調整などに対応しました。押し込む操作にも対応しますが、アプリ一覧からズームしてアプリを選んで実行という操作はできず、拡大したアプリアイコンをタッチして実行するという形。このあたりは少し残念なところでした。

健康管理に加えてワークアウトの種類も100種類以上と多く、様々な運動やトレーニングを管理できます。健康を重視する人、運動を行う人にはお勧めでしょう。デザイン的にも、出社前後にジムに通う、ジョギングする、一駅分余計に歩く、といった人でも、普段の出社スタイルでも違和感のないデザインで良さそうです。

小山安博 こやまやすひろ マイナビニュースの編集者からライターに転身。無節操な興味に従ってデジカメ、ケータイ、コンピュータセキュリティなどといったジャンルをつまみ食い。最近は決済に関する取材に力を入れる。軽くて小さいものにむやみに愛情を感じるタイプ。デジカメ、PC、スマートフォン……たいてい何か新しいものを欲しがっている。 この著者の記事一覧はこちら

小山安博

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加